「憂選手のイラマフランケンシュタイナーが決まったああああああ」


憂「よしっ!」

唯「さっすが憂! 頼りになるぅ!」

憂「えへへ~」

律「憂ちゃん後ろだっ!」

憂「えっ?」

  「っっしゃああああああああ!!」

ズンッッッッ!!

憂「んごっ……ぷ……!?」ドサッ


澪「まずい! シャイニングイラマウィザードをもろに食らった!」

律「タッグだという事を忘れるな!」


  「憂選手まんぐりがえし状態でダウーン!!」

唯「ういっ!!」

  「そいつを押さえておけよ!」

  「お゛っ、ご……!」ガシッ

唯「うわっ!? 離して!!」

唯(憂のイラマフランケンシュタイナーを食らってるのに……凄い執念……!)

  「悪いけどデビュー戦で死んでもらう!」

律「憂ちゃん逃げろ!!」

憂「う……」

澪「駄目だ! ダメージが大きくて動けない!」


唯「ういっ!! このっはなせっ!」ゲシ

  「はああっ!!」ドゥバァッ!


律「あれはっ!」

澪「ただのムーンサルトじゃない……!? あの挿入角度はまずい!!」


ボゴォォォォォビチビチ!!!

憂「ひぎいいぃぃぃぃいぃぃぃいいいいいい!!!!!」

唯「ういーーーーーー!!!」


澪「ムーンサルト高角度挿入……まんぐりがえしの相手に回転をつけてプレス挿入してその上ちつの向きを無視するかのような、肉を抉ってお腹からちんぽを突きだすかのような挿入角……あ……ああ……」ガクガク

律「う、憂ちゃん……」ポロポロ

唯「うい……ねえういっ!」

憂「」ピクピク

律「ういちゃんはもう……」

唯「そ、そんな……!」

  「よし、次はお前だ」

唯「あ……あ……」

澪「ま、まずい! 唯逃げろ!」


  「もらった!」

唯「……」

律「イラマフランケンシュタイナーだ!」

  「はっ! ……なに!?」

澪「唯がかわした!?」

律「いや、あいつそのまま攻撃に移るつもりだ……!」


ズドンッ!!!!

  「いぎいいいいいいぃぃいいいいい!!!!」


澪「雪崩式DTT(Dou Tei Timpo)!?」

律「すげえ……センスだけで戦ってやがる」


唯「はあっ……はあっ……!」


澪「決まったな……」

律「ああ、だけど……」

唯「ういっ! しっかりして憂!!」

憂「……っ……ぉ」

澪(憂ちゃんがこっちを見ている……?)

憂(澪さん……お姉ちゃんを頼みます……)

憂「」ガクッ

唯「う……ういいいいいいいい!!!!」

唯の初勝利は苦いものとなった。




唯「うい……」

律「まさか憂ちゃんが……」


ワアアアアアアアア


澪「なんだ……? 別の会場から声が……」

律「ムギ達の試合会場だ……いってみよう」



澪「こ、これは……!?」

紬「」

梓「」

律「ムギ!? 梓!!」

唯「そんな……ムギちゃん……あずにゃんまで……」

澪「なんてむごい事を……相手は一体……」

  「……」

律「誰だよあの覆面野郎!」

唯「くっ!」ダッ

澪「唯!?」


唯「よくも二人を……!」

律「唯やめろっ!!」

唯「その覆面とれえええええ!!」

ビリッ


唯「えっ!?」

紬「あ、ばれちゃった」


唯「ムギちゃんが二人……!?」

紬「そっちに寝ているのは私の偽物よ」

唯「い、意味がわからないよ……」


紬「ごめんなさい。こうしないといけない理由が出来ちゃったの……」

唯「そんな……みんなで頑張ろうねって……」

?「ばれちゃったら仕方ないわね」

唯「その声は……」

さわ子「私よ」バッ

律「SAWAKO……!?」

澪「そんな……先生がどうして……」


さわ子「フフ、挨拶がわりに唯ちゃんに挿入しちゃおうかしら。ムギちゃん」

紬「はい……」

唯「や、やめてよムギちゃん!」

梓「らあっ!」ドカッ

唯「いてっ!?」ゴロゴロゴロ

さわ子「あら、梓ちゃんまだ起きれたのね」

梓「はあ……はあ……」

唯「あずにゃん……?」

梓「唯先輩には触れさせませんよ……」

さわ子「……そ。じゃあ予定変更ね。ムギちゃん、梓ちゃんを持ち上げて」

紬「はい」

唯「やめてぇー!」


さわ子「いくわよ!」ギンギン


律「な、なんだあの極太ちんぽはあーーっ!?」

澪「あ、あんなのさされたら梓の身体がオナホになってしまう!」

唯「あずにゃーーん!!」

梓「ぐうっ……逃げられない!」

さわ子紬「ツープラトンオナホフェアリーデスドロップ!!」


ボコォ!!!!!!!!!!!
メリメリメリメリ

梓「んっほおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!」ビクビクビクビク


唯「いやああああああああ!!!!」



4