・・・・・・


カトル「二年生になって新入部員を探しているんですね」

五飛「俺はいまだに仕組みがよくわからん」

デュオ「先輩になるってこった。な、ヒイロ?」

ヒイロ「・・・・あぁ」

デュオ「俺たちもリリーナ嬢の学校の世話になったときなんか部活やっときゃよかったなぁ?」

ヒイロ「あぁ」

デュオ「うなづくなよ」

カトル「ヒイロは学校が大好きなんだよね」

トロワ「静かにしろ・・・くるぞ・・・」

デュオ「?」


 梓『ここが・・・けいおん部』


ヒイロ「はっ!」


デュオ「お、やっぱこの子が新入部員か」

カトル「だと思ったよ」

五飛「ふんっ、俺には需要がない」

トロワ「彼女を加え、けいおん部は5人一丸となって数々の困難にたちむかっていく」

カルト「まるで僕達みたいだね!!」

デュオ「・・・そうかぁ?」

ヒイロ「・・・黙れ。まだ終わっていないぞ」


 律『確保ー♪』 Fin




トロワ「・・・どうだ」

五飛「俺にはあのデコ女がいれば十分だ」

カルト「田井中律ちゃん、だよ」

ヒイロ「続きは」

カトル「僕はムギちゃんが気に入りました。とっても上品で素晴らしい女性だとおもいます」

デュオ「カトルはいじめっこの姉がたくさんいるもんなぁ」

カトル「うん。そのせいかがさつな女性は少し苦手で」

五飛「貴様! 今何といった!! 田井中律を愚弄するなぁ!」

カトル「別に名指しで誰ががさつだなんていってないよ!!」

ヒイロ「続きは」

デュオ「俺は俄然澪ちゃんだなぁ。やっぱ巨乳のカワイコちゃんはサイコーだぜ」

カトル「なるほど。そういえば僕達はあまりこういう話したことがなかったね」

デュオ「あー、やーだやだ。いままで辛気臭ぇー顔で作戦会議しかしてねぇもんな」

トロワ「そうだ。だからこそいまの俺達にはこういう時間が貴重なんだ」

デュオ「若い男5人。猥談が本来の専売特許だよな」

トロワ「しかし安心した。こうも綺麗に別れてくれるとは思わなかったからな。ちなみに俺は」

ヒイロ「早く続きをつけろ」カチャリ

トロワ「・・・・」

デュオ「お、おちつけよ・・・・」

カトル「ヒイロ・・・銃をおろしてください・・・・」

トロワ「アニメの鑑賞にオートマ銃は不要だ」

ヒイロ「俺達には時間がない」

デュオ「わかったわかった! いますぐつけるから誤ってもトロワの頭ぶちぬくんじゃねーぞ」

五飛「ふん、くだらん茶番だ」

ヒイロ「五飛。お前はまだ気づいていない」

五飛「・・・何?」

ヒイロ「この、中野梓のポテンシャルにな・・・・」

トロワ「・・・さすがに鋭いな」

デュオ「とりあえずつけるぜぇ」


ポチッ

ヒイロ「・・・・」

トロワ「とりあえず、ソレを降ろしてくれないか。これでは俺は気が休まらない」

ヒイロ「・・・・了解」スチャッ

デュオ「ったくよー。これだから血生臭ぇーやつは」

ヒイロ「黙れ。あとOPは飛ばすな」

デュオ「はぁ? OPなんて何回もみただろ」

ヒイロ「黙ってみろ」

五飛「なにを企んでいる」

トロワ(ヒイロ・・・さすがだな・・・)

ヒイロ「ここだ!」

ヒイロ「五飛、一時停止スイッチを押せ」

五飛「なに!?」

ヒイロ「もう一度言う。五飛、一時停止スイッチを押せ」

五飛「・・・貴様」

デュオ「はいはい、とめりゃいいんだろ。ピストルは置いとけ」ポチッ

ヒイロ「・・・・」

デュオ「で、なんなんだ? 散々急かしといてお前から話でもあんのか?」

ヒイロ「・・・遅かったか」

カトル「中野梓ちゃんがOPに追加されてるってことが言いたかったんですよね?」

ヒイロ「あぁ」

デュオ「はぁ?」

ヒイロ「・・・進めろ。時間が惜しい」

カトル「いつスクランブルがかかってもおかしくない情勢だもんね」

ヒイロ「・・・」

デュオ「めんどくせぇなぁコイツは」ピッ

トロワ「この回はおもしろいぞ」

ヒイロ「・・・」

カトル「ヒイロがいつになく真剣だ」

デュオ「しかめっ面っていうんだよこういうのは。こいつ何してるときも表情一つ変えねーで」

ヒイロ「マナーを守れデュオ、カトル」

カトル「ご、ごめん・・・」

デュオ(人のこと言えた口かよ・・・)

カトル(まぁアニメ鑑賞は初めてみたいですし、多めに見てあげようよ)

五飛「くっ・・・・デコ女の映る頻度がまたこれで減るというのか・・・」

トロワ(あずにゃん・・・・くるぞ・・・)



 唯『あだなはあずにゃんで決定だね!』


ヒイロ「!!!」

トロワ「・・・」ニヤッ

カトル「見てよデュオ!トロワが、トロワが笑ってるよ!」

デュオ「ヒイロのやつもありゃ相当ショックうけてるぜ・・・俺にはわかる」

五飛「女とはわからんものだな・・・くだらんあだ名など侮辱でしかない」


ヒイロ「・・・これは」

トロワ「・・・気に入ったか?」

ヒイロ「いや、所詮フィクション世界の出来事。俺には関係ない」

トロワ「そうか。残念だな」

ヒイロ「・・・」

ヒイロ(リリーナ・・・・俺は・・・・俺はッ!!)



3