愛「わ、わたしも失礼しますっ」

タッタッ

秀輝「足元見て!」

愛「きゃっ」

スッテーン

愛「いたたたた・・・」

夏目(すごい動揺してるな・・・)

秀輝「掴って」スッ

愛「は、はい・・・」

ギュ

秀輝「よっ」グイッ

愛「とっと・・・」

秀輝「・・・」

愛「あ・・・」カァ

夏目(邪魔だったみたいだな・・・)クルッ

秀輝「愛ちゃんさ、なにか隠してるよね」

夏目「・・・?」

愛「・・・」

秀輝「青森から離れていくたびに表情が暗くなっててさ」

愛「・・・っ!」

秀輝「俺に言う必要はないよ。でもさ、・・・律がいるでしょ」

愛「!」

秀輝「律は愛ちゃんのこと、とても気にかけてるよ」

愛「・・・ッ」

秀輝「ごめん」

愛「・・・し、しつれいしますっ」グスッ

テッテッテ

夏目「・・・」

秀輝「はぁ・・・またやってしまった・・・」

夏目「よく分からないけど、秀輝の言い方は悪くなかった気がする」

秀輝「夏目ってお姉さんと何かあるのか?」

夏目「ッ!?」

秀輝「顔はとても似てるのに、他人行儀というか、家族ではない感がある
   そのせいで観光も楽しめてない様に感じる」

夏目「・・・っ」

秀輝「すまんな、そういう事だよ」

夏目「・・・」

秀輝「順序を踏まずにすぐ人の心に踏み込んでしまう。・・・やり方が分からないから」

夏目「・・・」

秀輝「挙句に人頼みだからな・・・」

夏目「・・・」

秀輝「悪い。夏目にこんなこと言うなんてどうかしてるわ・・・。今日はもう寝よう・・・」

夏目「・・・・・・疲れてるのか?」

秀輝「あぁ・・・。片町で小麦たちの手伝いして、武家屋敷で自転車こいで・・・つかれた」

夏目「・・・」

律「なにしてんだー?」

唯「乗らないのー?」

紬「あ、夏目さん。ヒロさんから飲み物いただきましたよ。どうぞ」

夏目「え?」

律「私らでは飲めないから飲んでくれ」

唯「あまーい、ストロベリー☆ロマンスだよ」

秀輝「うわ・・・。缶をみただけで胸焼けがしてきた」

律「じゃあ飲め!」ポイッ

秀輝「っと、ひでえな・・・胸焼けしてるのに」

律「厚意を無駄にすんなよ」ウシシ

秀輝「・・・」

紬「?」

夏目「ありがとうございます」

唯「ん?」

律「え?」

秀輝「ちょっと謝ってくるわ」

スタスタ

夏目「・・・」

律「誰に?」

夏目「松浦さんに・・・ですね」

唯「愛ちゃん?」

紬「まぁ・・・」

律「・・・」

ゆの「夏目さーん!」

宮子「なっちゃーん!」

律「誰だよなっちゃんって・・・?」

唯「夏目貴志くんですな」

夏目「?」

ゆの「あのっ、ありがとうございました!」ペコリ

夏目「それをわざわざ・・・?」

宮子「ゆのっちが気にしてたよ~?」

ゆの「み、宮ちゃん!」

紬「・・・」

夏目「?」

宮子「居心地が悪そうな顔してたって」

ゆの「みやちゃ~ん」

唯「なんと・・・」

夏目「・・・あれは、戸惑っていただけだよ。男がおれ一人だったから」

ゆの「・・・」

夏目「それだけだから」

ゆの「・・・」

紬「夏目さんがいたから、みんなで苺大福を食べることができたのよね~」

宮子「そうそう。ゆのっちがなっちゃんに声をかけたから、あの時間が生まれたのさ」

ゆの「えへへ」

夏目「・・・」

唯「春ですな」

紬「春ですね・・・」

律「なにを言ってるんだ、夏だぞ」

唯「りっちゃんはお子様ですな」

律「なんだと!? そっちの春かい、ゆの!」

ゆの「え・・・?」

律「ゆの、お父さんに相談してみなさい」

唯「りっちゃん父さんだ」

宮子「こっちにも相談してみなさい、ゆの」ガクガク

唯「宮子おじいちゃんだ」

夏目(リアクションに困る・・・)

