律「おい、梓!いくぞ!!」

梓「あ、っっと、はい!」ガサガサ

律「おせーよ、なにやってんだよ!!」

梓「自分はステックだけなくせに」ボソッ

律「ああ!?今なんか言ったか!?」

梓「いーえー!なんにもっ!!」

澪「ん?なに急いでるんだ?」

律「え?べ、べつに!!梓、先行ってるからな!」ダッ

澪「っておい!!」

紬「なんだかりっちゃん急いでたわね」

澪「あぁ・・・」

唯「あずにゃん、あずにゃん。この曲のここちょっと聞きたいんだけど」

梓「よいしょっ!っと!!じゃあ、おつかれさまでした~!!(いそげいそげ~)」ダッ

唯「あ・・・」

紬「あら・・・梓くん、唯ちゃん無視するなんていい度胸じゃない」

唯「・・・行っちゃった・・・」

澪「・・・な、なんというか、いまのは無視というよりタイミングが悪かっただけだと思うぞ?唯」

唯「そうかな?」

澪「お、おう。・・・確信はもてないけど」

唯「あうぅ」

紬「澪ちゃん、それフォローになってないわ」

澪「うっ。す、すまん・・・。でも、最近律と梓って練習終わったらさっさと帰るよな」

唯「そうだね・・・」

紬「そうね(・・・本当は何してるか和くんから聞いてるけど、内緒にしておこう)」

澪「まぁ、また明日にでも聞けばいいさ。私たちも帰るか」

唯「うん・・・そうだね。帰るよ~ギー太ぁ」ヨイショッ

―――――

紬「じゃあ、またね!!」

澪「おう!また明日な、ムギ」

唯「ばいば~い」

・・・
・・

澪「で、ここのハモリをさ」スタスタ

唯「んー・・・じゃあ、明日はそうしてみよっか」スタスタ

澪「うん。お、じゃあ、ここで」ピタ

唯「あ・・・うん」ピタ

澪「あぁ。気をつけてな」

唯「澪ちゃんこそ、気をつけてね」

澪「ん。じゃあ」スタスタ

唯「また明日ね~」スタスタ

・・・
・・

唯「・・・」スタスタ

唯「・・・」スタスタ

唯「・・・」スタスタ


―――――

ジャジャジャ ジャーンっ ダダンッ!

