秀輝「どうした夏目・・・。やけに疲れているけど」

夏目「いや・・・。なんでも」グッタリ

秀輝「・・・」

レイコ「・・・」ウズウズ

夏目「秀輝はこれから出かけるのか?」

秀輝「あぁ、軽音部の護衛をね」

夏目「護衛か・・・。偉いな」

秀輝「担任の先生と車掌さんも一緒に行くから、俺は必要ないかもしれないけどな」

夏目「担任?」

秀輝「軽音部の顧問だって。ここから乗るらしい」

夏目「へぇ・・・」

レイコ「おい、そこの低級」

低級「ひっ、人の子!」

スタコラサッサ

レイコ「待て!」

タッタッタ

夏目「せ、先生! 待てって!」

タッタッタ

秀輝「・・・」

唯「秀輝くーん! 行くよー」

さわ子「この子たちの護衛を引き受けてくれたのよね、悪いわね」

秀輝「いえ・・・」

美弥「おまたせしました」

紬「では、行きましょー!」

唯「おー!」

レイコ「どこで酒が飲めるんだ! さぁ、言え!」

低級「ヒィッ」ガクガクブルブル

夏目「先生・・・怯えているじゃないか・・・」

レイコ「・・・さぁ!」

低級「ヒトコワイ」ブルブル

レイコ「なら」

どろん

先生「これでどうだ?」

低級「ブタネコ!?」

先生「かっちーん」

どろん

斑「グルルルァ・・・」

低級「フゥ」バタン

斑「高貴な私を馬鹿にするからこうなる」

夏目「目的を失ったぞ」

斑「しまった・・・!」

低級「」

夏目「気絶してしまったじゃないか・・・。よいしょ」

斑「どうするつもりだ」

夏目「ここじゃかわいそうだから移動させるんだよ」

斑「・・・」

夏目「ここでいいかな」スッ

低級「」スヤスヤ

夏目「どうする先生?」

斑「他の妖を探してみるか」

夏目「それなら、駅前を歩いてみよう・・・」

――・・・

妖「ひぃっ」

シュウウウウ

斑「待て・・・ッ」

夏目「逃げられたな」

斑「ググヌ・・・」ピキピキ

夏目「これで9回目・・・。今日はもう諦めよう先生」

斑「電車の中で窮屈していたんだぞ・・・諦めきれるか・・・」イライラ

夏目「・・・ふぅ」

斑「オイコラァッ!」

妖B「!」ビクッ

シュッ

斑「待てぇッ!!」

ボフッ

夏目「待て! 先生!! 帰って来れるのか!?」

夏目(行ってしまった・・・)

紬「・・・」

夏目「!」ギクッ

紬「今・・・」

夏目「せ、先生が走って行ってしまって」アセアセ

紬「・・・はぁ、そうですか」

夏目「・・・」

みらい「あ・・・」

唯「あ、貴志くんだ」

澪「夏目もどこか行ってたのか?」

夏目「いえ・・・。駅前をウロウロしていただけです」

唯「それなら一緒に片町を歩けばよかったね~」

和「楽しかったわ」

唯「和ちゃんが楽しんでくれてよかったよ!」

夏目「・・・」

秀輝「あれ、夏目は一緒じゃないのか?」

夏目「誰と?」

秀輝「いつも一緒にいるだろ」

紬「・・・お姉さんと」ジー

夏目「い、今走ってどこかへ行ってしまった」

紬「こんな時間に一人で大丈夫ですか?」

夏目「はい」

和「キッパリ言ったわね」

澪「・・・あの人は誰なんだ? 先生と呼んでいたけど」

夏目「えと・・・」

紬「・・・?」

唯「誰のこと~?」

みらい「お姉さんですよね、夏目さんの」

澪「・・・そうか」

秀輝「・・・」

唯「わたしまだ会った事ないよ~」

澪「じきに会えるよ」

夏目「・・・」

紬「そうだ、展望車でティータイムにしましょう」

和「ゆっくりと休みましょうか」

唯「賛成!」

みらい「すいません、私はこれで失礼します」

唯「えぇー」

和「仕方ないわよ、唯」

唯「・・・うん」

みらい「とても楽しかったです。秀輝さんもありがとうございました」ペコリ

秀輝「ううん。気にしないで」

みらい「それでは明日・・・。おやすみなさい」

唯「おやすみ~」

紬「また、明日ね~」

夏目(先生追いかけたほうがいいかな・・・でも・・・)

