夏目「ホームに入りましたよ」

紬「降りましょー」

澪「体を伸ばしたいな」

さとみ「外の空気も吸いたいわね」

夏目「・・・」

プシュー

さとみ「貴志くんは降りないの?」

夏目「先生が・・・・・・」ハッ

さとみ「・・・」ジー

夏目「・・・先生が気になるので」

紬「複雑な表情ね・・・」

澪「なにがあったんだ・・・」

ガチャ

先生「おぉ、えびフライ!」

夏目「食べ物中心だな・・・」

バタン

先生「おー戻ったか、夏目」

夏目「面白いものでも見つけた?」

先生「名物が色々あるぞ」

夏目「・・・」

先生「天むすか!」

夏目「先生・・・。松浦さんなんだけどさ」

先生「気付いたか。憑かれておるな」

夏目「やっぱりそうなのか・・・」

先生「まぁ、気にするほどのものでも無いわ。
   あの小娘が抱えている問題が解決できればそれでお終いだ」

夏目「そういうものなのか?」

先生「普通の人間に憑く妖はそんなもんだ。心の隙を好むからな」

夏目「・・・なんとか祓えないものかな」

先生「先ずは隙を埋めてからだ。何度も祓う事になるぞ」

夏目「松浦さん自身が先なのか・・・」

先生「会って間もないだろ。どうして気にかける」

夏目「これも縁だと思う」

先生「・・・」

夏目「秀輝も律さんも楽しんで欲しいのかな。先生のように、なにも考えず」

先生「考えておるわ! 次はきしめんだぞ、夏目!」

夏目「そうだな」

先生「すんなり受け取るな、気持ち悪い」

夏目「ふふ」

先生「しまった・・・!」

夏目「?」

先生「大福は食べたのに、饅頭食べ損ねたぁ!」

夏目「何事かと思ったらそれか・・・残念だったな、先生」

prrrrrrr

先生「えっびふっらい♪」

夏目「もう出発か・・・」

プシュー

ガタン ゴトン

夏目「おれも降りてみればよかったかな」

先生「見ろ夏目! 味噌煮込みうどん!」

夏目「おいしそうだな」ペラッ

先生「おいこら、そんな本なんか読んでいないでちゃんと見ないか」プンプン

夏目「うん。おいしそうだ」

先生「見てみろ、これはどうだ」

夏目「おいしそうだ」

先生「これカバだぞ!」

夏目「へぇー、おいしそうだな」ペラッ

先生「なつめぇー!」

夏目(追い出されてしまった・・)

