純「……え?いま何て」


梓「ふんっ!」ガッシ

純「何よ、離してよ梓!」

ガチャリ!

梓「あ、唯先輩こっちです! こっち!」

純「唯先輩?なんで、手に中華なべ持ってるの!?」

ダッタダッタッダ

唯「ちょいさぁぁぁあああー!」ブン


バッシャーン


純「あっづづぃぃぃいいい!!!頭に固やきそばがぁ!!?」ゴロゴロ



純「ひぃぃ…ひぃぃ…」

唯「いぇーい! あずにゃん、いぇーい!」パシッ

梓「いえーーい!やりましたね」パシッ

ガバッツ!

純「いぇいじゃないよ!あんた達なにすんのよっ!?」

澪「鈴木さん、ほらコレ。これみて」サッ

純「澪先輩…。えっと……ドッキリ大成功?」

唯「ドッキリだよー。どう、ビックリした純ちゃん!」

梓「あははは! ドッキリじゃしょうがないよねー純」

純「…………え」




純「なんなのよアイツら!やっぱり軽音部は普通じゃないよ」

憂「へー、そんなドッキリがあったんだ」

純「おかげで頭がドロドロよ…」

憂「まぁまぁ、機嫌直してよ」

純「そだね…、憂に怒っても仕方ないし」

憂「それよりも、早く掃除当番終わらせちゃお」

純「うん。早く終わらせて帰りにぱーっと遊ばないと」

憂「あ、そういえば純ちゃん」

純「なぁに?」


憂「純ちゃんの頭って固焼きそばみたいだよね」

純「…………え?」


バッターーン!


唯「じゃじゃーん、今度はちゃんと八宝菜にしたよ! ういーー!」

憂「分かったよお姉ちゃん!せいさっ!」ガッシ

純「何よ、いきなりなにするの憂!」ジタバタ

ガチャリ!

律「お、やってるやってる! 大人しくしろ鈴木!」ガッシ

唯「ナイスだよ律っちゃん!」

純「なんなんですか律先輩まで! その中華なべ下ろしなさいよ!?」

ダッタダッタッダ

唯「ちょいさぁぁぁあああー!」ブン


バッシャーン


純「ぎぃああ!あっづづぃぃぃいいい!!!頭にアツアツの八宝菜がぁ!!?」ゴロゴロ



純「ひぃぎぃ……ひぃぎぃ…」ネチャネチャ…

律「いっえーーーいっ!お前らサイコー!軽音部サイコー!」パパン

唯「いーーぇい! ういーういー!」

憂「あはは、やったねお姉ちゃん! タイミングばっちりだよ!」

純「ば、ばっちりじゃないわよっ! 憂、あんたまでグルだったの!?」

律「やだなぁ、鈴木さん。ほらコレ、コレ見ろって」サッ

純「また、ドッキリ大成功……」

唯「さーて、それじゃこれからどこ行こっか?」クルッ

憂「ぱーっと遊んで帰ろうよ!」

純「……………」ネチャァ……




シャーーー

純「なによ憂まで…。私が何したっていうのよ」ゴシゴシ

純「あーあー、制服の中までネチャネチャだよ。もー軽音部サイテー」

和「あら、そこのアナタ。何をしてるの」

純「あ、生徒会長。ちょっと頭が汚れちゃって…」ゴシゴシ

和「それで手洗い場で洗ってるの? シャワー室を使いなさいよ」

純「え? でも私運動部じゃないんで」

和「そんなの構わないわ。私が話を付けてあげるわよ」

純「ほ、本当ですか!? ありがとうございます!」ペコリ

和「なによそれくらいで。大げさね」

純「そんなこと無いですよ。あの軽音部の連中に比べたら!」

和「軽音部…? また唯たちが何かやらかしたのかしら」

純「そういえば生徒会長は軽音部のヤツらと仲が良いんだっけ…」

和「気にしないでいいわよ。悪いことは悪いんだから、遠慮しないで何でも言いなさいね」

純「うぅ…、ありがとうございます!…これで綺麗に頭を洗えるよ」

和「あら、そういえば……」

純「なんですか?」


和「アナタの頭って固焼きそばみたいね」

純「…………え?」


ダッタダッタッダ!

唯「ほぉぉらぁえいっさぁぁあああー!」ブォン


バッシャーン!!


純「ぐぎぃああぁあ!ああっづづぃぃぃいいい!!!八宝菜がぁ!!八宝菜がぁぁ!」ゴロゴロ

和「あっはははは!ちょっとあんまり笑わせないでよ!」

澪「和があんなに笑うなんて珍しいな」

唯「ほらほら、和ちゃんもかけてかけて」

和「こうかしら?」ブン


バッシャーン!


純「あっづづぃぃぃいいい!!な、なにするんでさぁぁ!」ゴロゴロ



純「ほぅほぅ……ほほぅ…」ネチャネチャ…

律「ほら和、ハイタッチ、ハイッタッチー! いえーい!」パン

和「いぇーーい」パン

澪「うん。今回もなかなか良い絵が撮れたよ」

純「と、撮れたよじゃないでしょ!生徒会長がこんな事して許されると思ってるの!?」

和「許される…?何を言っているのよアナタ」

純「しらばっくれても無駄ですよ!」

律「おい、唯。こいつ何言ってんだよ」

唯「ほらほら、純ちゃんコレコレ。このプラカード良くみなよ」ヒョイ

純「ドッキリ大成功………」




純「は…はぁ…はぁ……」フラフラ

和「あら、どこに行くの?シャワー室はそっちじゃないわよ」

純「帰るに決まってるでしょ! 私に話しかけないで!」

唯「えー、そんな八宝菜でネチョネチョなのに?」

律「そうだぜ、気持ち悪くないのかよ」

純「だれのせいですか!誰の!」

澪「仕方ないよお前達。本人が嫌だっていってるんだからさ」

律「それもそうか。何事も無理やりってのは良くねーな」

純「………………」ネチャネチャ…

唯「そうだよね。それじゃ帰ろっか」

和「車に気をつけて帰りなさいよ」

唯「分かってるよぉ和ちゃん。子供じゃないんだから」

和「ダメよ、急に何が飛び出してくるか分からないのよ」

唯「あっちゃー。さすが和ちゃん、こりゃ一本とられたよ!」

律「あっははは!唯も和の前じゃタジタジだな!」

純「………………」ネチャネチャ…


2