―――――

澪「こんの~~~ばか律ぅ~~~~!!!!」バシバシバシバシッ!!!!

律「いだだだだだだだだ!?や、やめれって!?お前!!そんな叩かなくてもいいだろ!?」

澪「いいわけあるかぁ!?あの劇、録画されてるの知ってるのか!?」

律「あ、マジで?それはしらなかった」

澪「」

澪「りつぅ!?」

律「ど、どなるなよ・・・まぁ、いいじゃん。どうせバレてないって!!」アハハハハ

澪「バレてたらどうするんだよぉ!?」

律「いや、お前死んでるフリしてただけだし、ズームでもしてない限り映ってるわけないから大丈夫だって」

澪「ほ、本当か?」

律「あ、いや、実際はどうかしらないけど」

澪「りつぅ!!」ばしっ

律「あっいった~~!?剣で叩くのマジでやめて!!」

三花「澪ちゃんと田井中くん、なにさわいでんの?」

姫子「・・・さぁ。なんだろうね、一体。」

姫子(やなこと聞いちゃったなぁ~~。まぁ、恋人同士ならいいと思うけど・・・ね)

いちご「やるじゃないか、あのカチューシャ」

姫子「それより、お疲れ。劇よかったよ」

三花「えへへ。本当!?ありがとー。姫子も裏方本当おつかれ!!」

姫子「うん。ありがと」フフッ

和「なんとか・・・おわったな・・・石は結局見つからなかったけど・・・。やっと肩の荷が下りたっていうか」

紬「・・・」

和「琴吹さ・・・ん?どうした?」

紬「よ、よかった!劇が成功して本当によかったよぉ、和くん!!」ポロポロポロ

和「え、え~~~!?ちょ、な、何で泣いているの!?」ワタワタ

紬「りっちゃんも澪ちゃんも忙しいのにがんばってくれて!!
  みんなも一生懸命私が書いた台本を演じてくれて!!本当に私、嬉しいの・・・」

和「・・・だな。うん、みんな本当によくがんばってくれてた」

紬「うん・・・!うん・・・!!」ポロポロポロ

和「でも、俺は紬が一生懸命がんばってたことも知ってるよ?一生懸命みんなのこと考えて監督してたこと知ってるよ」

紬「のどか・・・・くん」ポロポロポロ

和「おつかれさま、紬」

紬「うわぁあん」ポロポロポロ

ぎゅ

和「おわっ!?」

ちか「あー、ムギちゃんとかいちょー抱き合ってるー」ヒューヒュー

佐々木「写真撮っといてやろう」カシャ

和「おい!!佐々木ぃ!!っていうか、紬、はなれて!!恥ずかしい!!!」

瀧「コーラもかけちゃおうか?」

和「コーラはかけなくていいから!?」

信代「っていうか『紬』って呼んでるんだね」

和「」

和「あぁもう!!」

さわ子「みんな、おつかれさま!」

ワイワイガヤガヤ

さわ子「・・・・グスン。誰かかまいなさいよぉ!」

律「あ、センセー!!この衣装ってセンセーが作ったんだってな!!ありがとな~~」

澪「こら律!!話はまだ終わってないぞ!逃げるなっ!!」

さわ子「りっちゃんから『ありがとう』って言われちゃった」ジーン

姫子「あ、センセー、劇見てたんでしょ?どうだった?」

さわ子「へ?」

いちご「衣装、動きやすかった・・・感謝している」

三花「そうそう!!衣装本当に動きやすかったよ!!先生、そういう才能あるんじゃない?」

佐々木「遠くから見ててもきれいだったもんなー。いや、センセー、本当にいい仕事したよ、あんた」

瀧「あんたは一体何様なのさ、佐々木」

瀧「あ、でも、衣装は本当に遠くから見ててもきれいだったよ、さわ子先生」

さわ子「みんなが私にかまってくれてる・・・・!!」

律「いや、あんたがいつも見てないだけで、結構みんなさわちゃんのこと好きなんだぞ?」

澪「衣装本当にどうもありがとうございました、さわ子先生」

「ありがとうございましたーー!!」

さわ子「・・・」