夏目「まったく・・・」

「・・・」

ドンッ

夏目「す、すいません」

「・・・」

スタスタ

夏目「・・・見かけない人だな」

秀輝「北上緑・・・。金沢駅で俺とぶつかった人だよ」

夏目「そうか・・・。どうして名前知ってるんだ?」

秀輝「まぁ、色々あってな」

夏目「ふーん・・・。北上緑・・・さんか・・・」

秀輝「愛ちゃんと話した?」

夏目「ちょっとだけ・・・」

秀輝「そうか・・・。他人に何か言ったのなら大丈夫なのかな」

夏目「いや、そこまで聞いてないよ」

秀輝「え・・・」

夏目「今は外からの声が聞こえないと思う」

秀輝「・・・」

夏目「おれでは役不足ってところかな」

秀輝「そうか・・・」

夏目「・・・」

秀輝「おまえ、いいヤツだな」

夏目「秀輝は悪いヤツな」

秀輝「なんでだよ」

夏目「さっき、笑っただろ」

秀輝「あはは、バレてた?」

夏目「少し居心地悪かったけど、話ができて楽しかったかな」

秀輝「へぇ・・・」

夏目「・・・あ」

車掌「すいません、失礼します」

秀輝「おっと、邪魔してすいません」

車掌「いえ・・・」

律「・・・」

澪「・・・」

スタスタ

夏目「どうしたんだろ・・・?」

秀輝「律と秋山さんまで、雰囲気が違ったな・・・」

夏目「車掌さんがあんなに深刻な顔をするなんて」

秀輝「余程のことだな」

夏目「・・・」

秀輝「展望車行ってみるか?」

夏目「?」

秀輝「面白いぜ」

夏目「・・・うん」

秀輝「あ、差し入れ買ってからにするか・・・。売店まで付き合ってくれ」

夏目「どうしてだ?」

秀輝「貸しを返せるかもしれないだろ」

夏目「律さんに作ったっていう・・・?」

秀輝「うん。少しずつ返済してるのさ」

夏目「律儀だな」

みらい「あ、夏目さん・・・」

さわ子「あら、見学?」

夏目「はい・・・。どうして展望車で練習を?」

さわ子「みらいちゃんとステージに立つからよ」

唯「そうだよ!」

紬「そうよ!」

夏目「すごい意気込みですね・・・」

秀輝「緊張しないみたいだな」

さとみ「一応ステージ経験があるからね」

夏目「あれ・・・」ゴシゴシ

みらい「どうしたんですか?」

夏目「この場にあるはずの無いものが見えたので」

唯「ドラムの事?」

夏目「・・・」

秀輝「俺も乗せるの手伝ったんだ」

紬「ありがとうございます」

秀輝「それでも貸しは減らなかったんだよね」

唯「それくらいでは減らないんだよ」

秀輝「うーん・・・」

夏目「楽しんでるみたいだな」

秀輝「ん?」

夏目「貸しをどう返すか、って」

秀輝「まぁ、ね。面白いってのはある」

夏目「へぇ・・・」

さとみ「いい人ね」

秀輝「・・・そうでもないよ」

さわ子「影を落とすんじゃないわよ」

秀輝「あ・・・。俺っていい人だろ」

紬「そ、そうね」

夏目「う、うん」

唯「秀輝くんはいい人だよね」

みらい「は、はい」

さとみ「・・・ごめんね」

秀輝「空回りした・・・」

「ゆいちゃーん」

「なにかえんそうしてー」

唯「任せんしゃい!」キラン

紬「私も伴奏するわ!」

「やったー!」

夏目「・・・」

さとみ「ふふ、二人とも人気あるわね」

みらい「はい。みんなを笑顔にしています」

さわ子「合わせた演奏が出来るのは武器ね」

秀輝「さわ子先生・・・。さっき・・・律と秋山さんが・・・」

さわ子「気になる?」

秀輝「・・・」

夏目「?」

さわ子「愛ちゃんの事でちょっとね」

秀輝「そうですか・・・」

夏目「・・・」

さわ子「いいの?」

秀輝「どういう意味ですか?」

さとみ「?」

さわ子「だって・・・、あなた」

「すいませ~ん!」

さわ子「」ササッ

さとみ「さわ子先生・・・?」

さわ子「隠れさせて!」ヒソッ

夏目「?」

「ここに先生来てませんか~?」

秀輝「・・・」

さわ子「・・・」フルフル

秀輝「居ないよ。車掌さんに聞いてきたらどうかな、秋子ちゃん」

秋子「そうですかぁ・・・」ションボリ

トボトボ

さわ子「・・・ふぅ」

夏目「どうして隠れたんですか?」

さわ子「慕ってくれるのは嬉しいんだけど、ちょっと度が過ぎるのよ・・・」フフ

さとみ「あらら」

さわ子「悪い子ではないのよね」

秀輝「それで、俺に何かいいかけましたよね?」

さわ子「なんでもないわ」

さとみ「・・・そういえば、お姉さん見かけないけど」

夏目「先生は・・・その・・・、名古屋のプランで忙しいみたいで」アセアセ

さとみ「ふーん」

夏目(さとみさんに怪しまれてる・・・)

秀輝「さとみちゃん、髪型変えたんだね」

さとみ「う・・・」

さわ子「可愛いわよ」

夏目「・・・」

さとみ「むぎさんに、ね・・・」

夏目「秋山さんも同じ髪型でしたね」

さとみ「それもむぎさんがね・・・」

秀輝「ほぉー」

夏目「・・・」


ポンポンポンポン

ジャンジャンジャンジャン

唯「き~ら~き~ら~ひ~かる~」

「「 お~そ~ら~のほ~し~よ~ 」」


夏目「お遊戯会みたいですね・・・」

みらい「ふふ」

さわ子「これも練習のうちね」

夏目「それじゃ、失礼します」

秀輝「戻るのか?」

夏目「・・・うん」

さとみ「それじゃね。お姉さんによろしく」

夏目(さとみさんにはこれからもそんな目で見られるのか・・・)

夏目(あ・・・)

