姫子「・・・」

スタスタスタ

姫子「・・・あ」

律「よ、よっす・・・ま、待った?」アハハ

姫子「いや、待ってないよ」

律「そ、そっか」アハハ

姫子「・・・」

律「・・・」

姫子「座ったら?」

律「あ!お、おう!!」ストン

姫子「・・・(そんなに離れて座らなくてもいいのにな・・・)」

律「・・・まぁ、待っててもそりゃ素直に『待ってた』なんてふつー言わないか」

姫子「んー・・・。なんていうか」

律「・・・ん?」

姫子「たしかに待ったといえば待ったけど、
   こんなの田井中くんが私のバイト終わるの待っててくれたのと比べたら、『待ってる』なんていえないよ」

律「・・・」

律「・・・そっか」

姫子「そうなんだよ、田井中くん」

律「・・・」

姫子「・・・」

律「・・・ゆい」

姫子「え?」

律「唯なら・・・言いそうだけど」

姫子「なにを?」

律「『え~!?私ずっと待ってたんだよ』とかって」

姫子「あぁ・・・たしかに」

律「だろ?唯なら言いそうだよな」ハハハ

姫子「うん。わかるわかる」クスクス

律「・・・あいつは遠慮ってものがないからなぁ。なんで俺にあんなズバズバ言ってくるんだろう」

姫子「それは・・・。唯の中で、田井中くんにならなに言っても大丈夫っていう安心みたいなものがあるんだよ、きっと」

律「そっか?つーか俺より、唯は和のほうが安心とか感じてると思うんだけどな」

律「ムギの彼氏っつっても、一応は幼馴染なんだし」

姫子「・・・」

姫子「真鍋くんは・・・唯にとって安心感を与えてくれる存在ではないんじゃない?」

律「・・・そうなのか?」

姫子「・・・さぁ。適当に言ったから気にしないで」

律「そか」

姫子「うん」

律「・・・」

姫子「・・・」

律「・・・」

姫子「・・・あ、あのさ。田井中くん」

律「ん・・・?・・・なに?」


―――――

澪「……」ポケー

唯「みおちゃーん。帰らないの?」

澪「・・・・・あぁ・・・うん、・・・そうだな、きっとそれがいいな」

唯「・・・」

紬「・・・」

唯「まったくもって上の空ってやつだね」

紬「そうね・・・」チラッ

唯「私、ここで一緒にいるからムギちゃん帰っていいよ?」

紬「え・・・でも・・・」

唯「えへへ。大丈夫だから!唯さんにまかしときんしゃい!」ドンッ

唯「それに・・・」

紬「?」

唯「和ちゃん、あぁいう風に見えてすっごくさみしがり屋だから。ムギちゃんと帰るの楽しみに待ってると思うんだ」

紬「・・・」

唯「和ちゃんが悲しいと、まだ少しだけ私もかなしいから。・・・幼馴染として」

紬「唯ちゃん・・・」

唯「だから、行ってあげて?ね?澪ちゃんのことはちゃんとどんなことがあっても私がそばにいるからさ」ニコッ

紬「・・・」

紬「お願いしても・・・いい?」チラッ

澪「・・・・・・」ポケー

唯「うん!もちろんだよっ!!そのかわり、ムギちゃん、和ちゃんのことよろしくね!!」

紬「わかったわ、じゃあ・・・。私、帰るわね」

唯「うん!!気をつけてね!!また明日!!」ニコッ

紬「えぇ。また明日。なにかあったらメールして」

唯「わかった。じゃあね」

バタン

唯「・・・」

澪「・・・」ポケー

唯「澪ちゃん」

澪「……ん?」

唯「お茶いれようか?」

澪「・・・・・・うん」

澪「って!唯、お茶いれられるのか?」

唯「これがあるからっ!!」スッ

澪「ティーパックか・・・」

唯「まぁ、私が淹れるよりはうまくできると思いますがっ!!どうでしょう!?」

澪「・・・なら、お願い」

唯「へへ。じゃあちょっと待っててね」 カチャカチャ

澪「・・・」

唯「♪~」カチャカチャ

澪「唯は帰らなくていいのか?」

唯「うん。澪ちゃんと一緒にいたい気分だから」カチャカチャ

澪「なんだそれ・・・」

