……

トントン

「律ー、澪ちゃん。朝ごはんできたから降りておいでー」


律「」

澪「」


「起きてるのー?」


律「ふぁーい…今行くって」

律「んー…朝だぁ」

律「澪ー、朝だぞー。起きろー」

澪「」

律「みおー?」


律「しょうがないなぁ」ムクリ

律「みおー、起きろー!」

律「早く起きないとお目覚めのちゅーを」

澪「起きてるよ」

律「なんだ…つまんないなぁ」

澪「それよりも律、それ以上私に近寄るな」

律「……」

澪「……」

律「…はい?」

澪「頼むから近寄らないでくれ」

律「……」

澪「……」

律「朝っぱらから変な冗談言ってないで、早く朝ごはん食べにいくぞ」

澪「近寄るなって言ってるだろ!!」

律「?!」ビクッ!

澪「………」

律「………」

澪「ご、ごめん…つい…」

律「あ…えっと…」

律「澪…ひょっとして昨日私がした事本気で怒ってる…?」

律「だとしたら謝るよ…ごめんな澪…」

澪「(そうじゃない…とりあえず今の私に近寄られたら困るんだよ…
   いやでも…そういう事にしておいた方が…)」

澪「とにかく律は先に朝ごはん食べてて…私も後で行くから」

律「わ、わかった…」

律「……」

律「ごめんな澪…早く食べにこいよ?」

澪「ああ、すぐに行くから」

バタン



澪「……」

澪「(行ったか…)」

澪「……」ムク

澪「何かの…何かの間違いでありますように…」

バサッ!



澪「……」

澪「うわぁ…」

澪「……」

澪「死にたい…」



澪「高校生にもなって…なんでよりにもよって今日この日…」

澪「これ律のベッドだよ?私のじゃないんだぞ…」

澪「それに律となんかけんかっぽい雰囲気になっちゃったし…」

澪「どうすればいいんだよぉ…」

澪「………」

澪「どうすれば…」ジワ…

澪「……」

澪「謝る…やっぱそうだよな…」

澪「素直に律に謝らなくちゃ…」


澪「い、いやでも律の事だからきっと…」



……

澪「ごめん律…私……律のベッドでおねしょしちゃって…」

律「気にするなよ澪!私と澪の仲じゃんか!」

澪「り、りつぅ!」

律「それにしても澪ちゃんはいつまでたってもおこちゃまですわねー」

澪「?!」

律「外見とのギャップがとても可愛らしいですことよ澪ちゅわん」

澪「あっ…あ…」

律「プププー♪」

澪「あぁー…!」



……

澪「最悪こうなる可能性もあるな…」

澪「ダメだ…これじゃあ作文の時みたいに一生律の話のネタにされるかも…」

澪「……」

澪「隠そう」

澪「それしかないな…」



澪「まずは布団から出ない事には何も始まらない」

澪「うまく隠せればいいんだけど…」

澪「意外と大した事なかったりして」

バサッ

澪「」

澪「これは…」

澪「小学生の頃でさえこんなシミは…」

澪「はぁ…」

澪「そういえばこのパジャマも律が貸してくれたものじゃないか…」

澪「水分含んでるからものすごく体が重たい…」

澪「まずは脱ごう…」

澪「えーと…制服着るしかないか」

澪「なんか嫌だな…こんな体で制服着るの」

澪「……」

ぬぎぬぎ

澪「うわっ…裾まで濡れてる」

澪「律、ティッシュペーパーもらうからな」

ふきふき

澪「ふとももの裏拭きにくいな…まだ濡れてる気がするんだけど…」

澪「やっぱりちゃんと拭いておかないと」

澪「制服に匂いがついちゃうかもしれない」

ふきふき

澪「こんなところか」

澪「律…パジャマちゃんと洗って返すからな…」

澪「そしてそっと律のタンスの中に返しておくから…」

澪「よしっ、ビニール袋に入れれば漏れる心配はないゾ」

澪「拭いたティッシュも一緒に入れて持ち帰ろう」

ピュー

澪「うぅ…寒い…」ブルブル

澪「早く制服着なくちゃ」

澪「えっと下着は…」

澪「……」

澪「パンツがない…」

澪「濡れたものしかないっ!うわぁぁ!」

澪「どうしよう…どう…」アタフタ

澪「スカートだし…流石に履かない訳には…」

澪「かと言って濡れたパンツをもう一度履くのも」

澪「…」

澪「……」

澪「………」

澪「やっぱりこれしかないか…」

澪「ごめんな律…」

澪「パンツ……借りるね…」


3