平沢家にて

唯「和ちゃん、今なんて?」

和「だから憂のおしっこが飲みたいの」

唯「……いきなりどうしたの?おかしくなっちゃったの?」

和「私は正常よ」

唯「いや異常だよ」

唯「てか、なんでおしっこが飲みたいのさ」

和「ただのおしっこじゃないわ。憂のおしっこが飲みたいの」

唯「……なんで憂のおしっこが飲みたいの?」

和「唯だって急にアイスを食べたくなる時があるでしょ?つまりはそういうことよ」

唯「アイスとおしっこを一緒にしないでよ」

和「似たようなもんよ」

唯「全然違うよ!」

和「でもそうね、憂のおしっこでアイスを作るってのもいいかもね」

唯「なんでそうなるの!?」

和「憂のおしっこアイスならきっとおいしいわ」

唯「おいしいわけないよ……」

和「食べたことあるの?」

唯「ないけど」

和「ならわからないじゃない」

唯「そうですね……」

和「それともこの時期ならアイスよりゼリーやプリンの方がいいかな?」

唯「知らないよ」

和「つれないわねぇ。唯は食べたくないの?」

唯「食べたいわけないでしょ!」

和「ふふ、じゃあ独り占めできるわね」

唯「ホントに作る気なの!?冗談だよね!?」

和「なるほど、言われてみればそうよね……。まずはストレートで飲むべきね」

唯「……(もう突っ込みきれない)」

和「(あら、それは悪かったわ)」

唯「(心の声を読まないで!てかそれどうやってんの!?)」

和「それじゃあ憂を呼んでみるわね」

唯「え?まさかホントに憂に頼むの?」

和「ええそうよ」メルメル

唯「いきなりそんな事頼まれたらさすがの憂もどん引きするよ……」

和「わからないわよー?」

唯「いや、わかるでしょ。どん引きして断られて、そのあと距離を置かれていずれ絶縁状態になるんだよ」

和「なんとかなるわ。きっと大丈夫よ」

唯「もしそれで大丈夫だったらそれはすでに大丈夫じゃないよ……」

コンコン

和「来たわね」

ガチャ

和「いらっしゃい」

憂「どうしたの?飲み物なくなった?」

和「まあそれに近いわね」

憂「ん?どういうこと?」

唯「…」

和「おしっこが飲みたいの」

憂「……え?」

和「憂のおしっこが飲みたくなったの」

憂「え?え?お、おしっこ?」

和「そう、憂のおしっこよ。だから憂のおしっこ飲ませて?」

憂「え、そ、そんな、私のおしっこだなんて」カァァ

唯「(なんで照れるの……。その反応はおかしいでしょ……)」

和「本当は憂のおしっこでご飯炊いたり、お味噌汁作ったりしたいんだけど、まずは直飲みかなって思って」

憂「そ、そんなに私のおしっこが……」ドキドキ

唯「(おしっこ料理がさっきよりひどくなってるよ!そして憂のその反応はおかしい!!)」

和「(ね?なんとかなりそうでしょ☆)」パチッ ←ウインク

唯「(何そのキャラ!?)」

憂「で、でも」

和「うん?」

憂「さすがに直で飲ませるのは恥ずかしいよ……」

唯「(飲ませるのはいいんだ)」

和「なら大丈夫よ。今日は偶然カテーテルを持ってきたの」

憂「それならいいかな」

唯「(絶対偶然じゃないよね)」

憂「でも、優しくしてね……?」

和「もちろん。私に全部任せて」

憂「うん!」

唯「(もうやだ。もう突っ込まない)」

和「それじゃまず、下は全部脱いじゃいましょうか」

憂「う、うん」

和にそう言われ素直に脱ぎ始める憂

部屋着のスカートを脱ぐと可愛らしいピンクの下着が現れた

唯「…」ドキドキ

実の妹とはいえ、可愛い女の子が恥じらいながら目の前で服を脱ぎ始める

唯はそのことに興奮を隠せないようだ

憂「脱いだよ…」

そして憂の下半身は靴下のみになった

脱衣ショーを横目に和は準備を済ませる

和「机の上にタオルを敷いたからそこに座って」

憂は素直に応じ机に腰をかける

足をピタリと閉じたままの憂に「広げるわよ」と和が言う

その言葉の意図を理解し、覚悟を決め、そして全てを託した

和によって両の足を左右に広げられ、憂の大事な部分をあらわにされる

憂「ぁぅ……」

今まで誰にも見られたことのない部分をまじまじと見られ

あまりの恥ずかしさに声が漏れてしまう