唯「照れる?」エヘヘ

澪「・・・ばか」

唯「よし!はい、これ!!あと少ししたら飲めるよ」スッ

澪「あ、・・・ありがとう」

唯「・・・」ズズッ

澪「・・・」ズズッ

唯「・・・」

澪「うすっ・・・」

唯「お湯いれすぎたかな?私も薄いや」

澪「いや、なんとか飲めるよ、ありがとうな」

唯「ううん。でも、やっぱムギちゃんみたいにはいかないね」

澪「毎日こなしてる人と比べてもなぁ・・・」

唯「・・・」

澪「・・・ゆい」

唯「ん?なにかな、澪ちゃん」

澪「・・・」

澪「律、覚えてなかったよ。この匂いのこと」

唯「うん・・・何年前だっけ?」

澪「1年のときの律の誕生日だから・・・2年前くらい?」

唯「あー・・・じゃあ、覚えてないんじゃない?りっちゃんだもん」

澪「やっぱ・・・そうかな・・・?」ズズッ

唯「劇のセリフすら覚えられないんだもん、りっちゃん。『おかわり』ってすっごいレベルの間違え方だよ・・・」

澪「たしかに・・・」

唯「・・・」

澪「・・・」ハァ

唯「・・・気になる?りっちゃんと・・・姫子ちゃん」

澪「まぁ・・・気にならないといえば嘘になるけど」

唯「っていうか、気になってなかったらこんなに残ってないよね?」ズズッ

澪「・・・ですね」

唯「不安?香水のことも覚えてなかったし」

澪「んー・・・不安っていっても、もう私と律、付き合ってないし・・・そういう関係じゃないし・・・」

唯「・・・」

澪「・・・いま、律が立花さんと付き合うようになっても、それはもう、私にはどうしようもないことだから・・・」

唯「そっか」

澪「うん・・・」

唯「・・・」

澪「・・・」

唯「ねぇ」

澪「ん?」

唯「ざわざわする?」

澪「なにが?」

唯「むねの奥のほう」

澪「・・・」

澪「・・・する」コクン

唯「そういうの、やだ?」

澪「・・・」

澪「・・・」

澪「・・・やだ」

唯「でも、澪ちゃんが誰かに呼び出されるたびに、りっちゃんはそういうのきっと感じてきたんだよね」

澪「・・・」

澪「・・・」

澪「・・・そっか」

唯「・・・」

澪「いつも、律はこういう気持ちで私を待っててくれたのか・・・」

唯「ムギちゃんが言ってたけどね」

澪「?」

唯「澪ちゃんのこと待ってるりっちゃんは、ずーっとそこの席から窓の外を見てるんだって」

唯「一体、なにを見てるんだろうね」

澪「・・・窓の外か」

唯「うん。その、ちょうどいつも澪ちゃんが座ってるとこにわざわざ座って、窓の外見てるんだってさ」

澪「・・・」

澪「そっか・・・」

澪「・・・もう夕暮れだな」

唯「だね」

澪「でも」

澪「すごく、きれいだ」


―――――

姫子「私・・・田井中くんのことが好きなんだ」

律「・・・」

律「・・・」

律「・・・えっと・・・マジですかね?それ・・・」

姫子「残念ながら・・・マジ」

律「残念ながら・・・か」

姫子「うん、そう。・・・残念ながら、なんだよ、田井中くん」

律「・・・どうして?」

姫子「だって、田井中くん、私のことこれっぽっちも好きじゃないでしょ?」

律「・・・」

律「・・・」

律「・・・」

姫子「はは、なんか言ってよ・・・。それって、肯定・・・?」

律「・・・」

律「・・・ごめん」

姫子「むやみに謝られるのも・・・きついんだけどね」

律「でも、友達としては好きだよ」

姫子「・・・ごめん、全然嬉しくない」アハハ

律「・・・そ、そか」

姫子「そんなに秋山さんのこと・・・」

律「・・・」

姫子「好き・・・?」

律「・・・」

律「・・・好きじゃない」

姫子「え・・・?」

律「俺は澪が大好きなんだ」

姫子「・・・」グッ

姫子「・・・それはやっぱり、かわいいから?」

律「違う」

姫子「じゃあ、なんで?」

律「・・・」

