律「こ、こここがおかわりになったのは誰の手引きで?」

紬「りっちゃん、『おかわり』じゃないわ。『おわかり』よ」

律「へっ?あ・・・俺、今『おかわり』って言ってた?」

澪「・・・うん。ていうか、セリフちゃんと覚えてるか?」

律「・・・わりぃ」

唯「くすくす」

律「笑うな!!木G!!」

唯「なにそれ~!!りっちゃんが間違うのがいけないんじゃん」

律「んなっ!?」

佐々木「つーか、田井中!!お前まじでいい加減にしろよ!!さっきからとちってばっかじゃねーかっ!!」

律「ぐっ・・・!!」

瀧「まぁまぁ!!田井中くんだって部活でいそがしいんだし、仕方ないよ~。コーラのむ?」

律「ぶ、部活は関係ないだろっ!!あとコーラは飲まん!!」

瀧「コーラ拒否られた~~」アー

和「瀧さんはいつもコーラ飲んでるね」

瀧「好きなんだ、コーラ」エヘヘ

律「へ、へぇ~」

澪「ったく。せっかくフォローしてくれてるのにつっかかるなんて・・・」ハァ

姫子「・・・」

紬「りっちゃん、今日、調子悪い?」

律「あ・・・ムギ・・・いや、調子が悪いわけじゃないんだけどさ・・・」チラッ

澪「ん・・・?」

澪「なんだよ、人の顔みて」

律「へっ!?あ、い、いや!!な、なんでもないっ!?」バッ

澪「変なやつだな」

律(い、言えねーだろっ!!き、き、キスのこと考えたら・・・・劇どころじゃないとかよォ・・・///)

唯「りっちゃんが変なのは元からだよ、澪ちゃん!!」ニコッ

澪「そっか。そうだったな、唯」ニコッ

律「って!!なに意気投合してんだよっ!!!俺は変じゃないってーのっ!!!」バッ

律「・・・あ」

澪「え・・・?」

唯(おぉ・・・!?)

