強盗「金を袋につめろ! 急げ!」

銀行員「は、はい・・・」

強盗「警察呼ぶんじゃねーぞ」

強盗「こっちには人質がたんまりいるんだからよぉ」

梓「・・・こ、こわい」ブルブル

ヒイロ「・・・」

強盗「てめぇらマジで動くなよ」

強盗「そうだ、そこの女。こっちへ来い」

ヒイロ「私か」

強盗「は? てめぇじゃねーよ隣のチビだ」

梓「え・・・」

ヒイロ「私では問題ありますか。この子は足が悪い」

梓(唯先輩・・・?)

強盗「・・・チッ。じゃあてめぇでいいからさっさと来い」

ヒイロ「・・・」ツカツカ


梓「唯先輩・・・」

ヒイロ「安心しろ・・・俺の命なんて安いものだ」

梓「え・・・」


ツカツカ


強盗「そうだそうだ。そのままこっちに来て俺の隣に立って金を袋につめろ」

強盗「ていうかお前本当に女か? 顔が濃いんだよ」

ヒイロ「女だ」

強盗「まぁいい。早くしろ」

ヒイロ「その前に、一つ聞いておきたいことがある」

強盗「はぁ?」

ヒイロ「なぜこんなことをする」

強盗「強盗だからだよ」

ヒイロ「罪のない人間をなぜ巻き込む」

強盗「強盗だからだよ! ぶっぱなされたくなけりゃ早く言ったとおりにしやがれ」

ヒイロ「この世界にも・・・身勝手な人間がいる」

強盗「いいんだよ! 俺は拳銃もってんだぞ! つええんだよ糞アマ」

ヒイロ「俺の望む世界に強者など必要ない。いや、そもそもいやしない」

ヒイロ「弱者を虐げることが強者である証明ならば・・・俺は・・・」

強盗「ごちゃごちゃうっせーんだよ!」

ヒイロ「ゼクス・・・お前のしようとしていることは、こいつと変わりはしない・・・」

ヒイロ「トレーズわかっているのか。お前たちの都合で不幸になる人達がいることを・・・」



強盗「くたばれや!」チャキッ

ヒイロ「他人に銃をむけるときはセイフティーは外しておけ」


ベキッ


強盗「おがっあがぁあっひぅ」

ヒイロ「もらっておくぞ」

強盗「ひ・・・や、やめろ・・・撃つな・・・やめてくれ」

ヒイロ「障害は・・・取り除く」カチャリ


梓「やめてください!」

ヒイロ「!」


梓「撃っちゃダメです・・・」

ヒイロ「あずにゃん」

梓「撃っちゃダメ・・・唯先輩はそんなことする人じゃないです」

ヒイロ「・・・」

梓「・・・」フルフル

強盗「ゆ、ゆるしてくれぇ・・・」

ヒイロ「だが・・・俺は・・・」

梓「無事なら、それでいいじゃないですか・・・」

梓「誰も傷つかずにすんだんですから・・・ね?」

ヒイロ「そうか・・・俺は・・・」


警察「「突入ー!!」」




ヒイロ「・・・・」

梓「唯先ぱーい!!」タッタッッタ

ヒイロ「・・・・」

梓「よかったです! びっくりしたんですよ!!」

梓「急にいつもみたいな変なこといいだし強盗挑発して・・・もうっ」

ヒイロ「・・・・すまない」

梓「怖かったです・・・」

ヒイロ「心配をかけた。だが俺は幼い頃から(ry」

梓「うえええん唯先ぱーい」ガバッ


スカッ


梓「えっ!?」ドデン

ヒイロ「・・・・時間か」

梓「す、透け・・・!? ひぇ!?」

ヒイロ「ゼロ・・・俺はようやく理解した。お前が俺をここへ連れてきた本当の意味」

梓「唯先輩・・・?」

ヒイロ「俺は戦いの中でしか何も学ばなかった」

ヒイロ「いつも兵士としてどこかに身を置き、戦うことだけに持てるすべての時間を費やしてきた」

ヒイロ「そんな血にまみれた俺が、真の平和を望むことなんておこがましかったんだ」

ヒイロ「俺は薄々感じていた。ホワイトファングを止めた先に真の平和はあるのかと」

ヒイロ「ゼクスの言うように、全ての兵器を排除し、戦う意思を取り除くために人類を一度粛清する必要があるのではないかと」

ヒイロ「だが・・・それは違う」

梓「あ、あの・・・」

ヒイロ「あずにゃん・・・聞いてくれ」

梓「!」

ヒイロ「俺は戦いに戻る」

梓「た、たたかい!? もどるって!?」

ヒイロ「ゼクスを殺す。トレーズも殺す。リーブラは地球に落とさせない」

ヒイロ「そうしなければあずにゃんのような罪のない人々がたくさん死ぬことになる」

ヒイロ「それが奴のとなえる完全平和への道だというのなら。俺は否定する」


梓「唯先輩・・・あはは、またわけの分からないことを言って・・・」

ヒイロ「あずにゃん。いままで世話になったな」

梓「・・・・」

ヒイロ「いや、お前はゼロの見せた幻。どうやら毒されすぎたようだ」

梓「・・・・」

ヒイロ「だが、ありがとうと言っておく」

梓「!」

ヒイロ「俺はようやく、真の平和と、戦うための意味を見出すことができた」

ヒイロ「あずにゃん達が教えてくれた」

梓「そ、そんな・・・私なにもしていません」

ヒイロ「そうだ。お前たちのような子供がなにもしなくていい世界を、リリーナは望んでいたんだ」

ヒイロ「ゼロ、これで満足か」

ヒイロ「ゼクス・・・いま戻る・・・決着をつけるぞ」

梓「い、いかないで・・・」

ヒイロ「さよなら。あずにゃん――――――


9