律「たしかに澪は一般的に見て、俺なんかにもったいないくらいかわいいし、美人だとは思うよ」

姫子「・・・」

律「あ、それはもちろん、立花さんも・・・かわいいとは思ってる。本当に・・・」

姫子「・・・そうなんだ」

律「ん。・・・でも、見た目的なものだけで、『その人の傍にいたい』って思えるほど俺は・・・心に余裕がないっていうか、さ」

姫子「余裕・・・?」

律「そう。俺の意思なんておかまいなしに、あいつ、モテるから。不安なんだ。
  いっつも。目を離した瞬間にどっかいっちゃうんじゃないかって・・・」

姫子「・・・」

律「高校生になってさ、自分たちがやってることの自主性みたいなもんがためされるようになって。
  中学のときよりもっと人間の裏と表が見えるようになって」

律「でも、澪はずっと見た目は大人っぽいのに、妙にこどもっぽくてさ。
  真面目な優等生かと思えば、変に頑固で・・・わがままで・・・こわがりのまんまで」

律「そういうとこあるから、もう目が離せないんだ。澪から。きっと、もうムリなんだ、そういうの。
  はじめっから決まってたんじゃないかってくらいに」


姫子「・・・」

律「それに、俺、あいつの作る歌詞も好きなんだ。・・・・たまに俺のがすっげぇ恥ずかしいんだけどな」ハハッ・・・

律「なにをやっているにしろ真っ直ぐさなんてまがりなりにもそんなものなくて、
  いかに『自分は無力だな』って思ったときにどれくらい立ち上がっていられるか。
 『そんなきれいごと、通用するわけがないだろ』って言われてることほど澪は音楽の中で唄うから」

律「そんな澪の傍に俺はいられるように。澪の傍にいることが他人からも認めてもらえるように。
  そんなこと思いながら、ベースの音にあわせてドラム叩いてる」

律「そういうのがすっごい嬉しいんだ。澪と音楽でつながることも、もちろんだけど」

律「もちろん、俺よりあいつにふさわしいやつがいるならそれまでなんだけど・・・な・・・つーか、今、フラれちゃってるし・・・あはは・・・」

姫子「・・・」

律「・・・」

姫子「・・・田井中くんってさ」

律「うん」

姫子「ずるいね」

律「へ?」

姫子「そんな風に言われたら、私、もう秋山さんから田井中くんのこと奪えないよ」

律「う、奪う・・・!?」

姫子「だって、・・・なんだかんだ言って、田井中くん、秋山さんのこと他の人に譲るつもりまったくないんだもん・・・大好きすぎるんだもん・・・」

律「・・・」

姫子「・・・いいな、秋山さん、田井中くんにそんなに思われて・・・」

律「・・・」

姫子「いいなぁ・・・」グスッ

律「・・・」

律「・・・」

律「・・・ごめん」

姫子「・・・」

律「・・・あの」

姫子「ん?」

律「そ、その・・・お、俺のどこが・・・その、・・・好きだったの?」

姫子「・・・」

姫子「笑顔・・・とか?」

律「え、えがお・・・」

姫子「・・・バイト終わって送ってくれるの、すっごく嬉しかった・・・一緒に帰っててすっごい嬉しかった・・・」

姫子「田井中くんは、すっごい優しい。人として、すっごい他人に優しい人だと思う」

律「・・・」

姫子「でも、もうこんな風に秋山さん以外の人に優しくしちゃダメだよ・・・?勝手に好きになった私がいうのもなんだけどさ」

律「・・・」

姫子「ねぇ」

律「・・・」

姫子「私のこと、本当に好きだったこと、一瞬でもなかった?」

律「・・・」

律「・・・ごめん、好きだって思ったことは一度もない」

姫子「そっか・・・そっか・・・」

律「・・・ごめん」

律(・・・澪は)

律(呼び出されて、俺がぼけっとしてるとき、こんな気持ちで毎回人をフッてたのかな・・・?)

律(嫉妬してた・・・俺の気持ち・・・うすっぺらくて・・・)

律「・・・」

律(・・・ばかみてぇだ)

律「みお・・・」


29