律「おぉう!?なにキョトンとした顔してんだよ!!こういうとき、先生は感動の涙を流してだな」

澪「いや、そういうのは卒業式なんじゃ・・・」

さわ子「みんなに優しくされたら・・・・私・・・・わたし・・・」ウルッ

さわ子「もう私死ぬ!!!」

律澪「なんで!?」

さわ子「と、見せかけてからの号泣!みんな大好きよ――――!!」ウワーーーン

佐々木「うはは。泣くなよ~さわ子センセー」カシャカシャカシャ

瀧「あんたはどさくさにまぎれて秋山さんの写真撮ってんじゃないわよ」バシッ

澪「」

佐々木「あたっ」

和「泣き止んだ・・・?」ナデナデ

紬「うん。ありがとう・・・和くん。ごめんね?いきなり泣いちゃって」

和「いいよ。がんばったんだし、涙くらいでるよ」

姫子「さわがしいなぁ。このクラスは」アハハハハ

いちご「でも、そういうとこ嫌いじゃない」

三花「あ、わっかる~~。そういうの、いいとこだよねこのクラスの!!」ブイッ

ちか「うんうん!!でも、本当に成功してよかったよ!!みんなお疲れ~~!!」


ワイワイガヤガヤ





唯「・・・」

唯「えへへ・・・めでたし、めでたしだね」ニコッ


29通りめ 続く



『ねぇ』

梓『なに?』

『いつもどっかで何に対しても自分が悪いって思ってる?』

梓『え・・・?』

『違ってたらごめんね?でも、なんでかたまにそういう風に見えるから・・・』

梓『・・・そっか』

『うん、そう』

梓『そういうつもりはないけど、そういう風に見えちゃうなら、そうなのかもしれない』

『・・・そういうの、やめちゃったら?』

梓『やめようって思ってやめられるものでもないと思うんだけど・・・。というか、やめられるんならとっくにやめてるっていうか』

『えへへ・・・大丈夫だよ。やめられるよ』

梓『なんでそんなことを言い切るかな・・・根拠もないくせに』

『だって、ねぇ・・・』

梓『なにさ』

『これまではいなかったけど、今は私がいるでしょ?』

梓『・・・』

『そういう風に思う度に「めっ」って言ってしかってあげるよ』エヘヘ

梓『・・・』

『あ、でもその分たくさんほめるよ!「よくできましたね」ってたくさん頭なでてあげるよ~』

梓『いや、別に頭なでてもらわなくてもいいんだけど・・・』

『だから、たくさん間違っちゃいなさい!でもってたくさん成功しちゃいなさい!』

梓『なにそれ』

『私的超理論なのです!』フンスッ

梓『・・・』

『いや?』

梓『いや、別に嫌じゃないけど』

梓『・・・どうしてそういうことを言ってくれるの?』

『へへ・・・私なりの恩返しかな』

梓『恩返し?俺なにかしたっけ?』

『うん、たくさん』

梓『たとえば?』

『言っちゃったら興ざめだからそれは言わないよ~』

梓『ふーん・・・』

『あ、順番きたよ!いこうよ、あず―』

律「あっずにゃ~~ん!!」

梓「へっ!?」ガバッ

ごっつーん

律梓「いっだ~~!?」

紬「あららら、梓くん大丈夫?」

澪「2人でなにしてんだ・・・・大丈夫か、梓」

唯「うっわ~。ごっつーんってすっごい音したよ。大丈夫、あずにゃん」

梓「いたたたた・・・って、あれ?・・・ここは」ズキズキズキ

律「いでででで・・・誰も俺の心配してくれないんだな。でこより心が痛い」ズキズキズキ

唯「あずにゃん長いすの上で寝てるからっていたづらしようとしたりっちゃんが悪いよ」

澪「素直に起こせばいいのに・・・まったく」

律「まさかの非難轟々!?」ガーン

律「ムギーお前は俺の味方だよなぁ!?」

紬「あはは・・・」

律「苦笑い・・・だと!?」

澪「ばーかばーか」

律「そこうっさいぞ!」

梓「そっか、部室で練習してていつのまにか寝てたのか」

梓(てことは、さっきのは夢か・・・)

