数日後

律「梓……憂ちゃん……」

澪「ムギ……先生……どうして……」

唯「……」

律「次のさわムギ戦は棄権しよう。これ以上犠牲者を出すわけにはいかない」

澪「……」

唯「……リベンジだよ」

律「え?」

唯「このままじゃ終われないよ」

澪「唯……お前怖くないのか」

唯「怖いよ……でもこのままじゃ何も解決しない」

唯「憂の仇をとってムギちゃんを取り戻さなきゃ」

唯「それにね、身体がうずくんだ……」

律「唯……たくましくなったな」

唯「へへ」

律「そういうことなら」

澪「律、まさか……」

律「唯のペアは私だ!」

唯「りっちゃん!? 膣が再起不能なんじゃ……」

律「はまらなければどうという事はない、だろ?」


澪「そんな無茶だ! 私が出る!」

律「今のお前じゃはっきり言って無理だ」

澪「ぐっ……!」

律「そうと決まれば特訓だぜ!」

唯「おう!」

澪「わ、私だって特訓するからな!」




そして決戦の日がやってきた。

澪「やっぱり私が……」

律「足が震えてるぞ。そんなんで戦えるか」

澪「うぅ……」

唯「大丈夫だよ澪ちゃん! 私とりっちゃんで勝ってみせるから!」

さわ子「おそろいでようこそ」

唯「さわちゃん……」

紬「悪いけど勝たせてもらうわ。勝たなきゃいけないの」

律「ムギ……」


律「よし、それじゃあ手筈通りに私はさわちゃんを、唯はムギを何とかしてくれ」

唯「おっけい!」


カーン!

律「いくぞっ!」

さわ子「ふふっ」

律「でえりゃああああ!!」

澪「ドロップキック! 早いうちにメガネを破壊出来れば勝機はある!」

さわ子「くっ!」

澪「ああっおしい!」


唯「ムギちゃん……これには理由があるんだよね?」

紬「……」

唯「でも……勝たせてもらうよ! ほぁ!」

紬「っ……!」

紬(唯ちゃん、また腕を上げたのね……)


律「オラオラどしたどしたー!」

さわ子「……っ」


澪「いいぞ律! そのまま挿入技だ!」

律「うおりゃああ!!」ガバッ

澪「さわ子先生を持ち上げた! 律の往年の得意技ボディスラム!!」

律「もらったああああ!!」

さわ子「にやり」

律「っ!?」ガクッ

澪「律っどうしたんだ!?」

さわ子「ふふ、りっちゃんも昔はそこそこ有名なハメラーだったみたいだけどそれがあだになったわね」

さわ子「膣の故障で再起不能っていううわさは本当だったみたいね」

澪「ま、まさか……」

さわ子「ええ、投げられる直前に指を挿入れさせてもらったわ」

律「あ……がっ……!」ガクガク

さわ子「そんな状態で私とやりあおうなんて無謀よりっちゃん」

律「く……そ……!」


唯「りっちゃん!」

紬「よそ見してていいの?」

唯「っ!」

紬「っっっる゛あぁっ!!」ドゴンッ

唯「お゛げぇっ!!」

澪「ムギのボディブローをまともに……やばいっ!!」

唯「ぅ……あ゛っ……!!」ガクッ

紬「それに唯ちゃんじゃさわ子先生にはかなわないわ。再起不能にされるのがオチよ……」


律「くっ……まだまだぁ!」

さわ子「これでおしまいね」ガッ

律「しまっ……!?」

澪「あれはニークラッシャー……いや違う! 律の膣に膝を当てている!」

さわ子「Vクラッシャー!!」


ズンッ

律「きゃぁ!?」

澪「りつうううううううううううううう!!!!」


律「あ……あ……」ピクピク

さわ子「挿入するまでもなかったわね」


さわ子「あら、唯ちゃんにもフィニッシュできそうね。それじゃあ私のふとちんで……」

紬「ま、まってください!」

さわ子「……ムギちゃん、あなた自分の立場わかってるの?」

紬「……っ」

さわ子「それじゃあ」グイッ

唯「ん゛っ……!」

さわ子「オラアッ!!」ズプリ

唯「かはぁっ……!? ふ、ふとぃ……!」

さわ子「いくわよっ! 挿入式ジャーマンスープレックス!!」

さわ子「ずあっ!!!!」


ドゴブチュンッッッッッ!!!!

唯「い゛っっっっっっっっ!!!!!」

澪「ゆいいいいいいい!!!!!!!!」



唯「」

律「ゆ……ぃ……」ガクガク

さわ子「ふぅ、続けていくわよ」

澪「だ、だめだ……あんなふとちんぽ入れられたらもう……」

律「ま……まだ、だ……」ヨロヨロ

さわ子「唯ちゃんに覆いかぶさって……何のつもり?」

律「へへ……これで唯に挿入できないだろ……」

さわ子「そのかわりりっちゃんに挿入し放題ね」

律「す、好きにしろよ……」

さわ子「じゃあお言葉に甘えて」ズボオオ

律「……!!!」ガクガク

さわ子「ふふ、よすぎて声も出ないのかしら」

澪「やめろ律! やめてくれええええ!」

律「み、お……ゆいを……たの……」

澪「律……!」

さわ子「ふんっ」ドボォ

律「ひぐううううううううううううううううううううううう!!!!!」

紬「りっちゃん……!」


5