唯「結局まだよくわからないね」

梓「私もです」

澪「なに、ゆっくり見つけていけばいいさ。私たちはクーガーくんじゃない。私たちなんだから」

紬「そうね!」

律「さて、と。じゃ、また明日ー!」

唯「ばいば~い!」

梓「お疲れ様です」

紬「明日こそ見つけましょうね~!」

律「よし、行くか。澪」

澪「うん」




公園

澪「もうすっかり暗くなったな」

律「そうだね」

澪「本当によかったの? 律」

律「え?」

澪「クーガーくんに色々聞かないでさ」

律「……聞くなって言ったのは澪だろー?」

澪「あ、そっか。あははっ」

律「ったく……ん?」

スタスタスタ…

「ここなら、人目につかないわね」

「時間帯的にも」

律「お前……」


澪「和?」

和「……」

律「どうしたんだよ、和――」


カァンッ、カァンッ、カァンッ


律「な、なんだ!?」

澪「和のまわりの地面が削れた……!」

和「物質の分解、再構築」

和「これがアルター。最後になると思うから教えてあげる」ピピピピピ…

澪「あれって……昨日私たちを襲ってきたやつ!」

律「和! お前!?」

和「律、あなたには私の犯行現場を見られてしまったから……ごめんなさい。消すわ」

律「は!? なに言ってるんだよ!! そんなの覚えがないぞっ」

和「だとしても私のアルターを見られたのだからもう遅いわ」

和「そして、澪。あなたも巻き込んでしまうなんて……。ごめんなさい」

澪「の、和ぁ……」ガクガク


和「……」ヒュン、ヒュン、ヒュン

律「なんでこんなことすんだよ!? なんで和がアルター……」

和「それは……」


『そォーーーーれはァーーーー!!』


ブゥゥーーンッッ!

澪(車!? しかもすごい派手、ていうか悪趣味……まさか)


『大は小を兼ねるのか速さは質量に勝てないのかいやいやそんなことはない
 速さを一点に集中させて突破すればどんな分厚い塊であろうと』


ブゥゥーーン…キキィーッッッ!

…ドカーン!

和「っ……!」

クーガー「砕け散るゥゥゥッハァーッハッハッハッ、ハー!! ドラマチッーク! エスセティーック! ファンタスティーック! ラーンディーング! っとォー!」ヒュー…スタッ

クーガー「ああ、いかんいかん。借りた車を……」

律・澪「クーガー(くん)!?」

クーガー「あいよ」


和「……あなたは」

クーガー「真鍋和、でいいんだっけ? 名前」

クーガー「お前はロストグラウンドで誕生した新生児だった、が」

和「……そう、父と母によってロストグランド外に出されたのよ」

澪「そんな……」

律「だからアルターが使えた……?」

和「偶然にもね。おかげでこの能力に目覚めたときは混乱したわ……あなたも私と同じでしょう?」

クーガー「はて」

和「いまさら誤魔化しがきくと思っているの?」ヒュン、ヒュン

クーガー「少なくとも、俺はアルターを使って通り魔ごっこするような弱虫でも卑怯者でもない」

和「……いいわ、好きに言えば。でも私のこの力の前で!」ピピピピピ

和「まだそんなことが言っていられるかしらね……!!」ビー! ビー!

クーガー「!」

律「またビーム!! よ、避けろ!」


ドオォーン! シュ~…


澪「クーガーくぅんっ!!?」律「ああ……」

和「ふん、大したことない……」

クーガー「ヒュ~♪ こっちこっち」

律・澪「え!?」

和「!? い、いつのまにっ」

クーガー「愚問だなァ、俺は誰よりも速く走る男だぜー?」

和「っ……やれ!」ヒュン、ヒュン、ビー!

クーガー「ラディカルグッ(以下略

ビュウウウウゥゥゥゥンッッッ…

和「速い!?」

クーガー「遅い!」ドカンッ

和「うっぐ……!? うう……」

和「……ストレイト・クーガーァッ!」キッ

クーガー「刻んだな? 俺の名をッ」ニヤリ


ドオオォォン…
ヒュン、ビー!ビー!


律「ななな、なにが起きて……」

澪「わ、わからない」

澪「けど、これがアルター能力者同士の……戦い」

クーガー「俺の能力の名はラディカルグッドスピィィード! なんでも速く走らせま~すッ」ビュウウウウウゥゥゥッ

和「くっ、当たらない! 9つのビットがあるのに補足できない!?」

クーガー「あったりめェよォー!」

クーガー「お前の!」ガンッ

和「!」

クーガー「アルター名は!」ビュッン…

和「はぁ、はぁ……!」

クーガー「なんだ!」シュタッ

和「そんなもの……ないわよっ」

クーガー「名前なんて意味がないと言うか? 違うな!」

クーガー「お前はなーんにもわかっちゃいないのさ!」

和「勝手な事を、分かった風な事言わないで!」

澪「和……」

クーガー「お前のその目、見覚えが、あるぞッ!」ドンッ

クーガー「諦めた目だ、なにかから逃げている目!」

律「あきらめ?」

クーガー「そう!」ガンッ、ガンッ、ガンッ!

和「っ……こんな能力、持ちたくもなかった傷つける力を持ってしまった私」

和「だれも理解してくれないっっ」ヒュン、ヒュン、ヒュン

和「だから傷つける! 勝手だと思う? そうよ勝手よ!」ビー!ビー!ビー!

クーガー「衝撃の、ファーストブリットォーー!!」ドオオオオォォン

和「こんな力、アルターなんていらない……っ!」

クーガー「ほう、よぉーくわかったァー! 真鍋和ァー!」シュタタタタタッッッ

律「和っ、どうして私たちに相談してくれなかったんだ!」

澪「そうだ……和!」

和「うるさい!」

ヒュン、ヒュン、ヒュン ピピピピピピ…

和「分かってくれるはず……ないじゃない……っ!」

ビー!

クーガー「諦めてんじゃねェ~~!」

和「わああああぁぁぁ!!」ビー!!

クーガー「上等!」


クーガー「壊滅のセカンドブリットォォーーー!!」

和「あ――」


ドカーン



8