教室

「ねー、また通り魔が」「怖いねー」

律「みんな平然として、次に自分が襲われるかもしれないってのに……」

紬「りっちゃん?」

律「あ、いや別に……」

唯「今日はクーガーくんが言ってた私たちに足りないものを見つける為に部活頑張ろうね!」

澪「唯、ずいぶん張り切ってるな」

唯「とーぜん!」

律「足りないものかぁ……」

クーガー「今日は朝からなんの話~?」

律・澪「!」

紬「クーガーくん、おはよう」

唯「今日は遅かったねー」

クーガー「俺が遅い……!? 俺がスロウリィ!?」



紬「あら、クーガーくんなに読んでるの?」

クーガー「この本のことか? グリム童話ー」

律「ガキかよっ」

クーガー「何を言う。本は文化だ、童話は文化だ! それに初心に返って自分を見つめ直せる」

クーガー「これも文化なりー神秘ィー……あァ~」

唯「私も絵本好きだよ! たまに読み直したくなる!」

澪「お前なぁ……」

クーガー「いや、それでいい! ゆり、お前はわかっているぞーッ!!」

唯「そうかなぁ、えへへ」

律「……クーガー、それと澪。話があるんだ、ちょっと着いてきてくれないか」

澪「律?」

クーガー「ほう! 愛の告白とな!」

唯「愛~!?」

紬「告白~!?」

律「断じてちがぁーう!! いいから来て!」グイッ

唯「すごいよー! なんかドキドキするね!」

紬「禁断の三角関係~……あァー……」ウットリ




澪「なにもこんな離れたことろまで来ることは……」

クーガー「きっとりくも緊張してるのさ。察してやりな」

律「おい!!」

律「いいか、話ってのはー……」

クーガー「俺が何者なのか、知りたいんだろう?」

律「!」

澪「アルター使い……」

律「澪!?」

澪「昨日自分なりに調べてみたんだ。気になったから」

クーガー「好奇心はいずれ身を滅ぼすぞ、みほ」

澪「……みおだよ」

律「そ、それで!? 詳しく話してよ!」

澪「ああ、アルター使いっていうのは――――」



律「……」

律「へー……」

澪「わかったか?」

律「さっぱり」

澪「……やっぱりな」

律「だ、だって!」

クーガー「よく分からないのがアルター使い。それでいいんじゃねェーかー?」

律「やだよ! 私は知りたい! あんたのことも!」

クーガー「断るッ!」

律「な、なんで!」

クーガー「りく。お前がもっと大きくなったら教えてやるさ。俺という男を、隅々まで」

律「なんか勘違いしてるだろお前……」


クーガー「さぁー、教室に戻ろう。ゆりとつみきが待ってる」

律「待てよ!」

澪「律」

澪「これって……やっぱり私たちが首をつっこんじゃいけないことだと思う」

律「澪!」

澪「それにクーガーくんだって困るだろ?」

クーガー「……いや、本当に優しい人たちばかりだ。ここは」

クーガー「みほ」

澪「みおだ」

クーガー「それとりく」

律「……んだよっ」

クーガー「戻ろう。な?」ニコニコ

律「……わかったよ」




放課後

ジャジャジャジャーン ドコドン

梓「んー」

澪「わかった?」

紬「まだなにも……」

唯「よし、もっかいやろうよ!」

律「しゃーないなぁ……」

クーガー「お、やってるなァ~」

唯「クーガーくんっ」

梓「すっかりおなじみの顔みたいになってきましたね」

クーガー「んー、今日はお茶会なしで真面目なことで」

律「あんたに触発されたんだよ、みんなさ」

クーガー「そうかそうか~。はい、それじゃあ、俺はこれで~」スタスタ…

「え!?」



紬「もう行っちゃうの? お茶いれるけども……」

クーガー「俺にはやることがあるからな~。つむぎ」

梓「せっかくだからまた演奏聞いてアドバイスを……」

クーガー「アドバイスならもうしたさァ、あずさ」

澪「でもクーガーくん……」

クーガー「すっかり俺と話してもあがらなくなったな。みお」

律「おい、なにお別れみたいに……」

クーガー「いやぁ、お前らと過ごすこの3日間。楽しかった、文化的だった。りつ」

唯「お、おわかれなんてやだよおぉ……」

クーガー「妹ばかり働かすんじゃねェーぞ。ゆい」

唯「だから私はゆい……あ」

クーガー「ね、合ってるでしょ?」


クーガー「お前らの問題点のヒント、特別出血大サービス! 教えてやるさ」

クーガー「お前らに足りないものは、それはー!」

クーガー「情熱思想理念頭脳気品優雅さ勤勉さ!」

クーガー「そしてなによりもォーーーーーーーー」

クーガー「答えは自分たちで見つけろッ!」ビシィッ

澪「えぇー……」

紬「じょ、情熱」

唯「勤勉さ……んー?」

クーガー「それじゃあ、行くとしますかァー! まーた会う日までェ~!」タタタタタ…シュッ

律「あいつ……」

梓「ていうか窓から飛び降りた……」



7