澪「夏目も大村さんもどうですか?」

夏目「おれは遠慮します。すいません」

秀輝「俺も、ありがとう」

澪「うん、分かった」

唯「今日も一日が終っちゃったね~」

紬「ほんと、早いわね~」

和「あっという間だったわね・・・。あ、夏目くん」

夏目「?」

和「私、ここで降りるから、元気でね」

夏目「はい・・・」

和「それじゃ」

スタスタ

夏目「帰るってこと・・・?」

秀輝「真鍋さんが降りて、山中さんが乗った。そういう訳だよ」

夏目「・・・」

秀輝「真鍋さんの要望で片町を歩いていたんだ。車掌さんと山中さんは食事をとりに行ったけどな」

夏目「・・・そうか」

秀輝「・・・」

夏目「秀輝は戻らないのか?」

秀輝「うん。夏目のお姉さんを探しに行くの手伝おうかと思ってた」

夏目「!」

秀輝「変なのうろついていたから、お姉さんも絡まれてるんじゃないかと一応心配しているんだけど」

夏目「・・・」

秀輝「行かないのか?」

夏目(先生が妖の姿では秀輝は確認できない・・・。だけど秀輝の厚意を断りたくないな・・・)

秀輝「夏目?」

夏目「ありがとう、秀輝。だけど・・・」

秀輝「・・・」

夏目「一人で行くよ。秀輝は先に戻っていてくれ」

秀輝「夏目」

夏目「・・・」

秀輝「この時間に姉が一人で外を歩いているんだ。どうしてそう安心しきっているんだ?」

夏目「!」

秀輝「さっきだって、秋山さんに姉だと紹介しなかったよな」

夏目「それは・・・」

秀輝「・・・」

夏目「・・・っ」

秀輝「すまん。そんな顔をさせるつもりはなかったんだ」

夏目「・・・」

秀輝「じゃ、俺あっち探してくるわ」

夏目「秀輝!」

秀輝「大丈夫だって、こう見えても空手やってるからさ」

夏目「・・・」

秀輝「さっきだって、みらいちゃんを守ったんだぜ? ・・・俺が原因みたいなところあるけど」

夏目「迷惑かけて・・・すまない」

秀輝「迷惑じゃないって、お姉さんが心配だろ。万が一があったら逃げるさ。逃げ足すごいんだぜ俺」

夏目「そうか・・・。ありがとう」

秀輝「いいって、時間になったら勝手に帰るから心配するなよ~」

スタスタ

夏目「ちゃんと言えなくて・・・ごめん・・・」

――・・・ 一時間後

夏目(先生はちゃんと戻れたのかな・・・)

