和「……」

律「こ、殺しちゃったの……?」

クーガー「いーや、気絶しているだけだ。最後の一撃も外させてもらった」

澪「よかった……」

和「……うぅ」

律・澪「和!」

和「私……っぐぅ……」

クーガー「あれだけ無茶したんだ。これからはお前にアルターが発現することはねェさ」

和「え……」

和「能力がなくなった……」

澪「和!」

和「澪……律……」

澪「っ!」パァンッ

律「み、澪!?」

和「……」

澪「なに自分一人で抱え込んだいるんだ! 和は私たちの友達なんだぞ!?」

律「……そうだよ、和。澪の言うとおりだよ」

律「だから、今度から私たちの間で秘密はなしだ! いいな!」

和「あ……ああ……」

和「……ええ、約束する」

律「よし!」

クーガー(俺が俺の道を進むように、お前たちにもお前たちの道があるはずだ。さぁ、お前たちはどの道を選ぶのか……楽しみにしているさ。ハハハハッ)シュッ…

澪「それにしてもクーガーくんよく……あれ?」

律「どうした? 澪」

澪「クーガーくんがいないんだ」

律「あ、あいつ……また勝手に……」

和「ストレイト・クーガー……」





パアァンッ

さわ子「誰がアルターを使えなくさせろっていったの!? あなた、どういうつもりっ!」

クーガー「さわ子先生。私はこう考えているんです。人間は自由だと」

さわ子「なっ……」

クーガー「私は私が思った通りに動いたまでです」ニコニコ

さわ子「あなたって人は……ありがとう」

クーガー「ん? いえいえ~」

さわ子「後のことは私が処理するわ。これで和ちゃんも本土へ連れて行かれることはなくなったことだし」

クーガー「それじゃあ、私はこれをもってホーリーへ帰らせてもらいますよ」

さわ子「ええ」

クーガー「そうだ、ワガママのほう、お願いしますね」

さわ子「わかってる」

クーガー「車の件は諦めてくださーい」

さわ子「それは了解しかねるっ!!」




次の日

さわ子「それではHR終了。今日も一日頑張りましょうねー」

「はーい」

ガチャリ、スタスタ…

さわ子「しっかり聞きいれたわよ。あなたのワガママ」

さわ子「まぁ、最初からこうするつもりではいたのだけれど」



――――……

クーガー「私がこの学校を去る際、あなたの能力で生徒たちから私がいたという記憶を消してほしいのです」

さわ子「あなたっ、私のアルターをなぜ……まぁ、いいわ」

さわ子「でもなぜ?」

クーガー「さァ……俺の速さは知覚できない、ということですかね」

さわ子「は?」

……――――



さわ子「にしても私の車……まだローンが残ってたのに……」

さわ子「ま、生徒一人の無事と引き換えになるのなら安いもんよね。ふふっ」




放課後

ジャジャジャーン ダカダン

唯「まだなんか違う」

澪「んー」

梓「真面目に練習するのはいいですけど、なんでこんなことしてるんでしたっけ?」

紬「えっと……」

律「私たちに足りないもの……」

律「情熱思想理念頭脳気品優雅さ勤勉さ……」

梓「律先輩?」

律「……そうか! みんなわかったぞ!」ス

カンカンカンカンッ!

律「私たちに足りないもの、それはぁーー!」

律「速さだっ!!」ダカダカダカダカダカダカダァーン!

澪「あー、それはどうだろう……」

律「えぇっ!?」





ヒュー…

クーガー「ん~、なんて清々しい気分~」

クーガー「俺はまた一つ、文化の素晴らしさに気づくことができたらしいな、カズヤ。そして」

クーガー「この世の理はすなわち速さだ物事を速く成し遂げればその分時間が有効に使える
     気になっていた漫画の続きが読める見たいと思っていた映画にも行けるお気に入りの服の綻びを直すことだってできる
     自分が嫌だと思うことを極力省き大好きなことに時間をかける悩んでいる時間は無駄以外の何者でもない
     即決即納即刻即急即座即時即答それが残りの時間を有意義にすごすための実務的有効手段であり効率よく生きるための最適なる方法そう速さは力なのだ!」

クーガー「さて、風力・温度・湿度、一気に確認! ならばやってやりますか」

クーガー「みーのりすわぁん。待っていてくださいね~」

クーガー「今、あなたの俺がそっちにむっかいまァーーすッ!」キュイイィィィィンッ…


ビュウウウウウウウゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥンッッッッッ!!


完!



おわり!
読んでくれた方、支援してくれた方ありがとうございました
クーガー以外のスクライドキャラが出ることを期待していた人がいたらごめんね
兄貴は書いててとても楽しかった・・・それじゃあの