唯「ふぃ~今日の練習も疲れたね~」

梓「疲れた、って30分しか練習してないじゃないですか!」

唯「30分『も』だよ、あずにゃん!」

紬「唯ちゃんったら…ふふふ」

唯「この後アイス食べいこうよー」

律「いいね~皆で行こうぜ!」

澪「久々だな」

唯「それじゃ行きますか」

律「あ、教室に忘れ物した。悪い!先行ってて!すぐ追いつくから!」


紬「あら、あの校門にいる人誰かしら…?」

唯「どれどれ~?」

澪「……!!!」


梓「澪先輩?」

澪「ごめん!今日行けない。じゃ、じゃあまたな!」



紬「あの男の人と行ってしまったわ…」

梓「どういうことでしょうか?」

唯「あずにゃんってば子供だな~」

梓「ムッ、唯先輩にはわかるんですか?」

唯「あの人は澪ちゃんの彼…

紬「いいえ!澪ちゃんに彼氏なんているわけないわ!」

唯「絶対彼氏だよ~」

紬「そんなわけない!!澪ちゃんが、あの澪ちゃんが…」

梓「…私も違うと思います」

唯「そんなぁあずにゃんまで…」

梓「だって澪先輩毎日部活出てますし、そんな暇なんて無いと思います」

紬「うんうん」

唯「ちっちっち、愛があれば時間なんて関係ないのさ!」

律「何してんだお前ら…」

唯紬「「りっちゃん!!」」
梓「律先輩!!」

律「あれ、澪は?」

唯「ねぇりっちゃん!澪ちゃんって彼氏いるの?」

紬「いないわ!」
梓「いません!」

律「ははっそんなこと言い争ってたのか?」

紬「笑い事じゃないわ」ビシッ

律「何この空気…」

梓「どっちなんですか!?」

律「いるわけないだろ」

唯「えぇえええ…」
紬梓「「よかった」」

律「澪の性格からして、男から話しかけられたら『どうしよう』って私に泣きつくと思うし」

唯紬梓「「「…納得」」」




次の日

澪「おーっす。遅くなってごめんな」

唯「澪ちゃん!今日のケーキは豪華だよ!」

紬「澪ちゃんに彼氏がいない記念だもの」

澪「何だそれ」

梓「昨日こういうことがあったんです」

カクカクシカジカ


律「笑っちゃうよなー」

澪「…いるよ」

唯律紬梓「「「「え?」」」」

澪「彼氏」

唯律紬梓「「「「えーーーー!!!!」」」」

澪「ビクッ」

唯「ほらほらやっぱり!!昨日の人!!?」

澪「あぁ」

紬「そ、そんなぁ…」


唯「いつから付き合ってるの?」

澪「一ヶ月くらい前かな?」

唯「良かったね~おめでとう!」

澪「ありがと」

唯「遠目からしか見てないけど格好良かったよね」

澪「そうかな?」

唯「そうだよ!ねぇ皆?」

律紬梓「「「……」」」

澪「何このテンションの差…」




帰り道

澪「ごめんな律。なかなか言い出せなくて…」

律「良いって良いって」

澪「そうか…?」

律「まさか澪に彼氏が出来るとはなぁ」

澪「うん、自分でもびっくり」

律「どういう風に付き合うようになったの?」

澪「告白されて…」

律「そっかー。私の知ってる人?」

澪「……ううん、知らない人」

律「紹介しろよな?」

澪「あぁ」

律「……」

澪「……」

律「………おめでとう」

澪「……」

律「……」

澪「………ありがとう」


2