AC195年

‐戦艦ピースミリオン内‐


デュオ「トロワ!ようやくお待ちかねのブツが届いたぜ」

トロワ「そうか。すまない」

カトル「DVD・・・? 今更新しい任務であるのかい?」

トロワ「いや、地球にいるキャスリンに以前から頼んでいたものだ」

デュオ「へへっ、早速見ようぜ! わざわざDVDプレイヤーも用意したんだぜ」ドン

カトル「一体何がはじるんだい?」

トロワ「・・・けいおんだ」

カトル「けいおん・・・?」

デュオ「いま地球で大流行してるアニメーションだぜ」

カトル「アニメ? トロワ好きなの?」

トロワ「あぁ・・・オペレーション・メテオで地球にいるときに少しだけ見た」

トロワ「けいおん・・・久しぶりだな」

デュオ「早く見ようぜ。時間なくなっちまう」

カトル「ぼ、僕もいいかな?」

デュオ「おう座れ座れ」



五飛「貴様ら!! こんな時間に何をしている!!」

デュオ「お、いいとこにきたな五飛!」

五飛「何をやっているのかと聞いている!!」

デュオ「何って。アニメだよアニメ観賞会」

五飛「アニメ・・・だと?」

五飛「ふざけるな!! 貴様ら今がどういう局面かわかっているのか!」

五飛「ホワイトファングと決戦間近だというのに!!」

トロワ「だからこそ・・・俺達には心の安息が必要なんだ」

デュオ「休むのもパイロットの仕事ってね」

デュオ「ま、嫌ならガンダムでも磨いてろよ」

五飛「・・・・」

トロワ「・・・さぁ、つけるぞ」ワクワク



五飛「ま、まて・・・・それは、おもしろいのか?」

トロワ「五飛。それはお前が決めることだ」

五飛「!」

トロワ「・・・俺は自分の心に従いこれを選んだまでだ」

五飛「・・・・」

デュオ「ま、座れよ」

カトル「邪魔するなら出て行ってください」

五飛「・・・」スチャ



デュオ「で、お前はどうする? ヒイロ」

ヒイロ「・・・・気にするな。俺は興味がない」

デュオ「じゃあはじめっか」

トロワ「・・・・再生開始」




 『わー遅刻遅刻ー!』


デュオ「ちょっと音量あげるぜ」

トロワ「説明しよう。彼女の名は平沢唯。晴れてハイスクールに進学した普通の女子」

カトル「トロワ、静かにしてください」

五飛「・・・・なんだこれは。くだらん」

デュオ「肩の力抜いて見ろよ」

ヒイロ「・・・フッ」

五飛「この間抜けな女が主役とは、これでは戦場で生き延びられん」

ヒイロ「同感だな」

デュオ「まーだうだうだ言ってやがる。ま、俺も初見で結構とまどってるんだけどよ」

トロワ「けいおんの真髄は最初の一話で語り切ることはできない。お前たちはいまから一期を全て」

カトル「静かにしてください!!」

デュオ「お、新しいキャラでてきたぞ」

五飛「!」

ヒイロ「・・・」

トロワ「右が田井中律、左が秋山澪だ」

デュオ「詳しいな」

トロワ「・・・・そうでもない」


五飛「このデコ女は主役か?」

カトル「・・・・」

トロワ「・・・・」

五飛「この女は主役かと聞いている!!」ガバッ!

デュオ「うるせーな座れ・・・」

五飛「答えろ!!」

ヒイロ「五飛」

五飛「なんだ。お前は知っているのか!?」

ヒイロ「邪魔だ。俺の前に立つな。見えない」ギロ

五飛「・・・す、すまん」

デュオ「コイツは怒らしたらこえーぞ」

五飛「フンッ! しばらく様子を伺うことにする・・・」

トロワ「あぁ、それがアニメ鑑賞のセオリーでありマナーだ」

カトル「・・・この金髪の子可愛いですね」



 『あんまり上手じゃないですね!!』


トロワ「・・・・」

五飛「無礼な女だ。俺なら斬り殺している」

トロワ「これで第一話は視聴終了だ」

カトル「結構面白かったですね!」

トロワ「第一話は顔見せに過ぎない。これからけいおんは加速度的に面白くなっていく」

デュオ「そりゃあ期待できるな」

ヒイロ「・・・」

デュオ「ヒイロはどうだった? お前アニメなんてみたことねーだろ」

ヒイロ「・・・なにも言うことはない。俺はそもそも興味がない」

デュオ「の割には真剣に見てたじゃねーか」

ヒイロ「物珍しいだけだ」

デュオ「へいへい、そういうことにしときましょうかって」

カトル「続きを見ましょう!!」


トロワ「二話は平沢唯がギターを買いに行く話だ」

デュオ「ネタバレはご法度だぜトロワ!」

トロワ「・・・すまない。つい浮かれてしまってな」

カトル「こうやって5人のガンダムパイロットが集まって何かするなんて久しぶりですもんね」

ヒイロ「OZのオペレーションデイブレイク以来だ」

デュオ「ちょうどいいじゃねぇか。どうせこの先一蓮托生だ」

カトル「絆を深めておきましょう」

五飛「ふんっ。くだらん。俺は一人でも戦う」

カトル「そういわずに。せっかつ集まったんですから」

ヒイロ「・・・早くつぎをつけろ。時間が惜しい」

トロワ「わかっている。つけるぞ」




そして約三時間後


デュオ「一気に駆け抜けちまったな」

ヒイロ「これで平沢唯たちの一年も終わりか・・・」

五飛「ついに終わってしまったか・・・」

カトル「ふぅ・・・お疲れ様でした」

トロワ「いや、違う・・・これからだ・・・・」

カトル「まだあるのかい? 綺麗に終わったような気がするけど」

トロワ「けいおんは一期だけで12話+番外編が2話ある」

デュオ「そんなにあんのかよ! こうしちゃいられねぇな!!」

トロワ「それに、ここまでではまだ出ていないキャラがいる!」

ヒイロ「・・・ッ! なに!」ガタッ

五飛「まだ隠し玉がいるというのか」


トロワ「あぁ・・・見ればわかる」ニヤッ



2