澪「ああっ!もうこんな時間じゃないか」

梓「本当だ、もうすぐ完全下校の時間です」

律「今日はパーフェクトレッスンだったな!」

紬「私たちもう少しですごいこユニットになれるわね!」

梓「スミマセン、今日は用事があるのでお先に失礼するです…」

律「お、おう!気をつけてな」

梓「お疲れ様でしたー」ガチャ

バタン



律「ふ…ふぅ」

唯「すっぱかったねぇ…」

紬「酸味がちょっとだけつよかったわね…」

澪「お、おいお前ら…」

唯「すごくちっちゃくてかわいくていいコなのにねぇ…」

律「すっぱいんだよなぁ…梓」

紬「き…きっと成長期だから…」

澪「そ、そうだな…新陳代謝も激しいんだろうな」

律「でもちょっとは気を使ったほうがいいんじゃないか?」

唯「最近はすごくいい香りの制汗剤とかあるよね!」

紬「制汗剤を使って『冷たぁーい!』って言うのが夢だったの!」

澪「おい、真剣に考えてやれよ…。そもそも梓は自分で気づいてないのかな?」

律「気づいてたら香水とかつけるんじゃないか?」

澪「う…うん…」


唯「あっ、あずにゃんのハンカチ忘れ…すっぱ!」

澪「こっコラ唯…!」

唯「りっちゃん隊員パース!」

律「うおー投げんなー!」ヒョイ

澪「ひっ…!」ペシャ

澪「あ…ああ…すっぱ…」バタン

唯「きょ…強烈な威力!」

律「なんだかんだで澪が一番ヒドいんじゃないか…」

紬「私、いいこと考えたわ…」

唯「おおー!ナイスアイデア!」

律「まだ何もいってないだーろっと!」ベシ

唯「あいたっ!それでそれで、どんなアイデア?」

紬「直談判よ!」

唯「お…おおー…パン屋さん…?」

律「ジカダンパンだ!でも誰が伝えるんだ…?」

澪「う…うう…。伝え方も大事だしな…」

唯「おお!澪ちゃん隊員復活ですね!」

澪「ああありがとう…それでだ…直談判だけど」

紬「うん、やっぱりしっかり言ってあげるべきだと思う」

澪「そうだよな…クラスのみんなからも…その…いじめとか…」

律「あり得なくはないけどな…難しいな」

唯「…」ビシッ

澪「どうしたんだ唯?挙手なんてして」

唯「私が責任を持ってパンパンします!」

澪「直談判な。でもな唯…あんまりストレートに言いすぎるのも…」

唯「大丈夫だよぉー。ビブラートに包んで…」

澪「オブラートな。そうだな…優しくいってやらないと最悪…」

律「じさ…

澪「言わせないぞ!演技でもないこと言うな!」

紬「でも確かにデリケートな問題だし、学校に来なくなっちゃうってこともあるかもしれないわ」

澪「そう…だよな…」

唯「そうと決まれば早速準備しなきゃ!」

律「どうするつもりだ?」

唯「あずにゃんとデートします!」

澪「は…はぁ!?」

紬「ほぅ…//」

唯「あずにゃんを電話で呼び出して、遊んでるときにやんわり伝えるの!」

律「うん…なかなかいけそうではあるな」

澪「でも何度もやり直しが聞く方法ではないぞ…大丈夫なのか?」

紬「ハイリスクハイリターンっていうやつね!」

唯「唯先輩にまかせなさい!あずにゃんあずにゃんっと…」

澪「ちょっ、今すぐにか…!」

唯「しーっ!…あっ、もしもしあずにゃんかね」




唯「うん…うん…じゃあ明日のお昼に公園で…えっ!?」

澪「(どっ…どうしたんだ…?)」

唯「う、うん、だだ大丈夫だよ!楽しみたなー!うん!ばいばい!」ピッ

律「ど…どうだった?」

唯「あずにゃんちに…呼ばれました」


律「なん…だって…」

澪「お、おい本当なのか唯!」

唯「うん…前にうちに来たがってましたよねって…」

律「お前そんなこと言ってたのか?すげえ」

唯「あ、あの時はまだ寒くて汗とかかかない時期だったし…」

紬「唯ちゃん…」

唯「だっ大丈夫だよ!なんとかなるよー!」

律「これ、持ってけよ!ほらっ」

唯「これは…アメちゃん?」

澪「そうか…飴なら口の中からいい香りが鼻をぬける!」

唯「ナイスアイデアだよりっちゃん!」

律「へっへー…ほめろほめろ!」

紬「それじゃあ唯ちゃんの健闘を祈ってお茶しましょう!お家に招待するわ」

唯「おー!やったー!」


2