律「おしっ!!今日の練習おわりっ!!」

唯「ふわぁ~~、つ、疲れた」ヨタヨタ

澪「唯、昨日言ってたハモリのとこどうだった?」

梓「・・・」ガサガサ

唯「あ、う~ん。どっちかっていうと、今日やったほうのが歌いやすかった、かな」

澪「そうか。私も今日のほうがよかったな」

唯「澪ちゃんも?」

澪「うん。じゃあ、今日やったほうにするか」

唯「う~ん・・・」

澪「なんだよ。なにかひっかるのか?」

唯「いや・・・ひっかるというか、なんというかですね・・・」

唯「・・・あ」

唯「あずにゃんは聴いててどうだった?」クルッ



    しーん



唯「って、いない!?」

紬「あ、梓くんとりっちゃんならさっき帰ったわよ」

唯「そ、そうなんだ・・・あはは」

澪「え?いつのまに・・・。声ぐらいかけていけよな。てか、律もか・・・あいつちゃんと劇の練習してるのかよ・・・」

紬「一応、ジュ律エット役として、腕と足の無駄毛処理してきてね!って今日言っといたわ」

澪「・・・そ、そうか」

唯「まぁ、りっちゃん、元々薄いからそこまでしなくてもいいと思うけどね。存在とか、ほんと色々」

紬「ダメよ!!女の子役やるならそういう人の目につくところから女の子はじめなくっちゃ!!!」

澪「ムギはこだわるなぁ~」

唯「じゃあ、りっちゃんが無駄毛処理するなら澪ちゃんは無駄毛処理しちゃだめってことになるね」

澪「え"っ!?」

唯「だって、澪ちゃんは男の子役やるんだから、そういうことなんじゃないの?」

澪「そっ、それは・・・ちょっと・・・」

紬「唯ちゃん、それは秋山澪ファンクラブの掟に反することだからダメよ」

澪「ムギィ」ホッ

澪「ん?掟?」

唯「え・・・でも、そういうことなんじゃ」

紬「ダメよ」キッ

唯「は、はい。わ、わかりました。ムギ監督っ」ビクッ

紬「わかればいいのよ。じゃあ、もう遅いし帰りましょうか」

澪「だな」

唯「うん。おいで~ギー太ァ」ヨイショッ

―――――

紬「明日は唯ちゃんも出てくるシーンからだから」

唯「うん。がんばるよっ」

澪「おい!ムギ、電車着来てる!!」

紬「あ、やだ。じゃあ、2人ともまた明日ねっ!!」ダッ

澪「おう!気をつけてな~」

唯「いそげー、ムギちゃん」

・・・
・・

澪「唯的になにがどうダメなんだ?」

唯「ん~、ダメってわけじゃないんだけど・・・」

澪「でも、前のやつよりは私も唯も歌いやすいって思ってるんだし、今日のでいいと私は思うけどな」

唯「ん~・・・」

澪「・・・」

唯「・・・」

澪「歌のスランプ・・・?」

唯「・・・そういうのじゃないんだけど・・・なんだか、スッとこないっていうか・・・」

澪「・・・・じゃあ、また明日やってみるか」

唯「いいの?」

澪「いいさ。当たり前だろ。唯が納得できないなら、どんなに歌いやすくったって、それは歌ったことにならないよ」

唯「ありがと・・・澪ちゃん」

澪「ん。じゃあ、また明日な」

唯「あ、もうさよならするとこか・・・ん、バイバイ澪ちゃん。また明日ね~」

・・・
・・

唯「・・・」スタスタ

唯「・・・」スタスタ

唯「・・・きの・・・かくー・・・りつー・・・」スタスタ

唯「わりー・・・だす・・・」スタスタ

唯「けい・・・さん・・・しき・・・あれば」スタスタ

唯「いいー・・・のに・・・」ピタ

唯「んー・・・」

唯「・・・」

唯「・・・」スタスタ

唯「おぉ~」

唯「・・・夕焼け、きれいだなぁ~」

唯「・・・」

唯「・・・」


―――――

ジャ ジャジャ ジャーンっ ダダンッ!

