昼休み

紬「それでその人ったら……」

澪「アルバイトって大変なんだなぁ」

クーガー「おや、食事中か?」

唯「あ、クーガーさん!」

クーガー「ノンノン!」

唯「ん~、じゃあクーガーくんか!」

クーガー「ありがとう、ゆり」

律「だから……はぁ」

律「それよりもあんたさっきの体育なんだよアレ」

クーガー「は?」

律「速いのなんのって、何するにも速い速い……」

クーガー「とーぜんだッ。俺のモットーは『速さ』ズバリ『速さ』すなわち『速さ』!」

クーガー「あァ……はァ~」フッ

律「あ、あんたのことがよくわかったよ……」


紬「よかったらクーガーくんもお昼一緒に食べましょ?」

クーガー「おぉ~、ありがたい誘いだ。この選択に断るという道はなーい。……よっこらせ」

唯「クーガーくんのお昼、美味しそうだね」

澪「じ、自分で作ったお弁当?」

クーガー「まぁ、そんなところだな」パクパク

律「なんだ、食べるときも急いで食べるかと思ってたけど、ゆっくりなんだ」

クーガー「食事はじっくりと楽しむもんだ」

クーガー「食事は人の心を豊かにしエネルギーと明日明後日への活力を生み出すここには速さなんて必要いらねェのさ
     味を堪能するために歯で噛み砕いて食べ物を胃へと流し込みー、そして……」

律「黙っては食えないんかっ、黙っては!」



クーガー「ごちそうさまでした」

律「授業はじまるぞー」

クーガー「俺が食べ終わるのが最後ッ? 俺が遅い? 俺がスロウリィ!」

クーガー「俺としたことが……ッ」

律「はいはい」

クーガー「ところでりく」

律「……もしかして私のこと? 律だよ、りつ」

律「で、なによ?」

クーガー「この学校には軽音部なるものが存在すると聞いたが」

律「あ、それなら私たちが所属してるよ」

クーガー(ほぅ、……なるほど)

クーガー「ハッハッハッハッ! そうかそうか! 楽しみにしているぞ!」

律「は?」

先生「そろそろ席についてくれませんかね……」




放課後

梓「先輩たち、まだかなぁ」

梓「最近は私の方が来るの早くてちょっぴり寂しかったり……」

梓「なんてね。そんなことよりギターの練習でも」

クーガー「甘いなッ」

梓「え!?」

クーガー「お前が一番早い。甘い甘い」

クーガー「最も速いのはこの俺だ!」

梓「やー! 誰なのこの人!?」


クーガー「ところでお前が持っている物はギター……ふーむ、ギターを嗜んでいるのか」

梓「え、ええ。まぁ……」

クーガー「音楽はいい、人類が生み出した素敵で無敵な文化の一つ嫌いじゃないさむしろ好きだね
     こうみえて俺は文化に並々ならぬ興味関心を示している!
     その中でも音楽文化は人種を越えた繋がりを持ち心を一つにさせるのさーーッ」

クーガー「一人一人が異なったメロディ、音楽感を持っている。いいじゃねェか」フッ

梓「はぁ……(私、どうしたら?)」

梓「……」

クーガー「弾かないのか?」

梓「え!」

クーガー「せっかくそいつを手に持ってるんだ。鳴らしてみな」

梓「い、いいんですか」

クーガー「誰がダメなんて言ったんだー? それにここは軽音部の部室なんだろう。好きに弾けばいいさ。さ、俺のことは気にしないで」

梓(気にするなってのはちょっと無理かな……)

梓「じゃあ遠慮せずに……」

梓(たまには速弾きの練習でもしてみようかな。よしっ)

ピロピロピロピロピロッ

クーガー「!」

梓「イマイチかなぁ」

クーガー「おぉ、エークセレント」パチパチパチ

梓「え?」

クーガー「エークセレンッツ!」

梓「うわっ!?」

ガシッ

梓「ななな、なんですか!?」

クーガー「お前の演奏は俺の心を震えさせた!」

クーガー「ああァ……!」

梓(はやく先輩たち来て~!)



ガチャリ

唯「あずにゃんごめーん! 遅れちゃった……」

唯「あ! クーガーくんだ!」

澪「え!?」

クーガー「おぉ、ゆりにみほ!」

澪(ま、また名前違う! ていうか私も!?)

