いつもと変わらない朝

ただひとつだけ、いつもとは違う朝

この世界に平沢唯は、いない

紬「ん・・・」

琴吹紬は目を覚ます

毎日浴びていたはずの朝日がとても懐かしいものに思えた

紬「よく寝たわ~」

彼女はこの世界に戻ってきた

平沢唯のいない世界に

紬「さて、学校に行く準備しなくっちゃ」

琴吹紬はいつもと変わらぬ日常に戻っていく

なつかしい放課後に

平沢唯のいない放課後に


――――

憂「それじゃ行ってきまーす」

憂「って誰もいないんだけどね」

憂「お父さんもお母さんも居ないとさびしいな、やっぱり」

憂「一人っ子だから余計にね・・・」

平沢憂の一日は始まる

マンボウが向かい合った柄のマフラーを巻いて、誰もいない家をあとにする

平沢唯のいない世界で、彼女は今日も歩き出す

憂「あったかいな~・・・このマフラー・・・」

憂「・・・」

紬「おはよう、みんな」

澪「おはよ、ムギ」

律「今日のお菓子はなんだろな」

澪「練習するんだ練習!」

紬「今日はマドレーヌよ~」

律「やったー!澪は練習するらしいからあたし2個ね!」

澪「私も食べる!」

紬「あらあら」

和「ほらそろそろ先生来るわよ」

澪律紬「は~い」

さわ子「はいそれじゃHRを始めまーす」

憂「おはよう」

梓「おはよ憂」

純「今日も寒いね~」

憂「うん、でもマフラーあったかいから」

梓「そのマフラーかわいいよね」

純「でも憂が買いそうな柄じゃないよね、そのマフラー」

憂「そんなことないよ~これ気にいってるんだよ?」

憂「・・・」

憂「うん、このマフラー気にいってるんだ」

梓「?」

純(なんで2回言ったの?)

紬「じゃあまたね」

澪「またな」

律「また明日!」

梓「失礼します」

平沢唯は消えた全員を元に戻した

自分以外は全員居る世界

皆が楽しく暮らせるならそれでいい

自分のいない世界でも皆が幸せなら自分も幸せ

そう思い彼女はこの世界から消えた

願わくば、誰も自分の事で悲しまないで欲しいと思いながら

最後にこの世界の全員を愛おしいと思いながら

最愛の妹を想いながら

平沢唯は、消えた

憂「じゃあね」

純「うん!それじゃ」


しかし平沢唯はあの夢を終わらせた訳ではない

世界は戻ってもあの夢は消えなかった

消えなかった夢はどうなるのか

どこから来てどこへ行くのか

そもそもあの夢はなんだったのか

平沢唯はそのことを知らないまま、世界から消えた



澪の自宅

澪「ふわあ・・・そろそろ寝ようかな」

澪「・・・」

澪「・・・」スヤスヤ

澪「・・・」

澪「・・・?」

澪「ここどこ?」

気がつくと私は真っ白な空間に一人でいた


唯「究極の選択!」
ほんとにおしまい