1  2  3  4  5  6  7  あとがき

2011/3/29 参考:『あゝ野麦峠 ある製糸工女哀史』
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1301393995


名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
  • 「ごはんはおかず」は脱帽ものだった!少し歌詞を変えるだけで、こんなにも哀愁漂うものになるとは… -- (名無しさん) 2013-11-26 19:49:00
  • 非常に非常に良かった。

    こういう歴史を後世にもきちんと橋渡しすることが大事だと痛感した。

    作者さん乙でした。 -- (名無しさん) 2012-05-24 16:32:04
  • よんでよかった。
    こういうのもいいな。
    読みにくいってひともいるだろうが、最後まで読めばいいたいことはわかるだろうから読んでほしい。 -- (名無しさん) 2012-01-02 01:14:44
  • 思わず泣いた。
    -- (名無しさん) 2011-12-15 23:09:27
  • 原作読みたくなるなー
    かずにゃんが居ても気にならないくらい完成度が高かった -- (名無しさん) 2011-12-15 12:07:30
  • パロディかオマージュか -- (名無しさん) 2011-12-15 01:54:04
  • なるほど……製糸資本家ムギちゃんの「紬」の名は伊達じゃなかったんだな。
    冬休みに原作も読んでみるか。 -- (名無しさん) 2011-12-15 01:30:01