律「そいやっ!!今日の練習はこれにて終了でっす!!」

澪「ん・・・今日は劇の練習があったから・・・1曲しかできなかったけど、しかたない・・・か」

梓「ですね・・・」アハハ

唯「りっちゃん。ガニマタ禁止っていったじゃ~ん」ニマニマ

律「うっせー!!そのネタいつまでも引きずんなっての!つーか、ドラムやってたらガニマタは必然なんだからなっ!!」

紬「りっちゃん、もう1回腕触らせて~」タタッ

律「えーっ!?またかよー!!今日の劇の練習のときに散々触っただろっ!?」

紬「でも、りっちゃんの腕すっごいツルツルなんだもんっ!」ツルツル

律「んなこと言われてもうれしくねーって・・・」

澪(・・・私よりツルツルとか・・・おかしいだろ・・・絶対おかしいだろ・・・)ガチャガチャ

梓「あはは・・・(めっちゃ笑いたいけど、今笑ったらまたなんか技かけられるからやめておこう)」ガサガサ

律「おい、梓、今ものすっげー計算高いこと考えたろ」

梓「さぁて、どうでしょうかね~」アハハ

律「ふん。あとでコブラツイストしてやる。はい、ムギおしまい」バッ

紬「あ~」

律「さてと・・・」スタスタ

澪「もう帰るのか?」

律「あー・・・、そだけど。なんかある?」

澪「・・・・いや、べつに」

律「ん」

唯「あ、あずにゃん・・・あのさー今日・・・」

律「ほら、梓、行くぞー!!」

梓「あ、はいっ」

唯「あ・・・」

梓「あ・・・」

梓「・・・えっと・・・明日でいいですかね?ちょっと急いでるので・・・」

唯「・・・え、あ、う、うん。明日でも大丈夫だから」ワタワタ

梓「すいません。じゃあ、また明日!!おつかれさまでしたー」ダッ

唯「・・・」

澪「・・・」

澪「帰るか・・・」

唯「だね。かえるよ、ギー太」ヨイショ

紬「えぇ、戸締りするわね・・・(なにかしら、この恋愛スクランブル)」

―――――

紬「今日はちょっと用事があるからここで」

澪「そっか」

唯「用事?」

紬「えぇ、ちょっと。家のことで。ね」

澪「じゃあ、気をつけてな。こっちの道って今の時間危ないから」

紬「うん。澪ちゃんと唯ちゃんも気をつけて。じゃあまた明日」

唯「また明日ね~」

・・・
・・

澪「今日はどうだった?私はやっぱり前のハモリ方よりも今のほうがいいんだけど」

唯「う~ん・・・」

澪「・・・」

唯「澪ちゃん」

澪「ん?なんだ?」

唯「なんか、私、やっぱ歌のスランプなのかな?」

澪「へ?」

唯「というか、ずっとなんだかモヤモヤする、胸のあたりが・・・」

澪「モヤモヤ・・・」

唯「うん。なんでかホッチキス歌ってるときはとくにモヤモヤする・・・
  ごはんの時は大丈夫なんだけどなぁ~・・・」

澪「・・・ホッチキス」

唯「あずにゃんもなんだか忙しいみたいで、ギターのこと全然聞いてくれないし・・・」

澪「・・・」

唯「他にも話たいこと、いっぱいあるのに」

澪「・・・」

澪(そういえば・・・)

澪(最近、唯と梓が一緒に帰ってるの見てないなぁ)

唯「今日だって帰りに一緒にアイス食べたかったのに・・・」

澪「・・・唯、それってさ」

唯「ん?」

澪「あ、・・・いや、なんでもない」

唯「そっか。なんだかごめんね、澪ちゃん劇のほうも大変なのに」

澪「べつに迷惑なんかじゃないんだけどさ、その・・・」

唯「?」

澪(こ、こういうときって・・・なに言えばいいんだろう・・・)

澪「あ、・・・明日はさ、梓に聞いてアドバイスもらってみようか」

唯「んー・・・でもあずにゃん、聞いてくれるかな?」

澪「大丈夫、明日はきっと聞いてくれるよ、唯のことなら」

唯「そうかな?迷惑じゃないかな?」

澪「迷惑なわけないだろ?気にしすぎだよ、唯は」

唯「んー・・・だといいんだけどね」エヘヘ

澪「・・・じゃあ、ここで」

唯「うん。ありがとね、澪ちゃん」

澪「え?私はお礼言われるようなことなにもしてないぞ?」

唯「いいからいいから。じゃあ、また明日」

澪「ん、また明日な、気をつけて」

唯「澪ちゃんもね~」

・・・
・・

唯「・・・」スタスタ

唯「・・・」スタスタ

唯「・・・」スタスタ

テテテテ

唯「・・・あ、ねこ」

唯「あずにゃん、ねこだよ、ねこっ」くるっ



唯「・・・」

唯「・・・あ、そだった・・・いないんだった・・・」

テテテテ

唯「あ・・・ねこいっちゃった・・・」

唯「・・・」スタスタ

唯(1人で歩くこの道って・・・さみしいなぁ)スタスタ

唯「・・・」スタスタ









唯「あずにゃん・・・」ボソッ


26通りめ 唯 終わり



律「いやーいい風呂だった」ホカホカ

律「♪~」チラッ

カチッ カチッ カチッ

律「まだ、準備するにははやいか・・・」ドサッ

律「・・・」

律「まぁ、高校生にもなって誕生日に嬉しいとかもうないんだけどさ」

律「そーいうんじゃねーんだよ、そーいうんじゃ」ウンウン

律「・・・」

律「・・・」

律「・・・」ウズウズ

律「な、なんか落ち着かないな」ハハハ

律「ざ、雑誌でもよ、読むかっ!!!」ガバッ

律「・・・」ペラッ

律「・・・」ペラッ

律「・・・」

律「っっだーーーー!!!内容が頭にまったく入ってこねぇぇええー!!!」

律「うぅうう・・・くそぉ・・・」チラッ

カチッ カチッ カチッ

律「・・・時間・・・すぎるのおせぇー・・・」

律「・・・」ウトウト

律「・・・zzz」


25