姫子「あ・・・」

律「・・・」

澪「・・・」

佐々木「ちょ!?おまっ田井中ぁ!!なに秋山さんとみつめあってんだよぉ!!」

瀧「はいはい、邪魔しない邪魔しない」がしっ

佐々木「うお!?ちょっと!!おまえマジはなせって!!てか、力つよっ!?」

瀧「コーラの力をなめるなよ~」ニッシッシ

律「・・・」

澪「おい、律」

律「・・・へ?」

澪「だから、さっきからなんなんだよ。私の顔、なにかついてるか?」

律「うっ・・・(だ、だめだ・・ど、どうしてもくっ、唇に目がっ・・・・///)」

律「な、っなんでもねーよ!!」クルッ

澪「なんだよそれ・・・わけわんない・・・」ハァ

唯「・・・まぁ、きっと頭がとちくるってるんだよ」

律「くそっ!!(ぼんのうきえろ~ぼんのうきえろぼんのうきえろ~~!!!!)」ウガー

和「今日は律はいったいどうしたんだよ、ホントに」

紬「う~ん・・・まぁ、さしずめ、恋に恋でもしてるんじゃないのかな?」ウフッ

和「はい?」

キンコーンカーンコーン

唯「ありゃりゃ。チャイム鳴っちゃたね」

紬「とりあえず、今日はもう練習は終了ね・・・。みんな、お疲れさま!今日の練習はここまでにしましょう!!」

佐々木「あぁ~~、またすすまなかったなぁー!!」

律「・・・悪い」

佐々木「・・・ふん」スタスタスタ

信子「おいこら!!佐々木!!なに片付けサボろうとしてんのさ!?」

佐々木「やべ!ばれたっ!!」ダッ

瀧「こら待て!!」ダッ

木下「って、エリちゃんも・・・」アハハ

律「・・・」

姫子「さわがしいなぁ~」

いちご「仕方ない」

和「明日も同じ時間にするから練習これない人は今日中に俺に連絡くださーい」

一同「はーい」

律「・・・」

律(くそ・・・俺のせいで練習すすまなかった・・・どうにかしないと・・・)グッ

澪「おい」

律「あ・・・澪」

澪「なんか、・・・大丈夫か?」

律「あぁ・・・お、おう。大丈夫だよ・・・なんか、わるい・・・練習すすまなくて」

澪「私は、別にいいんだけどさ」

澪「先にすすむと・・・あのシーンがあるから・・・」ボソッ

律「ん?なんかいったか?」

澪「あ、い、いや!!べつにっ!!」ワタワタ

律「そ、そっか・・・あはは・・・」

律(・・・こんなに前みたいに話せるようになったのに・・・なんで前より澪が気になるんだろう・・・)

律(前よりも・・・もっと)

澪「うん・・・とりあえず、部活に行こう。梓が待ってるだろうし」

律「あ、あぁ・・・そ、そうだなっ!・・・部活に―」

フワッ

律(ん?・・・あれ・・・?・)

澪「律?どうかした?」

律「へ?」

律「あ、い、いや!!な、なんでもないっ!!」

澪「そっか。ならさっさと行こう」スッ

フワッ

律「お、おう・・・(あれ・・・またこの匂いって・・・前にどっかで・・)」

「た、田井中くん」

澪律「ん?」クルッ

律「あれ・・・たち・・・ばなさん・・・どったの?」

澪「・・・」

姫子「あ、いや、・・・そ、そのね!!」

律「?」

姫子「今日、帰りにちょっと時間ある?」

律「へ・・・?」

澪「律、私、さきに部室行ってるから」

姫子「・・・」

澪「・・・」

澪「・・・」スタスタスタ

律「あ、ちょっ!?みお!?」

姫子「・・・田井中くん」

律「あ、えっ?・・・あ、・・・ていうか、え?なにか・・・用事・・・ですかね?」

姫子「・・・」コクン

律「・・・」

律「・・・ぜったい?」

姫子「・・・どちらかというと・・・」ゴクッ

律「・・・」

律「これって・・・」

姫子「え?なに?」

律「あ、い、いやっ!!ひ、ひとりごとっ!!」アハハハ

姫子「そ、そうなんだ」

律(これって・・・あれだよな。俺知ってるよ、こういうの。澪がよくこういう感じで呼び止められてたもん)

姫子「」モジモジモジ

律(・・・ど、どどどどどどどうしよう・・・・!!!)ガクガクガクガクガクガク


唯「デコ、テンパリ中です!どうぞ!!」ヒソヒソ

紬「デコ、身から出た錆ね!!よろしくどうぞ!!」ヒソヒソ

和「お前ら・・・2人で隠れてなにやってんだ・・・」

唯「あ、和ちゃんに見つかった!!脱出!!」ダッ

紬「了解!!」ダッ

和「お、おい!こら!ろうかを走るな!!」

紬「あ、和くーん!今日も校門でね~!!じゃあ、また~」タッタッタ

和「だからはしるなってば」

和「・・・まったく。つーか、紬のやつ、唯に似てきてないか・・・?」

和「ま、いっか。生徒会行こう」スタスタスタ

律(・・・ど、どうしよう・・・)

