ヒイロ「クッ! 通常空間に戻ったか」

ギュオン

ゼクス「とどめだ! もらったぞ!! 墜ちろヒイロ!!」

ヒイロ「ゼクス!」

ゼクス「・・・! なんだ!急に動きが」

ヒイロ「俺はもう・・・迷わない!」

ゼクス「ふはは! なら再び教えてやろう! けいおん二期の第二話は整頓という話でな!」

ゼクス「部室の倉庫を彼女たちは整理整頓」

ヒイロ「しっている」

ゼクス「なに!」

ヒイロ「俺は・・・! 全て知っている!」

ゼクス「どういうことだ・・・・くっ、ならばもはや容赦せん! ヒイロー!」


ヒイロ「お前とトレーズは同じだ。弱いものを守るために大儀を振りかざす!」

ヒイロ「しかし、それは決して、弱いものを助けることにはならない!」.


ゼクス「弱者を作りだすのは強者だ」

ゼクス「地球という強者の存在が、コロニーという弱者を作り、追い詰めていったのだ!」


ヒイロ「・・・俺は弱いやつが嫌いだった。奴らはいつ自分が攻撃されるのかとたえずオドオドしていた」

ヒイロ「誰も信じることが出来ず、いいたいことは何一つ言えない・・・そんな奴らを俺は許せない」.


ゼクス「強者が、そうさせるのだ!」.


ヒイロ「ゼクス!強者など何処にもいない!人類全てが弱者なんだ!」

ゼクス「!」

ヒイロ「俺もお前も、弱者なんだ!」.

ゼクス「なにぃ!? ヒイロ・・・貴様・・・」

ヒイロ「あずにゃんが教えてくれた」 

ブッピガン!


ゼクス「・・・・あずにゃんに、会ったのか・・・」

ヒイロ「あぁ」

ゼクス「そうか・・・・私の負けだな。殺せ」

ヒイロ「ゼクス・マーキスは死んだ。俺が殺した」

ゼクス「情けをかけるのか」

ヒイロ「リリーナが悲しむ。それに・・・」

ゼクス「・・・」

ヒイロ「お前も見届ける義務があるはずだ」

ゼクス「この世界の行く末をか・・・」

ヒイロ「違う・・・」

ヒイロ「けいおんの劇場版だ!!」

ゼクス「ッ!! だが・・・リーブラはもはやとまらん!!」

ヒイロ「俺はこのままゼロでリーブラの核を破壊する」

ゼクス「ヒイロ・・・!」




宇宙要塞リーブラ‐核部‐


ヒイロ「マシンキャノン残弾0確認。ビームサーベル、エネルギー0」

ヒイロ「これを破壊するために残された手段は・・・自爆装置か」

ヒイロ「・・・」

ヒイロ「さよなら・・・アズーニャ」

ガコン

ゼクス「完全平和のために必要なものが、もう一つあった!」

ゼクス「人を思いやり、理解してやる強い心だ。お前のような・・・」

ゼクス「お前は純粋すぎる、そして優しすぎる。しかし、そうでなければ生きる資格がないということか・・・」.


ゼクス「ならば私は! どこまでも生き抜いてみせる!」

              ペロリスト 
ゼクス「誰よりも厳しく、戦士としてな! また会おう、ヒイロ!」

ザシュンッ!





                                   ´
                               ´.
                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                    \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'            ゼクス              ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /             ↓             ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;
  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙             (^ω^)             ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙|lii|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´`゙
                         ´゙゙´`゙``´゙`゙´``´゙`゙゙´´






カトル「ヒイロ聞こえますか!」

ヒイロ「まだ破片が・・・!」

カトル「はい! 残されたリーブラの破片がこのコースだと大気圏に突入します」

ヒイロ「・・・くっ」

五飛「受け取れ、忘れ物だ」ポイッ

ヒイロ「・・・バスターライフル」

ヒイロ「任務、了解!」

デュオ「あいつ! 大気圏に飛び込む気か!?」

カトル「ヒイロ・・・」

トロワ「・・・頼むぞヒイロ。地球がなくなると・・・劇場版が」



ゴオオオオ 

ヒイロ「・・・・大気圏に突入。ターゲットロック・・・・」

ヒイロ(あずにゃん・・・リリーナ・・・)