和「唯、憂の足を後ろから持って」

唯「え!?」

和「唯は何もすることがないでしょう。どうせなら手伝いなさい」

唯「わ、わかった……」

そう言われた唯は後ろに回り、下半身を露出させた妹の足を広げる形で後ろから支える

憂の顔はよく見えないが、耳が真っ赤になっているのが確認できた

心なしか息が荒いように思える

もしかして興奮してる?唯はそう思ったが、まさかそんなわけがないとすぐに否定する

唯が足を持つことで両手が自由になった和はカテーテルを取り出す

それを見た憂の表情が一瞬強張ったが、それを気にせず行為を始める

和「触るわよ」

という声とほぼ同時に、憂の恥部に刺激が走る

憂「んぁっ!」

突然の、そして初めての感覚におもわず声が出てしまう

憂「あっ、の、和ちゃん、だめ……」

和「触らなきゃ入れられないでしょ?」

憂「そうだけど……んっ!」

その発言を無視し、行為を続ける

和の手によって憂の花弁が開かれた―――







唯「(っていうか長いよ!)」



唯「(最初の軽いノリはどこに行ったの!?)」

和「(突っ込まないんじゃなかったの?)」

唯「(もうそんなこと言ってられないよ!いつまでこの流れが続くかわからないじゃん!)」

和「(じゃあちゃっちゃと進めるわ)」

唯「(そうしてくれるとありがたいです。てか、なんで心の会話が成立してるの……)」

和「(15年近くも一緒にいればテレパシーくらい使えるようになるわよ)」

唯「(そんなの初耳だよ。ていうかこれテレパシーなんだ)」

和「(テレパシーみたいなものね)」

唯「(そう……)」

憂「(ふふ、一生懸命ツッコミするお姉ちゃん可愛いね)」

和「(私もそう思うわ)」

唯「憂まで参加しちゃったよ!テレパシーの意味ないじゃん!!」

和「今日の唯は元気ねぇ」

唯「和ちゃんのせいでしょ!?」

憂「無理しないでね?」

唯「うん……。って、私のことはいいから。いつまでこんな姿勢でいなきゃなの」

和「見事なM字開脚よ」

憂「いやん」

唯「そういうのはいいから。早く進めて」

和「はいはい、わかったわよ。じゃ入れるわね」

憂「うん」

ニュルニュル

和「どんどん入っていくわ」

憂「う、うん」

ニュルニュル

和「痛くない?」

憂「大丈夫」

ニュルニュル

和「あ、奥まで行ったみたい。おしっこが通ってきたわ」

憂「ぁぅ……」

唯「早く飲まないとこぼれちゃうよ」

和「そうね、じゃあいただきます」

憂「め、めしあがれ?」

和「…」チューチュー

憂「ど、どう?おいしい?」

和「ええ!とってもおいしいわ!」チューチュー

憂「よかったぁ」

和「でもちょっと勢いが足りないのが残念かな」

唯「管が細いからね」

和「……じれったいわね」

ニュルン

憂「あんっ」

唯「なんで抜くの!?」

パク チューチュー ゴクゴク

憂「やんっ」

唯「結局直飲み!?」

・・・

和「ふう……。ごちそうさま」

憂「お、おそまつさまでしたぁ」ハァハァ

唯「憂、大丈夫?」

憂「だいじょうぶだよぉ」

唯「そ、そう」

和「おしっこ以外の液も飲んじゃったけど、それでもおいしかったわ」

唯「そういうのは言わなくていいから!」

和「憂のおしっこも飲めたし、今回は満足よ」

唯「それはよかったよ……」

憂「私は満足してないよぅ」

唯「え?」

和「そうなの?」

憂「う、うん……」

唯「え?え?」

和「しょうがないわねぇ。じゃあ憂の部屋で続きをしましょうか」

憂「うんっ」

和「唯も一緒にする?」

唯「……いや、私は結構です」

和「そう」

ガチャ パタン

唯「…」ポツーン



中野家

唯「ってことがあったんだよー。ひどいよね?」

梓「そ、そうですね、それはちょっとひどいと思います」

唯「……でさ、あずにゃんは、おしっこ飲みたいなんて思わないよね?」

梓「さすがにおしっこはちょっと……」

唯「だ、だよね。それが普通だよね」

梓「でも……」

唯「ん?」

梓「ゆ、唯先輩の……」

唯「私の、な、何?」

梓「唯先輩のうんちだったら食べられます!」

唯「よけいひどいよ!?」


おわり