律「」

さわ子「ふう、ようやく動かなくなったわね。さてと……」

紬「っ!」ガバッ

ズプリ

唯「……んっ」

さわ子「ムギちゃん、何してるの?」

紬「わ、私が決めたって勝ちは勝ちでしょう?」

さわ子「……」

紬「……」

さわ子「なら早く技を決めなさいよ」

紬「……ふふ、どの技でフィニッシュしようかしら」


さわ子「……! あなたまさか!」

紬(気付かれた! わたしのちんぽにきずぐすりをぬっていた事を!)

さわ子「どきなさい!」ドカッ

紬「ぐっ!」

紬(唯ちゃんの膣が回復すれば……。こんな事しかできない私を許して)

さわ子「……そう、それならあなたも――」

澪「まてっ!!」バッ

さわ子「澪ちゃん!? これはタッグマッチなのよ!?」

澪「『何でもアリ』がハメレスの醍醐味、だろ?」

さわ子「……どいつも、こいつも」

澪「律の頼みだ……断るわけにはいかない」

さわ子「しゃらくせえ!」

澪「わああああああ!」

紬「澪ちゃん……」

唯「ううん」

紬(気が付いた! 唯ちゃん! 唯ちゃん!)

唯「む、むぎちゃん……? あっ!!」

紬「ふふ、ようやくお目覚めかしら」

唯「こ……のっ!」ガバッ

紬「きゃっ」

唯「あ、危なかった……!」


唯「!! りっちゃん!」

紬「ふふ、残念だったわね唯ちゃん。りっちゃんはもうリタイアよ」

唯「ムギちゃん!!」

紬「さあ、かかってらっしゃい!」

唯「いくらムギちゃんでも許さないよ!!」

紬(唯ちゃん、私を超えていって……!)

唯「ちょんわ!!」バッ

紬(この技は憂ちゃんの得意技だったイマラフランケンシュタイナー!?)

唯「やあああっ!!」

紬「んぶっごおおおおおおおおおおお!!」


唯「ぐっ……のぉっ!!」ガバッ

紬「おげぇっ……えふっ」

紬(なんて技の切れ……それに流れるように次の技に……これはさっきの!)


唯「挿入式ジャーマンスープレックス!!」

ドゴブチュンッッッッッ!!!!

紬「ひっぐううううううううううううううううん!!!!!!」

紬(さっき自分が受けた技をものにするなんて……ゆいちゃんすごい……それから……ごめん、ね)

紬「」ドサッ


唯「はあはあ……」



さわ子「チッ、ムギちゃんのおばか!」

澪「もう怖くないぞ! 動けるッ!」

唯「澪ちゃん!!」

澪「唯っ!!」

唯澪「ダブルラリアット!!」ガガッ

さわ子「ほごぉ!?」

澪「ひるんだ! 決めるぞ!」

唯「よしきたぁ!!」


澪「はっ」トイーン

さわ子「げほげほっ……フライングイラマチオなんて大技が私に決まるとでも?」

唯「決めるよ!」ググッ

さわ子「ひゃわっ!?」

さわ子「しまっ……これはパイルドラチンポ……じゃない!?」

唯「澪ちゃん!!」

澪「ああ!」バッ

唯「ほっ!!」

さわ子「澪ちゃんのフライラマと同時に唯ちゃんがパイルドラチンポの体勢に……これはあっ!!?」


唯澪「ツープラトン!! ゆいみお稲妻落とし!!!!!」

エボオオオオオ!!!!
パギュッッッッッ!!!!

さわ子「お゛っぼげええええええええええええええええええーーーーーーーーーー!!!!!!!」


カンカンカンカン!

唯「や……」

澪「やった……!!」

唯「澪ちゃん!!」

澪「ゆいぃ!!!!」

唯「私達勝ったよおおおおおおおおおお!!!!」

澪「よがっだあああああああ!!!」

唯「あずにゃーーーん!! ういーーーー!!」

澪「りづうううううううううううう!!!!」





あれから半年が経ちました。
憂とあずにゃんは歩けるまで回復してあの死闘の傷跡も少しずつ癒えてきました。
だけどムギちゃんとさわちゃんは大きな黒い渦に巻き込まれてたままです。
でも必ず助け出すからね。
方法はもちろん……


唯「これで……決めるぜ!!!」バンッ

  「ひぎいいいいいいいいいいいい!!!!!!!」





みんなの幸せを取り戻すまで



私の戦いは終わらない。
 SEX 『END』LESS