ゆの「夏目さん、楽しかったですよ」

夏目「・・・そうか。よかった」

ゆの「お元気で」

夏目「あぁ、妙な縁だったけど、おれも楽しかったよ」

ゆの「それでは。・・・行こう、宮ちゃん!」

宮子「おー、みなさんお元気でー!」

唯「バイバーイ!」

律「じゃっあなー!」

紬「じゃあね~」

夏目(縁が巡ってくるな・・・)

さわ子「あら、まだこんなところに居たのね」

みらい「乗らないんですか?」

唯「おっとぉ」

夏目「それじゃ、後で」

紬「はいは~い」

さわ子「みらいちゃんはこのままヴェガに乗れるのよね?」

みらい「車掌さんに確認を取りました」

律「そっか! よかったよかった!」

唯「よかったよ!」

律「そろそろライブの詳細を教えてくれよ」

唯「そうだそうだ!」

紬「そうね~」

prrrrrrrrrrrr

夏目「発車か・・・。先生はもう寝てるのかな」

ガタン ゴトン

夏目「次は名古屋か・・・」

ガチャッ

夏目「あれ?」

ガチャガチャッ

夏目「閉まってる・・・」

夏目(鍵をかけて寝てるのかな・・・)

夏目「いや、そんな器用さをもっていないはず・・・」

さとみ「あら、貴志くん」

夏目「さとみさん・・・」

さとみ「どうしたの、こんなところで」

夏目「あ・・・えっと・・・。先生が鍵をかけて寝ちゃっているみたいで・・・」

さとみ「・・・ここって貴志くんの部屋よね?」

夏目「・・・はい」

さとみ「本当にお姉さんと仲がいいのね・・・」

夏目(その目はなんだか・・・引いてるような・・・)

さとみ「貴志くんって・・・シスコン?」

夏目「」グサッ

さとみ「悪いとは言ってないのよ? ・・・ただ、面倒見がいいっていうか・・・」

夏目「・・・」グッタリ

さとみ「構いすぎなんじゃないかな・・・って・・・」

夏目「・・・」

さとみ「あ、ご、ごめんね。そ、それじゃ」

スタスタ

夏目(傍目から見たらそう思われるのが自然かな・・・。秀輝にもそう見られているのかな)

ザァーーーーー

夏目(雨が降り出してきたか・・・)

コンコン

夏目「せんせー」

コンコン

夏目「いるのかー?」

「こんばんわぁ~」

夏目「?」

「どうもぉー。一日車掌の千秋でぇーす」

夏目「一日車掌? ・・・飯山のはず・・・」

千秋「飯山ぁ? あー、いたいたそんな子」ゲラゲラ

夏目(もしかして・・・妖か? ・・・憑かれたか)

千秋「あの子わぁ、事務所の方針に逆らってぇ、クビになりましたぁ・・・なんて」ゲラゲラ

夏目(人だったか・・・。芸能界から姿を消すかもしれないって・・・言ってたな・・・)

