ガチャッ

唯「連れてきたあ~」

律「やべえwwwwwマジテンションあがるwwwwwww」

純「なんですかっ!?なんですかっ!?うわ臭っ!!この部屋臭っっっ!!」

梓「じ、純!!だめ!来ちゃだめぇぇぇぇ!!!!」

純「えっ?梓、なんでそんな服がビリビリに」

澪「セイッ」ストン

純「ウッ」バタッ

澪「はいモップ完成ィィイィイイイ!!!!!!!」

紬「うらっしゃぁぁぁぁぁぁぁぁwwwwwwwwww」

和「モップきたあァァアアァァアァアァア!!!!!!!!」

律「はやくコイツゲロ沼に突っ込もうぜwwwwwww」

唯「オボロロロヅキヨオオオ」ビチャビチャァァ

紬「えいっらっしゃぁぁぁぁぁぁ」ヒョイッ

純「」ドグシャァァァ

律「投げ込むかwwwwwww流石ムギwwwwwwww」

純「」ピクッピクッ

紬「うわぁ~」

和「これはひどい」

澪「アッハッハッヒャッヒャwwwwwwwwやばいよこれwww目醒まさせてみようよwwwwww」

唯「うう…カシオレどこお…?」ガチャガチャ

梓「あぁ!!そんな……(私の!私の大切な友達を…!!)」

紬「よっしゃwwwww起こすぞwwwwwwww」



澪「オラwwwwオラwwwww起きろwwwww」ガシッガシッ

純「うっ……うーん……………あれ……?わたしねちゃったの?…………んん…………んんん……???………えっ、ちょ…あれ…?」

律「ヒィ……ヒィ……」クスクス

紬「マジで……wwww勘弁してよ…www」クスクス

純「あ、あらっえっ?なにこれ?なにこれ…………え……えぇ!?」

純「ええぇぇぇぇ何これぇぇぇぇウロブロロロロロボロボロボボボ」ビシャァァァ

和「デマシタワー」

梓「うぅ…酷い!こんなの……!!」

澪「オゥラ梓!!目を逸らすなよ!!アッハハハハハハハ!!!!」グッ

梓「あがっ!!うぅ…やめてください……本当に…」

律「おい純ちゃん吐いちゃったよwwwwwwwウンコやれば効くんじゃね?wwwwwwww」

紬「おっしゃウンコすんぞwwwwwwww」

律「いやウンコは効かねえからwwwwwwwww」

紬「………え?効くでしょ、効くよね?」

律「え?wwwww…………………あれ……?効くんだっけ?」

紬「いや全然効くよ?」

律「マジか」

澪「おいwwwwwwこんなとこにギター転がってんぞwwwwwwwwww」

梓「!!!(それは私のむったん!!)」

唯「それじゃまだよお~うっぷ……みおちゃんそれどかしてえ~」

梓「(さっき澪先輩に襲われたときにそっちにぶん投げられちゃったんだ!!!)」


梓「ま、待って下さい!!そのギターは私の」

澪「せーい!!」ヒョイッ

ビッシャァァァァン


梓「」

和「ゲロとモップと糞にまみれたwwwもうただのスクラップねwwwwwwwww」

紬「産廃wwwwwwwww」

律「おっしゃ壊せ壊せwwwwwwwwww」ガシャッガシャッ

紬「やばいよ何これ超楽しいwwwwwwww」ガシャッガシャッ

唯「うんたんうんたんうんたんうんたん」ガンッガンッゴンッ


梓「う…ぁ…あ……!!」

梓「うわあああああああああああああああああわたしのむったんんんんんんんんん!!!!!!!!!!!!!!!!」



律「うおぉ…びっくりしたぁ…」

紬「いきなり大声出さないでよ…」

梓「うわああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!」プルプル

唯「ちょwwwwwwなんか震えだしたよwwwwww震えwwwwwwぶひゅwwwwwwwww」

梓「よくもおおおおおおおおおおおおよくも私のむったんをおおおおおおおおおおおおプルプルプルプルプルプル!!!!!!!!!」プルプル

澪「そんなにギターが大事なら一緒にいてやれよwwwwwwwww」ドンッ!

