唯「これじゃ中に入れないよ」

唯「せっかく花火を持ってきたのに」

梓「唯先輩知らないんですか、この中に入るにはぴかぴか石が必要なんですよ」

唯「えぇ~そうなの~!?」

梓「校長先生の話を聞かないからこうなる」

唯「ぴかしゃなら知ってるけどぴかぴか石なんてわかんないよ~」


梓「それじゃ私はぴかぴか石を持ってますので先に失礼します」

ふういんはあっけなくとかれた

梓「さよなら」

バタンッ


唯「あーっあずにゃんひどいよー!!」



唯「ふんぬーっっ」


唯「ゼエゼエ…また扉がふういんされてる…」

唯「こりゃ仕方ない…ぴかぴか石を探そう…」

唯「でもぴかぴか石ってどこにあるんだろう…」



憂「お姉ちゃんが困ってると聞いて飛んできたよ」

唯「うーいー!」

憂「ぴかぴか石ならさわ子先生が指につけてたよ、お姉ちゃん」

唯「よーし、もらってくるよ!」




職員室

唯「ぴかぴか石をくださいな」

さわ子「は?」

さわ子「何ふざけてるの、これはカレから貰った大事な大事な…」

唯「花火あげますから」

さわ子「いりません!」

唯「線香花火楽しいですよ」バチバチッ

さわ子「あっあついあつい!!」



唯「花火と交換してもらったよ」

憂「やったねお姉ちゃん、部室には入れるよ♪」

唯「わーい」

和「ぱくっ」

唯「!?」

和「ぴかぴか石おいしいわ」



唯「なんで食べたの」

和「ごめん」

唯「ごめんじゃわかんないよ」

唯「ぴかぴか石を食べちゃうなんて和ちゃん変だよ!」

和「唯の中だけでしょう」

唯「チッガーウ!全世界的に」

和「そう、じゃあお詫びにカルボクッキーあげるわ」

唯「もーっそんなんじゃ絶対に!!!」

唯「ゆるしたよ」



唯「わーい、カルボクッキー貰ったよ!」

憂「良かったねお姉ちゃん」



唯「憂とはんぶんこして食べるよ!」

憂「ありがとー」

憂「お礼にカエルコインあげるよっ」

唯「わーい!」

梓(あんな小汚いコインいらないデース)



唯「でもこの緑色のコイン…どうやって使うんだろう」

唯「自動販売機には入らないし」




とみ「あら、唯ちゃん」

唯「あーお婆ちゃん、どうしたの?」

とみ「大事なカエルコインを無くしちゃって、探してるのよ」

唯「カエルコイン…?」

唯「あーっそれなら私が持ってるのであげます!」

とみ「あら、ありがとう」

とみ「お礼にコオロギせんべいをあげようね」

唯「またお菓子になったよ!」

憂「よかったね!」

和「ぱくっ」

唯「!?」

和「これはまったりしておいしいわ」

唯「もう許さない」

和「しょうがないわね、ケロケロのつえあげるから」

唯「許さない」

唯「ケロケロのつえで殴ってやる」

そうびできません

唯「…」

唯「すでで殴ってやる」

ぽかぽか

和「いたいいたい」

唯「ほんとに和ちゃん」

唯「何考えてるの?」



唯「はぁ~、また和ちゃんに大事なものを奪われちゃった」

憂「かわいそうなお姉ちゃん」


2