――――翌日の放課後――――

梓「純はこれから?」

純「うん!みお先輩には体育館倉庫で待ってもらってる」

梓「今日は運動部が休みだからちょうど良かったね」

純「うちの学校、倉庫とか少ないから
苦労するよね、梓は?」

梓「私は………うーん」

梓「(他に誰も来なそうなところ…)」

純「部活後の音楽室は?」

梓「音楽室か…そうする」

純「じゃあ、そろそろ時間だし行くね」

梓「うん、頑張って」


梓「私も部活いこー」



――――音楽室――――

梓「こんにちわー」

律「おっすー」

紬「こんにちわあずさちゃん」

唯「あずにゃぁぁぁぁぁん」ガバッ

梓「は、放してください」


唯「みおちゃん遅いたなぁ」

律「あー、澪ならなんか用事で遅れるってさ」

唯「ふぅ~ん」

紬「はい、あずさちゃんの分」

梓「ありがとうございます」

律「澪が来るまでティータイムだな」

紬「今日は○○ってところの新作ケーキ
持ってきたの~、みんな食べて~」

律「よっしゃぁぁぁ」

唯「さすがむぎちゃん!いただきまーす」

紬「はい、どうぞ」

梓「ありがとうございます、いただきます」

紬「私はどれにしようかしら~」

唯「おいしー」モグモグ

律「やっぱ老舗は違うなー」モグモグ

梓「(むぎ先輩のお尻…)」ハァハァ


ガチャ――――バタン

律「おっす、澪」

澪「…………」

律「あれ?」

唯「みおちゃん?」

紬「どうしたの、みおちゃん?」

澪「…な……nで……もな……」

律「え?」

澪「何でもない、早く練習しよう」

唯「変なみおちゃん」

梓「(wwwwwwwwwwwwwwww)」




――――部活後――――

律「おい澪、なんか変だぞ」

澪「大丈夫だ」

唯「なんか怖いよー」



梓「あの、むぎ先輩」

紬「なーに?あずさちゃん」

梓「ちょっと話が……」

紬「ん?」


律「んじゃ、先帰るなぁー」

唯「むぎちゃん、あずにゃんバイバイ」

澪「また明日」


紬「バイバーイ」

梓「お疲れ様でした」


ガチャ―――――バタン

紬「あずさちゃん、話っていうnんっ!」


梓「すみませんむぎ先輩、苗床になってもらいます」

紬「んむっ!は、はなs!むごっ!」

梓「むぎ先輩はお尻が大きくて……いわゆる安産型なんです」

紬「んむっ!んむっ!」

梓「身体は丸みを帯びてムッチリしていて……適性なんです」

紬「んむ!んがっ!ん!!!!!???」

梓「是非とも私の子ども孕んでください!」


紬「(何あれ…あずさちゃんって男だったの???)」

梓「触手で身体を固定しています、逃げられませんよ」ハァハァ

紬「んっ!んんっ!」

梓「ちなみに先輩もこうなるんですよ」


[音楽室 倉庫]

――――ガラガラガラガラ

紬「(うそ……)」

梓「先輩のクラスメイトですっ!」


潮「…………」
春菜「…………」
エリ「…………」
信代「…………」
冬美「…………」


紬「(にん…しん……妊娠してるの?)」


梓「あ、そろそろ口から外しますね」


紬「っ!!んはっ!……ハァーハァーハァーハァー…」


梓「見てくださいよ、私の子どもですよ!」ナデナデ

紬「ハァー…ハァー…妊娠……してるのね……」

梓「先輩のような安産型は中島先輩くらいしかいなくて…
後の3人はちょっと期待できないんですよねー」ペシッペシッ


エリ「っ!!んはっ!!んんっ!!!」

梓「見てください先輩!新しい生命が生まれようとしてますよ!」

エリ「んんっ!んっ!!!んんんー!!!!!!!!」

ミチミチミチ

バシャァァァァァアアアアアアア

梓「あぁ……やっぱり耐えられなかったか」

エリ「………………」

ヌチャッ‥ヌチャッ‥ヌチャッ

紬「ひぃっ」

梓「あーよしよし、とんだ苗床だったねー」ナデナデ


紬「もしかして…私もそ、その……」

梓「そうですよ、これを産んでもらいます」

紬「いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」

梓「落ち着いてくださいよ、むぎ先輩!」

紬「イヤよッ!絶対にイヤッ!そんな化け物なんて…産めないわ」

梓「大丈夫ですよ、先輩ならすぐ終わりますって」

紬「イヤッ!来ないでぇぇぇぇぇぇぇえ」




おわり


ありがとうございました