唯「唯だよー」

クーガー「はっはっはっ!」

紬「でもどうしてここに?」

クーガー「文化の神髄を見つけ出そうとしている俺としては、音楽は大切なものだと思ってな」

律「だから軽音部? なんじゃそりゃ……」

クーガー「まぁー、細かいことは気にするなよ」

梓「え、えっと……皆さんのお知り合いなんですか?」

クーガー「ふっ、マヴダチってところか……ッ」

律「うっぜー!」



紬「とりあえずお茶にしよっか」

唯「お願いー」

クーガー「茶?」

澪「私たちはいつもここでムギが出してくれるお茶を飲んでるんだ。……その分練習の量が少なくてこm」

クーガー「俺の分もついでに頼めるか」

紬「喜んで~」

澪「って、えぇー!?」

クーガー「なに驚いてんだ、みほ」

澪「い、いや! どう考えてもおかしいだろっ」

唯「もしかしてクーガーくん、入部希望!?」

「!」

律「そ、そうなのか……?」

クーガー「いいや!」

クーガー「ただの客ってところだ」ニコニコ

「……」

律「ここは喫茶店じゃないんだぞー!」

梓「いつもお茶飲んでお菓子食べての繰り返しのくせに……」

律「あー! 中野文句あっかー!」

澪「後輩に当たるなっ」ゴンッ

律「いちゃいっ!」

紬「お茶淹れたわよ~。今日はシュークリームを持ってきてみたの」

唯「わぁーい! シュークリーム、シュークリーム~♪」

澪「ゆ、唯……」

クーガー「ハッハハハハハッ!!」

クーガー「ユルいなッ!」

唯「いえいえ~」

梓「たぶん褒められてませんよ」

唯「えー!」

クーガー「いや! そうでもねェさ」

クーガー「この空気がこの軽音部の持ち味にして、特徴!」

クーガー「ここで俺が空気を読まずに速さが足りてないとかスっとろいとか言うとする違うねああ違う
     お前らはこれでいい軽音部いやぁ放課後ティータイム?これでいいんだよこれでさァーー」

律「……」

律「あんた、私たちのこと知ってたの?」

クーガー「さて、どうかな……ッ!」ニヤリ

唯「これ美味しいねぇ」

梓「あ、ほんと」

紬「気にいってくれてよかった~」

律「少しは緊張感持ってよ!!」

唯「へ、なんで?」

律「なんでって……」

澪「律、とりあえず座ろうよ。ほら、クーガーくんも」

クーガー「ああ、みほ!」

澪「みおですっ!」





紬「今日はせっかくクーガーくんが来てくれたのに演奏聞かせてあげられなかったね」

律「なんで聞かせなきゃいけないんだよ!」

澪「まぁ、いいじゃないか」

唯「明日聞かせてあげようよ~! お祝いってことで!」

梓「お祝い?」

澪「ああ、転校してきたばかりだからな」

唯「私たちとの出会いにお祝い!」

律「えー、いいよー」

紬「そんなこと言わないで、りっちゃんもやろう? ね?」

律「ムギがそう言うなら……」

梓「ところであの人いつのまにどこか行っちゃったんですか?」

澪「あ、あれ? そういえば……」

律「さすがに気づけよ。どうせ『速く』帰ったんだろー。あいつのことだし」

唯「じゃあ私たちも早く帰ろっか~!」タタタタタ…

梓「ちょ、唯先輩! 急に走ったら……」



ブゥゥーーーン

唯「え?」

律「トラックっ!!」

紬「唯ちゃん危ないっ」

唯「あ――――」

キキィーッッッ!


「衝撃のファーストブリットォーーッ!!」


ドカアアアァァァアアアンンッッッ!!


シュ~…


唯「あ、あれれ?」

クーガー「死に急ぐにはまだ早いな。ゆり!」

唯「クーガーくん!」

梓「と、トラックが……ふっ飛んだ……」

澪「あ……あ……」ペタン



澪「よかった、唯が轢かれなくてよかったよぉ……」ポロポロ

紬「ほんとに……ああ……」

唯「それもこれもクーガーくんのおかげだよぉ~!」

クーガー「バカやろうがっ!!」

唯「うわっ」

クーガー「速さには危険が付き物だ! 気をつけろ!」

唯「ご、ごめんなさい……」

クーガー「わかりゃーいい」ポンポン

唯「えへへ……」

律「おい! ていうかさっきのアレなんだよ!? 衝撃のなんたらーって……」

クーガー「……知りたいか?」

律「うっ……」

クーガー「ハハハハハッ! 世の中にゃ、知らなくていいこともあるさ!」

律(な、何者なんだよマジで……!)



3