翌日


ヒイロ「・・・」

澪「やぁおはよう」

ヒイロ「あぁ」

憂「お姉ちゃん昨日から変なんです」

律「唯が変なのはいつものことだけださ」

ヒイロ「お前は・・・田井中律」

律「? おはよ」

ヒイロ(五飛・・・お前たちはいまごろ戦っているのか?)

ヒイロ(ゼクス・・・いまどうなっている)

ヒイロ(俺はこんなことをしている場合ではないんだ・・・・)

律「ふーん・・・」ジロジロ

ヒイロ「・・・」

律「なーんか雰囲気かわったなぁ」



ヒイロ「・・・」

紬「おはよう~」

律「お、ムギも来たか」

紬「どうしたの? 廊下で立ち話?」

ヒイロ(こいつは・・・琴吹紬!)

ヒイロ(カトルの言っていたとおりかなり上流階級の人間らしい)

ヒイロ(だがリリーナのような気高さは感じない)

ヒイロ(所詮一資産家の娘といったところか)

紬「わたしの顔になにかついてる?」

ヒイロ「いや・・・おはよう」

紬「おはよう♪」

憂「それじゃあみなさん。お姉ちゃんをよろしくお願いします」

律「おう」

澪「お、梓だ。おーい」

ヒイロ「!!」



梓「あ、おはようございます!」

律「よ」

紬「おはよー梓ちゃん」

澪「ん? どうした唯。固まっちゃって」

ヒイロ「?」

律「いやー今日は抱きつかないのかなーって」

ヒイロ「・・・・!」

梓「・・・え゛!?」

ヒイロ(そうか、そうだったな。俺は平沢唯・・・たしか、あずにゃんに抱きつくことが使命)

ヒイロ「任務了解」

梓「えええ!? もーやめてくださいよ朝っぱらから」

ヒイロ「あずにゃん・・・」

ギュ


梓「怖い怖いこわいです!!」

ヒイロ「何」

梓「どうして真顔でせまってくるんですか」

ヒイロ「・・・俺にはこの顔しかできない」

梓「俺ってなんですか俺って」

ヒイロ「私はどうすればいい」

律「どうもこうも、普通にしろよいつもどおり。頭打ってどっか壊れたか?ははは」

澪「笑い事じゃないぞ・・・」

紬「唯ちゃん、とりあえず授業がはじまるわ。教室いきましょ」

ヒイロ「了解」

梓「離してくださいいいい」バッ

ヒイロ「・・・あずにゃん」

梓「絶対変です! からかってるんですか!?」

ヒイロ「・・・違う」




教室

一番後ろの席


ヒイロ「あずにゃんに嫌われてしまった可能性が高い」

ヒイロ「これでは任務に支障がでる」

ヒイロ「なんとかしなくては」

ヒイロ「女子高生らしいふるまいか・・・俺の記憶に残っている分ではあまり参考になりそうにないな」

ヒイロ「クッ、デュオかカトルが適任だったな」

ヒイロ「ゼロ、お前が何を望むかは知らないが、相手を間違えているぞ」

ヒイロ「第一俺は」

ブツブツブツブツ…


和「・・・」ゾッ

和(今日の唯絶対変・・・! なんだか気持ち悪いわ・・・)



さわ子「はい、平沢さん! ここの問題答えて!」

ヒイロ「・・・」スクッ

ヒイロ「わかりません」

さわ子「えー?」

和(唯・・・ちょっとこんなの高1の基礎じゃない・・・)


ヒイロ(・・・不可能だ)

ヒイロ(俺は・・・俺は・・・)

ヒイロ(ジュニアハイスクールまでしか通ってないからな・・・)


ヒイロ「すいません」

さわ子「あ、謝らなくてもいいのよ・・・・」

ヒイロ(この世界の教育はあまりにも高度すぎる)

ヒイロ(なぜいまは使われていない古語を習得しなければならないんだ・・・)

ヒイロ(まだまだ課題は多そうだな)




放課後


ヒイロ「なんとか乗り切ったか。任務は順調だ」

和「ねぇ唯。あなたどうしたの?」

ヒイロ「?」

和「すっごく簡単な問題がとけなかったとおもいきや」

和「英語はペラペラ! 数学は先生なんて相手にならないレベル! 体育はオリンピック選手も真っ青よ!?」

ヒイロ「・・・」

和「いつのまに勉強したの!?」

ヒイロ「俺は幼い頃から工作員として英才教育を仕込まれて育っている」

ヒイロ「この程度造作もない」

和「頭おかしくなったの?」

ヒイロ(またやってしまったか・・・)

和「大丈夫? いやすごいとは思うけど・・・なんだか唯らしくないわ」

ヒイロ「俺らしさ・・・か・・・」

和「・・・唯・・・?」

ヒイロ「ふっ・・・関係ない」


和(なに・・・この色気・・・)

和(これが本当に唯だっていうの!?)

和(凛々しい顔・・・この子こんな顔できたかしら)

和(心なしか眉もすこし目に近いような・・・)

和(か、かっこいい・・・・のかしら・・・。あらやだ私どうしちゃったんだろう)


和「唯・・・・」ポワー

和ちゃんビジョン: 参考画像



ヒイロ「けいおん部に行く。また会おう真鍋和」




7