梓「・・・」ガガガガガッ

唯「ちょ・・・!痛いよあずにゃんやめてよ・・・!!」

梓「・・・」ガガガガガガッ

唯「あずにゃんってば!」

梓「・・・」 ピタッ

唯「も、もぉー・・・ビックリしたよーあずにゃんがこんな悪戯するなん」

梓「・・・」ガガガガガガガガガガガガッ

唯「あ、あずにゃ・・・!?やめ・・・・っ!」

梓「・・・」ガガガガガガガガガガガガガガガガッ



梓「・・・」ガガガガッ

律「うおっ・・・!?痛っ!!なんだぁ!?」

梓「・・・」ガガガガガガガッ

律「えっ?あっ?あっ・・・やーらーれーたぁー!」 バタンッ

梓「・・・」ガガガガガガガガッ

律「・・・」

梓「・・・」ガガガガガガガガガガガガガッ

律「お、おい梓・・・?さすがに痛いって・・・」

梓「・・・」ガガガガガガガガガガガガガガガガッ

律「ど、どうしたんだよ・・・!痛っ・・・なぁ・・・何かあったのか・・・?」

梓「・・・」 ピタッ

律「なぁ、何か悩みでもあるの」

梓「・・・」ガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガッ

律「ちょっ!?」



梓「・・・」ガガガガガッ

澪「うぁっ!?痛っ!?えっ!?なにっ!?えっ!?えっ!?」

梓「・・・」ガガガガガガガッ

澪「えっ?梓?なにしてるんだよ!危ないだろ!あっ!律の指金だな!」

梓「・・・」ガガガガガガガガガガッ

澪「わ、わかったよ!もう十分に驚いたからやめてくれ!」

梓「・・・」ガガガガガガガガガガガガッ

澪「梓!もういいだろ!?律も!どっかで見てるんだろ!梓を止めてくれ!」

梓「・・・」ガガガガガガガガガガガガッ

澪「梓・・・?梓っ・・・!どうしたんだ!?やめろっ!」

梓「・・・」 ピタッ

澪「あ、ずさ・・・?な、なぁ、一体どうしたって」

梓「・・・」ガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガッ

澪「やだぁ・・・もう嫌だぁ・・・!やめて・・・やめてよ・・・!」

梓「・・・」ガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガッ



梓「・・・」ガガガガガッ

紬「?」

梓「・・・」ガガガガガガガガッ

紬「・・・」

梓「・・・」ガガガガガガガガガガガガガッ

紬「は?」

梓「えっ」



A.ムギ



紬「・・・何してんの?」

梓「えっ、あ、エアガンを・・・」

紬「いやいやw・・・何してんの?」

梓「えっ?だからエアガンです!」

紬「いや、だからさwそういうことじゃないじゃん?wお前、何してんの?」

梓「ムギ先輩にエアガン連射したです!」

紬「マジで言ってんの?」

梓「はいです!」

紬「なんで?」

梓「怒るかなって」

紬「いや、そりゃ怒るでしょうよw」

梓「でも唯先輩たちは怒らなかったですもん!」

紬「えっ?」

梓「うはwwwwwあいつらマジ泣きしてたバロスwwwwwwww」


紬「中野」

梓「はいです!」

紬「ふんっ」 ドゴォッ

梓「おぶぱっ」


梓「痛すぎワロタwwwwwwwww」

紬「で?」

梓「えっ?」

紬「みんなは?」

梓「帰りました!」

紬「そう・・・じゃあ明日ちゃんとごめんなさいするのよ?」

梓「はいです!でゅわっ!」

紬「それじゃあ今日はもう帰りましょうか・・・」





バタンッ

唯「ムギちゃんのタマもろたぁーっ!!」ガガガガガガガガッ

律「覚悟ぉぉぉ!!」ガガガガガガガガッ

澪「ご、ごめんっ!」ガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガッ

紬「!?」




紬「で?」


律「『で?』とは・・・?」

紬「なんでこんなことした」

澪「いや・・・その・・・」

唯「グーで殴ることないじゃん・・・」

紬「なんで、こんなこと、した?」

律「えっとよくよく考えたらなんか楽しそうだったので・・・」

唯「あずにゃんの気持ちがわかるかなって・・・」

澪「み、みんながやるって言うからなんとなく・・・」

梓「まじお前らクズだな」


唯「うぅ・・・」

梓「まぁあれっしょ痛みワケってことで、これどうぞっす」

紬「あ?」

梓「エアガンっすwwwこれであいつら撃っておあいこってことでwww」

律「そ、そうだな・・・!ムギ・・・今回はそれで許してくれ!」

澪「ああ、頼む!」

唯「ムギちゃん・・・」

紬「別にちゃんと謝ってくれればそれでいいんだけど・・・」

律「いーや!それじゃあ私達の気がすまない!やってくれ!」


紬「そう?じゃあちょっとごめんね、律っちゃん、せーのっ」



ターンッ



律「」 ドサッ



紬「えっ?」

唯「えっ」

澪「ちょっ」



梓「ムギ先輩・・・なんてことを・・・っ!」


2