姫子「だめ?」

律「あ、いや、ダメってわけじゃないんだけどさ・・・
  (練習があるから本当はダメなんだけど今はそれどころじゃない気がハンパねぇ)」

律「ほ、ほら!な、なんていうかっ!い、いきなりだなって思ってさ!」アハハ


姫子「・・・それは・・・そうなんだけど・・・」

律「けど・・・?」

姫子「・・・」

律「・・・」

姫子「・・・い、言いたいことがあるんだ、田井中くんに」

律「」

姫子「これ以上時間が経ったら・・・もうダメそうだから、・・・どうしても。今日・・・どうしても・・・」

律「・・・」

律「・・・」

律「・・・そ、そっか!お、俺に言いたいことがあr、あるのかっ!!!」

姫子「」コクン

律「うっ・・・・じ、じ、じゃあ、聞くしかねーなぁ!!」アハハハハハハ

姫子「・・・いいの?」

律「お、おう!?な、なんでもいってみろっての!!」アハハハハ

姫子「なんでもって。ふふ、・・・田井中くんらしいな・・・じゃあ、帰りに下駄箱のところで待ってるね」

律「あ、お、おう!わかった!!!じゃあ、俺もう部活いくから!!!」アハハハハハハ

姫子「う、うん。待ってるからね」

律「あはは!お、おう!!じゃあ、ちょっと部活してくるわっ!!」ダッ

姫子「あ・・・」

姫子「逃げてくみたいに行っちゃったな・・・」ハハハ

姫子「・・・・」

姫子「・・・ごめんね?」


27通りめ 続く



澪「・・・」

コトン

紬「はい、澪ちゃん、お茶」ニコッ

澪「あ・・・、うん。ありがとう、ムギ」

ピロロロ~ン

唯「あ、あずにゃんからメールきたー」ピピピピ

紬「なんて?」

澪「・・・」ゴクッ

唯「え~~~!?」

紬澪「?」

唯「あずにゃん、今日はクラスの出し物の準備があるから部活これないって・・・」ガックシ

紬「あらら・・・元気だして?唯ちゃん」

唯「ムギちゃ~ん・・・わ、わたし、今日はもう・・・だめかも・・・」ガックシ

紬「ゆ、ゆいちゃん!?これ新しいお菓子よ!!」バッ

唯「うわ~い♪おかしー!」ガバッ

澪「なんだよ・・・この芝居は」

唯紬「えへへ~♪」

澪「まったく・・・」

唯「あ、パンプキン味なんだね、このタルト!!」

紬「うん。もう秋だから。はい、これ澪ちゃんの分」スッ

澪「あ、ありがとう・・・ムギ」スッ

紬「ねぇ、その、りっちゃんのことなんだけど」

澪「あ・・・、う、うん・・・」

タタタタタ

澪「」ピクッ

ガチャ

律「ういーっす!遅くなったー!!」

バタン

唯「あ、りっちゃんおそーい!あと、空気よんでー」モグモグ

律「だから、遅くなったって今言っただろ・・・聞いとけよ。空気よめは・・・よくわからないけど。なんだそれ?」ドン

唯「さあねー」ゴクン

紬「あ、りっちゃん。今お茶いれるから」

律「お、ムギ、さんきゅー」スタスタ

ストン

律「ふいー・・・。疲れたぁ・・・」グダッ

澪「・・・」

唯「疲れることなにかしてきたの?」

律「あぁ?なんだそれ。まぁ・・・今日の劇の出来のこと言ってるなら・・・悪かったよ」

澪「・・・」

唯「はぁ・・・。りっちゃん、そういうのがほしいわけじゃないんだけどな、今」

律「はい?」

フッ

律(またこ匂い・・・!?)ガバッ

澪「ん?・・・どうかしたか?」

律「あ・・・!!・・・いや、その・・・お、お前最近・・・香水とかつけてる?」アハハ

澪「あぁ・・・まぁ・・・」

唯「りっちゃん、覚えてないの?」

律「へ?なにを?」

澪「・・・」

唯「あーあー。まったく。こういうの、やっぱ私は彼氏に嫌だな、澪ちゃん」

澪「あはは・・・」

律「な、なんだよ・・・。つーか、俺だってお前みたいなめんどくさがりなやつと付き合うとか願い下げだっての」

