練習中

梓「あっ……すみません」

澪「梓、最近どうしたんだ?」

唯「あずにゃんがミスするなんて珍しいね」

律「ちょっと休憩するか」

唯「悩み事あるなら聞くよ~」

梓「だって澪先輩に彼氏がいるって聞いたから…」

澪「梓…」

梓「寂しかったんです…澪先輩が遠くなっちゃった気がして」

澪「馬鹿だな梓は」ギュッ

梓「…う…ひっく…」

澪「遠くないよ。私はここにいるよ。梓」

梓「…はい…」

澪「皆が練習しないから怒って、だけど時にはのんびりもしたくて」

澪「上手く演奏があったら嬉しくて、失敗したら悔しくて」

澪「軽音部が大好きだよ。私は、いつでも梓とおんなじ気持ちだよ。」

梓「澪先輩っ…」

唯「私たちもそばにいるよ」

紬「梓ちゃんは可愛いわね」




別の日10GIA

唯「あれ澪ちゃんじゃない?」

梓「あ、そうですね」

唯「や~ん、手つないでる~」

紬「やっぱり付き合ってるのは本当だったのね…」

律「まだ疑ってたのかよ!」

唯「あずにゃん寂しい~?」スリスリ

梓「澪先輩が幸せならそれでいいんです」

紬「私は嫌だわ」

唯「澪ちゃん楽しそうだね」

律「…あ」

唯「どうしたのりっちゃん?」

律「あの男、中学の同級生だ…」

唯「そうなんだ~」


紬「ちょっとちょっと!距離が近すぎるわ!」

梓「二人とも照れてますね…」

唯「澪ちゃんとお似合い!」

律「もう行こうぜ…」



コンビニとか

律「よっ偶然」

男「田井中」

律「澪と付き合ってるんだって?」

男「あぁ」

律「よかったな、お前中学の時からずっと澪のこと好きだったもんな」

男「あぁ」

律「澪のこと幸せにしてくれよな」

男「なんで?」

律「なんでって…」

男「なんで田井中が言う?」

律「……」

男「田井中には関係ないだろ」

律「だって、澪は友達だから」

男「友達ってなんだ?」

律「何ムキになってんだよ」

男「いつも『律が』『律が』って、お前何なんだよ」

律「……」

男「田井中の話ばっかりだ」

男「もう田井中の話は聞きたくない」

男「ただの友達なら、黙っていてくれよ!」

律「……ごめん」

男「澪は俺と付き合ってるんだ」

律「……分かってるよ」




準備室

唯「今日りっちゃん機嫌悪くない?」ヒソヒソ

紬「どうしたのかしら…」ヒソヒソ

澪「こんにちはー」ガチャ

唯「澪ちゃん、助かったー」

紬「澪ちゃん、りっちゃんどうしたの?」

澪「え、律?」

梓「いつもと雰囲気違くて…」


澪「律…昨日男と会ったんだって?」

律「……」

澪「ひどいこと言ったって謝ってたよ。許してあげて」

律「あいつに怒ってるんじゃない」

澪「律…」

律「なんで嘘ついた?知らない人って言ってたじゃん」

澪「…ごめん」

律「なんでって聞いてるんだよ!」

澪「……ごめ…律…」

紬「りっちゃん落ち着いて」

律「もういいよ!澪なんて大っっ嫌いだ!」ダッ

唯「りっちゃん!!」

澪「……」




律の部屋

律「ごほっ」

律「なんでこんな時に風邪引くかな…」

律「いつもだったらお見舞いきてくれるけど」

律「もう来てくれないよな…」

律「会いたいな」

律「仲直りしたいな」

律「澪が来てくれたら」

律「澪が来てくれなきゃ」



律「澪…みーおー…」

律「ひどいこと言ってごめんな…許して、澪」

澪「私こそごめん」



3