ヒイロ「俺は・・・・!」

ヒイロ「俺は・・・・! 俺は・・・・・・・!!」


梓『唯先輩! がんばってください!』


ヒイロ「俺は・・・・! 死なない・・・・!!」







                                                   : 丿  \ \.
                                                 ,_ ゛''=;- .,_\  \\
                                             ---__=___゛‐ニ‐- ゛`゛'-' \゙i
      ,  ,r'`w-''´゙i    O /`゛√,  ,r'`w-''´゙i       /`゛√,  ,r'`w-''´゙i   _-__-____    J゙i:
       ゙̄i ̄ ̄ ̄"´ ̄ ̄ ッ  ̄ ̄○ ゙̄i ̄ ̄ ̄"´ ̄ ̄ ̄ ッo ̄ ̄ ̄ ゙̄i ̄0 ̄ ̄:            ′゙i,.
  ...........。... 〈................................〉..0.............................. 〈..............................〉.......o...........○__ ;                 ″:::i ;
(^ω^) .........\......................./................................\............................./...............................\................_ _             :^::!.
 ↑     0 `゙i,    、i'´゙ O       o `゙i,     、i'´゙ ○      ゚ O`゙i,   _ _            :^::!.
, ヒイロ_    ゙i○          _ ッ     ゙i O        ,  _ ッ o  __-_            : :: ::i
      ̄ '' ッ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄i,r'´ ̄ ̄ ゚ ̄'' ッ  ̄ ゙̄i_ッ ̄ ̄\,_、,r'´ ̄ ̄ ̄__三          ッ  ,r'
                                 !、 ̄/         /-;-.,_ ゛''=;- .,/  ://ッ
                          ,.' .・ '′ソ_/______ッ_- ゛`゛'-''i| ::  /| / .
                  ;"・.。′°+゜ ; フニ二ブi ̄ ̄      ̄ ̄フメへッ─゛''=;- ., :: , ' ─ )











                       | |
                         |  |      /
                           |  |     /i
                       |   |   /  /
                          l  l  /  /
          `丶、 、          }  {. /  /
              `ヽ、` 、     .、 !  V ./
                     `丶.、`丶、_,ヾ    "',,
                   ` ヽ       `--―¬ ̄`¬― _ --―
      ―‐=ニニニ二二二二二ニ゙       、――---- ‐ ´ ̄
                    ´"' ;,    、ヾ``、`丶、
         ビューン         / ∧.  i     `丶、` 、
          (^ω^)三      /  / l   l        ` 丶、
                    /  /  |   |
                    l ノ   |  |
                   /´    l  l
                         | |
                          |








デュオ「・・・・・来た! やったなヒイロ!」.

五飛「フン、当然だ」

トロワ「フ・・・たいした男だ」

カトル「今わかりました。宇宙の心は、彼だったんですね」

ヒイロ「・・・任務、完了・・・・!」



トロワ「・・・ヒイロ」

ヒイロ「・・・」

トロワ「迷いを断ち切れたか」

ヒイロ「あずにゃんが俺におしえてくれた」

カトル「ゼロじゃなくて?」

ヒイロ「あぁ」

デュオ「こんにゃろさんざん心配かけやがって」

五飛「帰るぞ。俺たちは続きを見なくてはならん」

トロワ「そうだな」

ヒイロ「・・・それが次の任務か、ふっ」

デュオ「ヒイロが冗談いうようになるとは。どんな心境の変化だよ」

五飛「戦士は戦いの中で成長するものだ」

トロワ「そして彼女たちもな。彼女たちは音楽という世界の中で日々切磋琢磨し」

デュオ「うるせーよ。わかったから。見りゃあいいんだろ」

カトル「デュオだって楽しみだったんでしょ!」



デュオ「これでようやく平和になれんのかねー?」

トロワ「いや、戦いは始まったばかりだ」

デュオ「あ? まぁ・・・ある意味俺達の場合そうかもな」

トロワ「劇場版の前売り券の特典を入手するために地球におりなくてはならない」

トロワ「それ以外にも各企業のタイアップ商品が目白押しだ」

ヒイロ「激しい戦いになる」

カトル「お金なら心配しなくていいですよ」

五飛「ふん、手始めにデコ女のグッズを買い占めてやるか」

五飛「力のない者は手に入れることすら叶わんことを教えてやらねばな」

デュオ「まさかグッズ争奪でドンパチは勘弁してくれよな・・・」

ヒイロ「・・・大丈夫だ」

ヒイロ「ピースミリオンに機体を収容した後、すぐに地球に降りる」

トロワ「賛成だ」

五飛「ふっ」

デュオ「はぁ? ちょっと休憩しようぜ」

カトル「なにを言ってるんですかデュオ!!」

デュオ「DVDなんてすぐさま入手しなくても別に腐らねーよ。だいたいお前が壊したせいでだな」

ヒイロ「あずにゃんはいつまでも笑顔で待っていてくれるが、俺はあずにゃんを待たせたくない」

ヒイロ「それだけだ・・・」

デュオ「・・・・はいはい。ゾッコンってやつね」



ヒイロ「ターゲットロック・・・けいおん及びけいおん関連商品」

ヒイロ「任務開始!」



おわり