夏目「・・・あ、いた」

レイコ「お・・・夏目か」

美弥「あら、貴志さん」

さわ子「あなたが夏目くんね?」

夏目「どうして一緒に!?」

美弥「うふふ、山中さんと屋台でお喋りしている所をレイコさんが通りがかったんですよ」

レイコ「うむ」

夏目「え・・・お酒の匂いが・・・」

さわ子「一杯だけよ?」

夏目「その格好で飲んだのか先生!?」

レイコ「悪いか」

夏目「ダメだって言っただろ!」

美弥「あら?」

さわ子「制服はコスプレじゃないの?」

夏目「え・・・」

レイコ「とりあえず頷いたら酒をご馳走してくれたぞ。いい奴らだ」

美弥「うふふ~」

さわ子「ふふ~」

夏目「」サラサラサラ

レイコ「これくらいで酔うとは情けない」

美弥「知ってますか? お酒は百薬の超電磁ロボなんですよ?」

さわ子「知ってたわよ~」

夏目「」

レイコ「一杯じゃなくて一升瓶空けたんだぞって、聞いてるのか夏目」

秀輝「あ、いた」

さわ子「あら、腕大丈夫?」

秀輝「なんですか、いきなり・・・って、酔ってます・・・?」

美弥「さっき叩かれた腕は怪我してませんか?」

秀輝「うわっ! 車掌さんまで! 頬がほんのり赤くて素敵だ!」

夏目「・・・はっ」

レイコ「それじゃ、私はあっち行ってくるからな」

夏目「ダメだっ先生!」ガシッ

レイコ「い、いやだ!」

夏目「先生も少し酔ってるじゃないか!」

レイコ「コイツら二人がどんどん注いでくれるから」

夏目「二度とその格好で屋台に入るなよな」ギロ

レイコ「検討しよう」

夏目「・・・ハァ」



―――――ビジネスホテル


秀輝「ベルガールさん」

ベルガ「はい、なんでしょう」

秀輝「この方、山中さんなんですけど」

ベルガ「はい・・・?」

秀輝「ここのホテルに泊まっているのですが、部屋へ案内してくれますか?」

ベルガ「少々お待ちくださいませ」

テッテッテ

さわ子「むぎちゃんたち、北海道から楽しそうに旅をしてきたみたいよ~?」

夏目「そ、そうですか・・・よかったですね・・・」

さわ子「うふふ」

レイコ「暑い」パタパタ

美弥「暑いですね~」パタパタ

秀輝「お水です。二人ともどうぞ」

レイコ「気が利くな」

美弥「ありがとうございます」

レイコ美弥「「 ごくごく 」」

さわ子「むぎちゃんが乗車券を当ててね~」

夏目「そうですか・・・すごい運の持ち主ですね」

ベルガ「山中さわ子様ですね?」

秀輝「そうです」

ベルガ「お待たせしました。こちらへどうぞ」

さわ子「それじゃ、また明日ね~」フリフリ

美弥「おやすみなさいませ」

レイコ「また明日飲みに行こうな」

秀輝「・・・ふぅ」

夏目「ヴェガに戻るか・・・」

美弥「貴志くん」

夏目「なんですか、塔子さん」

秀輝「え?」

夏目「――ッ!?」

美弥「うふふ~、間違えられちゃった♪」

レイコ「声質が塔子と同じだから間違えるのも無理は無い・・・」ヒック



―――――ヴェガ


美弥「・・・」

秀輝「車掌さん?」

美弥「・・・はい」

夏目「酔いが冷めてきました・・・?」

美弥「・・・・・・・・・はい」

レイコ「丁度いい、もう一度屋台へ繰り出そう」

夏目「ダメだぞ先生」

レイコ「・・・ちっ」

秀輝「・・・」

「おう、戻ったか」

秀輝「あ、料理長」

夏目「この人が・・・」

レイコ「あの料理を作ったコックなのか」

美弥「・・・」

コック「珍しいな、美弥が羽目を外すなんて」

美弥「申し訳ありません」

コック「いいさ、部屋に戻って寝ろ。今日は俺に任せとけ」

秀輝「・・・渋い」ビリビリ

美弥「みなさん、ご迷惑をおかけしました」

夏目(あんなに楽しそうだったのに・・・すごく落ち込んでる・・・)

秀輝「車掌さん・・・」

コック「・・・」

美弥「それでは、失礼します」

レイコ「おい」

美弥「?」

レイコ「また飲みに行くぞ」

美弥「・・・ありがとうございます」ペコリ

スタスタ

秀輝「・・・車掌さん気にしないといいけど」

コック「車掌の仕事も色々と気苦労が絶えないからな・・・。他言無用で頼むぞ」

秀輝「はい」

夏目「・・・」

レイコ「どうして礼を言われたんだ?」

夏目「・・・先生が気を使ったと受け取ったんだよ」

レイコ「・・・。行くぞ、夏目」

夏目「あぁ・・・。それじゃ、おやすみなさい」

秀輝「おやすみ」

コック「おつかれ」

先生「ぷー、ぷー」

夏目「こっちで寝るんだな、先生・・・」

先生「ぷー、ぷー、ぷー」

夏目(大変だったな・・・。これがあと7日続くのか・・・)

先生「ぷー、ぷー」

夏目「先が思いやられるな・・・」




1日目終了--------




7