律「今日は澪が泊まりに来るという事でちょっとしたイベントを用意してるんだけど」

澪「イベント?なんだそれ」

律「知りたい?」

澪「知りたい」

律「じゃーん!これ借りてきたんだ」

澪「なんだ、ただのDVD観賞会じゃないか」

律「普通のDVDじゃないぞ?今話題沸騰のとびっきり怖いホラー映画なんだ」

澪「……」

澪「じゃ、私帰るから」

律「……」ガシッ

澪「は、はなせっ!」

律「今夜は楽しい夜になりそうだなー澪」

澪「いやだっ!そんなのいやだぁぁぁああ……!」



ウィーン カチャカチャ

律「始まったぞ」

澪「……」

律「こらこら、目つぶってたら何も見えないだろ?」

澪「律のそういうところ本当に嫌い」

律「うっ…まぁそう言うなって……怖いもの克服したいってこの前言ってたじゃん」

澪「それは確かにそうだけど…」

律「こんなもの所詮作り物なんだからさ、そう思えば怖くないだろ?」

澪「そ、そうだよな…こんな事現実にある訳ないんだから…」

律「その調子調子…ってうわいきなり怖いな…」


キャアァァァァァx!!


澪「うわぁぁぁあああ!!」

律「……」ビクッ

澪「だめだっ!私にはやっぱり…」プイッ

律「……」ニヤニヤ



……

律「流石話題になるだけあるなー、けっこう怖かった」

澪「そうか?そんなに怖くなかったぞ?」

律「……」

澪「ちゃ…ちゃんと最後まで見たんだからなっ!」

律「うわっ?!澪の背後に女の人が!」

澪「わぁぁぁぁぁ?!」

律「……」

澪「……」

律「びっくりした?」

澪「……」

澪「私本当に律の事嫌いになりそう」

律「怒るなよーみおー」

澪「もうこんな時間じゃないか」

律「寝ますか、澪が私のベッド使っていいよ」

澪「えっ、別にお布団でいいけど」

律「いいって、いいって…優しいでしょ?」

澪「優しいと思ってるならそんなDVD借りてくるな」

律「やっぱり怖かったんじゃん、大丈夫?一緒に寝てあげようか?」

澪「おやすみなさい」モゾモゾ

律「……」

律「冷たい奴め…」



……

澪「ん…」

澪「……」ムクリ

澪「といれ…」


「キミが澪ちゃんだね」


澪「?!」

澪「えっ…はっ……え…?」

「会えて嬉しいよ」

澪「り、律…!なんか知らない人が!」

澪「律?…りつー?!」

澪「どこ?どこいったんだよー?!」

「りっちゃんならほら、あそこに…」 

澪「へっ?」



澪「うわぁぁあああ!!!」

澪「律が…!律が殺されてるぅぅぅぅ!!」

「次はお前の番だあああああ!!」

澪「うあわぁぁぁぁ!!やめてっ!呪わないでぇぇぇ!!」






……

律「むにゃ…」

律「うぅ…」ムクリ

律「さむいなぁ…トイレトイレ…」

澪「んっ…うぅ……んー…!」モゾモゾ

律「?」

律「なんかうなされてるな」

律「みおー?」

律「みおってば」

澪「んん…ん…」

ピュー

律「うぅさむぅ…」

律「なんでこんなに寒いんだ…?いくらなんでも今晩冷えすぎじゃ」

律「あっ窓あいてるし」

律「誰だー窓あけっぱなしにしてるのは!」ピシャン

律「……」

律「私だ」

ブルブル

律「うぅ…やばい漏れちゃう…!」トコトコ

澪「んっ…んー……!やだ…ついて……こないで…」モゾモゾ



2