梓「えっ!?」

ビシャァァァ

和「狙ったかのようにゲロ沼に倒れこんだわねwwwwwwwwwww」



梓「……こんな…………こんなことって…………」グスッ

唯「ああ~なにかおつまみがたべたいおお~」

紬「確かにね、つまみ買ってくる?」

和「面倒ね」

澪「おいみんな!ちょうどいいところにスッポンモドキが泳いでるぞ!!」

律「おっしゃwwwwwwwあぶって皆で喰うぞwwwwwww」

和「オゥフwwwww拙者頭を食べたいにそうろうwwwww亀のwwwww頭をwwwwデュブフヒュwwwwwwww」

紬「ガスバーナーでwwwwww焼いたろかーwwwwwwww」

澪律唯和「うぇーいwwwwwwwwwwwwwwww」

梓「あっ!!やめてっ!!!待って下さい!!!!!!やめ………」

シュボォォォオ……

トンちゃん「!?!?!?!?」カチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチ

梓「あっ…あっ…」

紬「うわ臭っwwwwwwくっせえぇぇぇぇぇwwwwwwwwww」

澪「これ喰えるのか?wwwwwwwww」

唯「ムギちゃあん~お腹すいたよお~は~や~く~」

紬「っしゃぁぁwwwww火力wwあげたろかーwwwwww」

澪律唯和「うぇーいwwwwwwwww」

トンちゃん「!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」カチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチカチ

梓「あっ…トンちゃ……」

梓「やめっ…お願い………!!」ジワッ



トンちゃん「」

紬「コンガリね!多分もういけるわ!いくのよ!」

律「よっしゃあ頂きwwwwww」ブチブチ

澪「意外にいけるなwwwwwww」バリボリバリ

和「うめえぇぇぇぇ亀頭うめえぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!」クチャクチャジュルルル

唯「あがっがぎっががが……うぅ~…うぅ~…うぅ~いぃ~…」ガリガリゴリ

紬「ちょwwwwww唯ちゃんwwwww甲羅はwwwwwwだめだってwwwwwwwwwwwwイッヒッヒッヒッヒッヒッwwwwwwwwwwwww」


梓「うわぁ……うわぁぁぁぁぁぁぁ」

梓「ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」



律「ぁ~また梓か…」

紬「いきなり大声は心臓にわるいわよ……」

澪「空気を読めないのかこのゴキブリ頭はさ…」

唯「ほんと、澪ちゃんほどではないけどさすがにねえ~」

澪「え」

律「ふぅぅ~………あぁーなんかシラフだわ」

紬「わたしも~」

澪「ムラムラすんなぁ、それじゃ私は誰か襲ってくるよ」

唯「じゃあ今日はもうお開きだねえ~えへへ~」

和「じゃあまた呼んでね」

律「おぉいにゃんあず~、そこのモップと後片付けよろしくなーwww」

紬「『モップと』じゃなくて『モップで』でしょ?wwwww」

律「そうだなwwwwwんじゃまたなー」バタン

ツギドコイクー?
ウオタミデヨクネー?


梓「…」



私の大切なものや友達が…


純…
無理矢理連れ込まれて、汚物塗れにされて意識を失って…
最後にはリアルモップ扱い…

トンちゃん…
私の、私の軽音部での唯一の後輩で…友達で…
かわいくてかわいくて……

むったん…
ずっと一緒だったのに…
これからもずっとずっと……


失ってしまった
もういい
もういやだ
いっそ壊れてしまおう
先輩達が壊れてしまったように
壊れてしまおう



梓「…」

梓「…うぅ……」

梓「くそぉ…」

梓「クソッ!!クソッ!!!!」

梓「…くそ…………………」

梓「…………知らない」

梓「もう知らないです先輩達」

梓「……………」


梓「……復讐だ…」




梓「 復 讐 だ 」





スゥ……

梓「やってやるです!」ニコッ


3