千秋「ちょっとぉ、聞いてるのぉ?」

夏目「あ、えっと・・・。何か用でも・・・」

千秋「あるわけないでしょぉ? 私はトップアイドル目指してるのぉ。
    あんたなんかに構ってられないのぉ」

夏目「・・・」

エレナ「・・・」ジー

小麦「それではどうして声をかけたのでしょーか! インタビューしてみましょう!」

千秋「なにぃ? ちょっと! 勝手に私を撮らないでよ!」

エレナ「ソレナラ、向こうにいるカメラマンにもこっちに出てくるように言うデスネ」

夏目「え・・・?」

千秋「ちっ」

小麦「インタビューするなら、ちゃんと正面から撮らないとルール違反だよ」

夏目「???」

将人「行くぞ千秋」

千秋「はぁ~い」

テッテッテ

夏目「なにが起こったんですか・・・?」

エレナ「ナツメさんのビックリ表情を撮影する気だったのでショウ」

小麦「あの子一応売り出しアイドルだからね。夏目くんのリアクションが普通で傷ついたんじゃない」プクク

夏目「撮られていたのか・・・。助かりました」

エレナ「イエイエ、この状況に気付いたのはミオさんですネ」

夏目「秋山さん・・・?」

小麦「澪ちゃーん、もうカメラいないよー!」

澪「ほ、ほんとに?」コソコソ

夏目「どうしてコソコソとしているんですか?」

エレナ「撮られるのハズカシイらしいですワ」ジー

澪「ひゃっ」サッ

小麦「知っててカメラ向けるなんて・・・」

エレナ「アッハッハー。・・・録画してないネ」

澪「・・・」ジー

夏目「疑ってるのかな・・・」

レイコ「なにをしているんだ」

澪「ヒァッ」ササッ

エレナ「おっとォ?」

澪「」ガクガク

夏目「後ろから威圧的な声をかけるなよ・・・。先生、どこ行ってたんだ」

レイコ「車掌と話をしていた」

夏目(仲良くなってたのか・・・)

エレナ「それでワ、金沢の編集作業があるので失礼するネ」

小麦「また後でねー」フリフリ

バタン

澪「あ・・・」

レイコ「開けろ夏目」

夏目「鍵渡したはずだよな」

レイコ「・・・」

コトン

ガチャ

レイコ「少し寝る」

バタン

夏目(おれを置いて入ったな・・・)

澪「・・・」

夏目「・・・」

澪「・・・えっと」

夏目「兼六園どうでした?」

澪「あ・・・うん。楽しかったよ・・・。入れ違いになったから一緒に観て周りたかったな」

夏目「そうですね・・・。それって、苺大福ですよね」

澪「そうだけど・・・どうして分かったんだ?」

夏目「琴吹さんも買っていて、駅のベンチで食べたんです」

澪「そうか・・・」

夏目「会ったばかりの人とも一緒に・・・。不思議な時間でした」

澪「・・・うん」

夏目「・・・」

澪「分かる。むぎはそういう人だから」

夏目「・・・?」

澪「それじゃ」

夏目「はい」

夏目(そういう人・・・か。・・・先生の服も選んでくれた)

車掌「貴志さん、どうかなさいましたか?」

夏目「いえ・・・」

車掌「それでは」ニコニコ

夏目「あ、車掌さん」

車掌「はい、なんでしょう?」

夏目「先生とどんな話をしていたんですか?」

車掌「名古屋にも兼六園のような場所はあるのか、と」

夏目「気に入ってたんだな・・・兼六園・・・」

車掌「東山動植物公園をお勧めしましたよ」

夏目「植物園と動物園があるんですか?」

車掌「はい」ニコニコ

夏目(落ち着くかもしれないな。そこへ行くか・・・)

車掌「失礼します」ペコリ

夏目「・・・」

ガチャ

先生「ぷー、ぷー」

夏目「おれも少し寝よう・・・」

バタン

ピンポンパンポーン

夏目「・・・ん、車内放送・・・?」

先生「ぷー」

『みなさんこんばんわ~』

夏目「この声は・・・琴吹さん・・・?」

紬『私たちの都合で大変申し訳ないのですが、しばらく展望車を利用させていただきます~』

夏目「ふぁ・・・。結構寝てしまったな」

紬『ライブの練習ですが、もしよろしかったら見学にいらしてくださいね~。それでは失礼しま~す』

プツッ

夏目「・・・ライブ?」

先生「ぷー、ぷー」

夏目「喉渇いたな・・・。先生の分も買ってくるか・・・」

ガチャ

バタン

店員「いらっしゃいませぇ」

夏目「お茶とオレンジをください」

店員「ありがとうございますぅ」

夏目「あれは・・・なんですか?」

店員「え? ・・・あぁ、新聞ですよ。放課後ティータイムが名古屋でライブを行いますのでぇ」

夏目「へぇ・・・」

店員「どうぞ」

夏目「どうも」

店員「あ、そういえばお客さん?」

夏目「?」

店員「さとみさんとぉ・・・」

夏目「さとみさん?」

店員「すっごく、仲良しさんですよねぇ」

夏目「いえ・・・そんな事は・・・」

店員「そうですかぁ?」

夏目「・・・」


13