唯「ムギちゃーん!このお菓子おいしーよ!!すっごいおいしくてほっぺが落ちるよ!!」モグモグ

律「シカトですか・・・」

紬「そう?よかったわ。ふふっ。はい、りっちゃん」コトっ

律「お、あんがと・・・ムギ・・・。てか、唯、梓は?」

唯「今日はクラスで文化祭の準備があるからこれないってメールきてたー」ゴクゴク

律「そっか。あいつは俺に連絡しないでなんで唯に欠席のメールするかね」ゴクゴク

唯「まぁ、りっちゃんだし」モグモグ

律「どーゆー意味だよ、それ。ムギこの菓子もらうぞー」ヒョイ

紬「うん。どーぞー」

律「あ、うめ」モグモグ

紬「よかった」フフフ

澪「・・・」モグモグ

紬「・・・」ゴクッ

唯「・・・」ゴクッゴクッ

律「・・・」モグッ・・・モグッ・・・

律「おい、なんだよ、この葬式みたいな雰囲気・・・」

澪紬唯「え?」

律「いや、『え』じゃねーよ・・・。どったの?お前ら。さっきの劇の練習のときと比べて元気なくね?」

唯「え?別にさっきと変わらないけど。ね、ムギちゃん?」

紬「えぇ。とくにかわったところはないと思うけど・・・ね?澪ちゃん?」チラッ

澪「え・・・?あ、・・・律・・・」

律「ん?な、なんだよ」

澪「・・・」

唯(言ったれ!澪ちゃん!!)グッ

澪(『さっき、立花さんになんて言われたんだ?』・・・なんて聞けるわけ、ない・・・よな)

澪「・・・いや、なんでも・・・ない」

律「そ、・・・そっか」ハハハ

律「(なにも聞いてこないんだな・・・)」ゴク

律(もう・・・俺のこととかどうでもいいのかな?澪は・・・)チラッ

澪「・・・」モグモグ

律(き、キスシーン・・・も、あんまり気にしてないみたいだし・・・)

律(やり直せるんじゃないかって、俺だけばかみたいに盛り上がってるだけなのかもな)ハハハ・・・

律(・・・もともとつりあってなかったんだし・・・)

律「・・・」

律(まぁ、いまさら考えたって仕方ないか・・・)ゴクンッ

律「・・そろそろ練習すっか。この時間じゃ、2曲くらいしか弾けないだろうけど」スッ

唯「めずらしくやる気だね!りっちゃん」

律「こういうときだけお前はうるさいっての・・・!!」

律(ドラム弾かなきゃ、落ち着けないんだよ・・・この後のこと考えると・・・)ドキドキ

紬「こういうときって?」

律「え!?あ、い、いやべ、べつにっ!!」ハハハ

澪「・・・」ガチャガチャ

律「準備できたな?じゃーいくぞー、1・2・3・4」カチカチカチカチ

―――――

律「んじゃ、今日の練習はここまでってことで!!」

唯「はぁ・・・疲れた・・・。あずにゃん、本当にこなかったし・・・」ガチャガチャ

紬「クラスの出し物の準備なら、仕方ないわよ。ね?」

唯「うん。だね。明日の朝練、あずにゃんくるかなー?ね、ギー太」キュキュ

律「・・・」ゴソゴソ

澪「・・・り、りつ」

律「ん・・・?どした、澪」

澪「あのさ・・・」

律「おう」

澪「ほ、本当に・・・覚えてないのか?・・・この香水の匂い・・・」

律「・・・へ?」

律「・・・」スンスン

澪「・・・」

律「・・・いや、ちょっと・・・覚えてないけど・・・。なんかあったっけ?」アハハ・・・

澪「そっか。いや、なにもないんだけど、ちょっと・・・聞いてみたかっただけ」ハハハ

律「ふーん。でも、・・・その、あ、あれだな」

澪「?」

律「み、澪にぴったりの・・・いい匂いの香水だと思うよ」

澪「・・・」

澪「そっか。うん、ありがとう」

律「おう。じゃあ、ちょっと・・・俺、用事あるから。先帰るわ!!3人ともおつかれー!!早くかえれよー」ガチャ

澪「・・・うん。がんばってな、律」

律「おう?あ、劇の練習がんばれってか?まぁ、明日はちゃんと覚えてくるから!じゃあな」

澪「・・・」

バタン


27通りめ 続く



28