澪「・・・っ」グスッ

律「しょうがないな」

澪「ごめんっ」

律「いや、謝る事じゃないけどさ」

夏目「・・・」

律「お、夏目・・・展望車行ってたのか?」

夏目「は、はい・・・」

澪「顔洗ってくるっ」

テッテッテ

律「・・・」

夏目「・・・」

律「愛ちゃんの事だけどさ、もう心配いらないぜ!」

夏目「え・・・?」

律「解決って言うわけじゃないけどさ、愛ちゃん自身も自分と向き合えたみたいだ」

夏目「あの・・・」

律「ん?」

夏目「秋山さんのため息ってそれだったんですか・・・?」

律「・・・ため息?」

夏目「はい・・・。松本から乗車したときに、すれ違いざまに聞いたので」

律「あぁ・・・。多分な」

夏目「・・・」

律「へへっ、澪は嬉しくて泣いたみたいだっ」

夏目「・・・」

律「私と澪は幼馴染なんだよ」

夏目「そうですか・・・」

律「だから、・・・なんか嬉しい」

夏目「・・・」

律「なんてなっ! じゃあな」

テッテッテ

夏目「・・・」

夏目(松浦さんの心の隙を律さんと秋山さんが埋めたのか・・・)

ガチャ

先生「どこへ行っていた!」

夏目「展望車」

先生「腹が減ったぞ! 天むす弁当を買ってくれ!」

夏目「どこで?」

先生「売店があったであろう」

夏目「たぶん、無いと思うけど・・・」

先生「よし」

どろん

レイコ「見てくる」

夏目「ふぅ・・・。一休みもできないのか」

小麦「10時から・・・登場と」カキカキ

夏目「『放課後ティータイムが名古屋城でライブ! 10時から登場!』」

小麦「あ、夏目くん」

夏目「名古屋城でライブするんだ」

小麦「そう、名前も決まったよ~。HTTF!」

夏目「F?」

小麦「フューチャーのFだよー」

夏目「みらいの・・・F・・・」

小麦「そういうこと~」

レイコ「おい、天むす弁当をくれ」

店員「申し訳ありません、取り扱っていないですぅ」

レイコ「なんだと!」

夏目「これから到着する名古屋の名物なんだから、当然ですよね・・・」

小麦「あはははっ」

店員「明日のお昼には入荷できますよぉ」

レイコ「今食べたいんだ」

店員「そうですかぁ」

小麦「到着したら駅の売店で・・・って、12時着だからなぁ」

夏目「だってさ、諦めよう」

小麦「駅のお店って開いてるかな?」

店員「うーん・・・。閉まってるかもしれませんねぇ」

小麦「だよねぇ」

レイコ「食べられないと分かるとどうしても食べたくなる」

小麦「うんうん、あるよねー」

夏目「この記事って、伊東さんが書いたんですか?」

小麦「小麦でいいよ~。そうだよ」

夏目「展望車のライブ記事も読みましたけど、面白かったです」

小麦「ほんとっ!? ありがとー!」

レイコ「他に弁当はないのか?」

店員「あまり仕入れていないので、すぐ売り切れになってしまうんですぅ」

レイコ「・・・」イライラ

夏目「個室に戻ろう」

レイコ「・・・」イライラ

夏目「しょうがない、駅で探してみるか」

レイコ「よし」

どろん

先生「行くぞ夏目!」

夏目「どうしてニャンコ姿に戻るんだよ」

先生「気にするな」

夏目「ひょっとして、人の姿を維持するのって疲れるのか?」

先生「ずっとはな。慣れないからめんどうなだけだが」

夏目「そうか・・・」

先生「見つからなければいいだけだろ。容易い」

ガタン ゴトン

夏目「っと・・・そろそろ着くな」

先生「ダッシュだぞ」

夏目「この時間ならホームに人もいないだろうから・・・大丈夫だよな・・・」

先生「むほほ・・・えびフライ弁当~」

夏目「天むすじゃなかったか・・・?」


ガタン ゴトン

プシュー

先生「とぉっ」ピョン

夏目「こらっ!」

先生「大丈夫だ、人気は無いから・・・あ」

「・・・」

先生「・・・シマッタ」

夏目「!」

「生意気そうなネコ・・・」

先生「にゃんだと!?」

夏目「ぬ、ぬいぐるみですよ」ダキッ

「今、走って来たような・・・」

夏目「それはギター?」

「そうです。ギターですよ・・・ムスタング・・・」

「これが特急ヴェガなの」

先生「なんだコイツらは・・・」

夏目「先生、はやく人の姿に」ヒソッ

先生「やれやれ」



「――あずさちゃん」


15