梓「律先輩が俺のことあずにゃんって言うからおかしな夢みちゃったじゃないですか」

律「なに?どんな夢みてたのおまえ」

梓「あ、いえ・・・別にたいした夢じゃないですけど」

唯「あー、私もききたーい!どんな夢みてたの~?」

梓「あ」ドキッ

唯「?」

梓「い、いえ・・・ほ、ほんとに話す価値もなにもない夢ですから」ドギマギ

唯「そうなんだ」

梓「え、ええ・・・そうなんですよ」アハハハ

唯「じゃあ、また今度はなししてね!あずにゃん」ニッコリ

梓「あ・・・」

梓「・・・はい。そうですね。今度にでも話します」

唯(なんか元気ない?)

梓(あの夢は一体・・・。とりあえず、今はまともに顔を見られる自信がない)

紬「でも、梓くんが居眠りってなんだから珍しいわね。ずっとここで寝ていたの?」

梓「あ、いえ、先輩たちの劇を見てから部室きたので」

澪「てことは、1時間くらいか」

梓「ですかね」ハハハ

唯「あ、あずにゃん!私の木Gはどうだった!?」

梓「あー・・・えーっと・・・」

唯「どうだった、どうだった!?」

梓「とっても・・・木でした」

唯「」

律「いや、それぐらいしかコメントできんだろ、・・・あれは」

梓「なんだか、すいません」

唯「いいんだよ・・・あずにゃん、いいんだよ・・・私は木をやりつくした。
ただそれだけのことだけど、それだけのことだったんだ」ガックシ

律「あはは・・・ま、まぁさ、俺たちの劇どうだった~?俺ばっちりだっただろ!?」

梓「あー・・・そうですね。まぁ、練習どおりに出来てたんじゃないですか?」

律「お前はまたそうやって上から目線で・・・!!ちょっとはほめてもバチあたらないと思うぞっ!?」

澪「っていうか、梓、律の練習みてたのか?」

梓「へ?なんでですか?」

澪「いや、だって今『練習どおりに』っていうから、さ」

梓(あ、しまった!)

梓「あ!純と平沢さんが秋山先輩の演技、すっごいって言ってましたよっ!俺も先輩の演技すっげぇーって思いました!!」

澪「そ、そうか?ま、まぁ、はずかしかったけど、そう言ってもらえたらがんばってよかった・・・かな?」テレッ

梓(ご、ごまかせた)

紬「澪ちゃんはすっごいがんばってたもんねぇ~」ナデナデ

澪「あ、頭はなでなくていいよムギッ!?」

紬「うふふ~よくできました~」ナデナデ

澪「うぅうう・・・///劇よりもこっちのほうが恥ずかしいかも」

律「・・・うらやま」

唯「あとで澪ちゃんにしてもらえば?」

律「ばっ!?///なに言ってんだばか唯!?」

唯「え?べつにふつーのこと言っただけだけど。なんであせってるの?」

律「べ、べつにあせってなんかないしっ!!」アセアセ

唯梓(どっからどうみてもあせってる)

律「さ、さーて!ひっさしぶりにみんなで集まったことだし・・・!!」

澪「お、さっそく練習でもするか」

律「ムギ!!お茶の用意だ―!」

ごつんっ!

律「っだー!?だから叩くなっての!ちょっとしたジョークだろ!ジョーク!!」

澪「明日本番なのにそんな冗談言うな!!」

紬「♪」コポポポポ

律「はいはい。わかりましたよっ。さーて、今度こそれんしゅー」

律「って!ムギ本当にお茶の準備しなくていいから!!」

紬「あら?そうなの?私てっきり・・・これどうしよう」

唯「あー、淹れた分のお茶は私が飲むよー」ゴクゴクゴク

紬「ありがとう唯ちゃん!」

梓「なんだかみなさん、ひさしぶりでかみ合ってないっていうか」

澪「・・・先が思いやられるな」

梓(これ、本番大丈夫なのか・・・!?)

律「あ、ちなみに今日徹夜だからな!」

梓「へ?ちょっと、律先輩今なんて・・俺それ聞いてないんですけど」

律「さーて、そろそろマジで練習すっぞ!!位置につけ~~」ムシ

梓「ちょっと!?」


35