憂「え!?」

唯「痛かったよぉ…」

憂「だ、誰に襲われたの…?」

唯「あずにゃん」

憂「」シュン

唯「うお、ういが消えた」



[あずにゃんの家]

梓「まったく……唯先輩はだめなんだから」

憂「そお?」

梓「そうだよ!だって真面目に練習し……って、ええええ!?」

憂「どうしたの?」

梓「う、う、うい、いつの間にうちに来たの」

憂「やだなー梓ちゃん、さっきからいたよ」

梓「うそ、だって……うぐ!?」

憂「梓ちゃん?どうしたの?」ニコ

梓「う、憂……お腹が……熱い」

憂「あれ?包丁が刺さってるよ?」

梓「ぁ……ぁ……」

憂「抜いてあげるね~」

梓「…」コクコク

憂「あれ~…抜けないや」グリグリ

梓「」ドタッ


憂「あーあ…」ピッピッ

唯『もしもしうい~?』

憂「うん、わたしだよ。お姉ちゃん、始末できたよ」

唯『おー、仕事早いね!じゃあ戻ってきて~』

憂「はーい!!」ピッ

憂「さてと……」

憂「バルサン焚いておこ」



[ゆいのいえ]

唯「お、うい、おかえり~」

憂「えへへ、ただいまぁ」

唯「ってうい~、あずにゃんの首ぶら下げてこないでよ」

憂「あっ…そうだね、ごめん」ポイッ

唯「それに匂いがキツいよ……ファブリーズ撒いておこうかな」

憂「うん!」


唯「それっ」バシャ

憂「うっ……げほっげほっ」

唯「ういも消毒しないとね~」バシャバシャ

憂「お姉ちゃん、原液はやめてよ……こほこほ」

唯「大丈夫大丈夫~、あ、うい、こっちおいで」

憂「?」

唯「新しい動力が完成したの」

憂「わぁ!綺麗!」

唯「水素電池なんだけどね、これで200年は持つよ」

憂「すごい…」

唯「えへへ、だから今の電池は処分するよ」

憂「じゃあ一回電源切るね?」

唯「うん」

『system shutdown ....... done.』

憂「」シューン

唯「よし、電池の交換をしよう」

唯「動力は心臓のところに入ってるんだよね~」

唯「ドライバーで回して~」パカ

唯「よし、取り替えよう」クルクル

唯「…」カチャカチャ

唯「できたぁ」パカ

唯「あとはポニテを引っ張って…」クイッ

憂「」シューン…

憂「…あ」

唯「おはよ、うい」

憂「おはよー、お姉ちゃん」

唯「無事に終わったよ」

憂「えへへ、ありがとう」

唯「どお?」

憂「うーん、なんか身体が軽くなった気がする」

唯「従来比150%大きくなってるからね~」


憂「あ、お姉ちゃん、梓ちゃんちの後始末どうする?」

唯「あー、そっか~」

憂「消しておいた方がいいかも」

唯「確かに。じゃあこの電池持ってっていいよ~」

憂「わかった!じゃあ行って来るね!」

唯「ほーい」



[あずにゃんの家]

憂「電池をセットして…」

憂「…ちょっと威力大きすぎるかなぁ」

憂「ま、大丈夫だよね」

憂「よっと」ピッピッ

唯『あ、うい~?設置できた~?』

憂「うん!」

唯『じゃあ起爆させるから戻ってきて~』

憂「はーい」



[ゆいのいえ]

唯「おかえり~」

憂「ただいま」

唯「テレビつけたよ、どこが一番早く中継してくれるかなぁ」

憂「ねー」

唯「じゃあ起爆させるよ」

憂「うん」

唯「3,2,1」ポチ

ドーン!!

憂「…」


ブワッ

唯「わ、わ」

憂「お姉ちゃん、私の影に」

唯「うん」


ドドドドドドドド


唯「ういー!!家が崩れる」

憂「お姉ちゃん私に掴まって!」

唯「うんっ」

憂「…」シュタッ

唯「おぉ……」

憂「…お姉ちゃん」

唯「うん……威力が大きすぎた」

とみ「誰かー!!助けてー!!」

唯「おばあちゃん!!」

憂「お姉ちゃん、ここで待ってて!」

唯「待って!うい」

憂「必ず戻るよ」シュタッ

唯「ういー!!頑張れー!」

澪「…」スッ

唯「澪ちゃん!?いつの間に」

澪「来い、唯」ヒョイ

唯「んああっ、持ち上げないで」

澪「大人しくしろっ」バンッ

唯「痛い……う、ういーー!!助けてー!!」

澪「…」バシッ

唯「」



2