澪「・・・なんだよ、それ」

律「なんだよって?」

澪「まるで私があんなこと言ったからそうしたみたいだろ。立花さんがかわいそうじゃないか」

律「・・・んー、そうかもな」

澪「そうかもって・・・お前・・・」

律「でも、立花さんもうバイトやめるんだってさ」

澪「え?」

律「あぁ・・・、勘違いするなよ?もうさすがに受験が近いからやめるってだけの話」

澪「・・・そうなのか」

律「ん。だから、『もう送らなくていいから』って言われちゃってさ」

澪「へー。立花さんにもフラれたんだな」

律「フラれたって?なんの話だよ、てか『も』って・・・お前」

澪「・・・べつに(こいつ・・・立花さんに好かれてるの、気づいてないのか?)」

律「・・・たく、まぁ、だからそういうことですよっていう話!」

澪「ふーん」

律(・・・やっぱこんな話してもそっけないまんまか)

澪「・・・」

澪「・・・律は」

律「ん?」

澪「律はそれでいいのか?」

律「それって?」

澪「立花さんと帰れなくていいのかって」

律「え?なんで?」

澪「だって、立花さんと一緒に居たかったから送ってたんだろ?」

澪「わ ざ わ ざ」

律「・・・え?いや、別に」

澪「へ?」

律「だって、夜1人で帰るのが危ないから送ってたわけだし。
  もう送る必要ないなら一緒に居るも帰るもなにも。つーか、そういうの考えたこともないし」

澪「・・・そう、なのか」

律「んー・・・これ何度も人に言ってる気がするけど、そもそも俺は立花さんのことそういう風に思ってないからね。
  そこ勘違いすんなよ!これ超重要な!!」

澪「・・・」

澪「ん。わかった・・・」

律「よし!・・・さて、俺も台本読むか。せっかくムギが作ってくれたんだしな」ペラペラ

澪「・・・」

澪(そうなんだもう一緒に帰ってないんだ・・・)

律「・・・あれ・・・?」ペラッ・・・ペラッ・・・

澪(律は、・・・立花さんのこと、好きじゃないんだ)

澪(・・・よかった)ホッ

律「ここも、ここも、このページも、このページも・・・」ペラッ・・・ペラペラペラ

澪(あ、・・・でもそれならなんで)

澪(最近部活終わっても1人で先に帰るんだよ・・・りつ)

律「全部じゃねぇか・・・!!」ガビーン

澪「ん?どうしたんだ?」

紬「あ、りっちゃん気がついた?」

律「おい、ムギ!!」

紬「なにかしら?」ニッコリ

律「台本のセリフとか名前が全部・・・」

律「『ロ澪』と『ジュ律エット』なんだけど」

澪「え?」

紬「うん!それわざと!!」

律「」

澪「もしかして・・・台本全部それ?」

紬「うん!!そうなの!!とっても素敵でしょ?」エヘヘ

澪「」

律「ジュ律エットって・・・だじゃれかよ・・」

澪(あ、でも・・ロ澪とジュ律エットか・・・)

澪「少し、いいかもしんない」ボソッ

律「まじかよっ!?」ガビーン

紬「私、夜中に悪ノリしちゃうのが夢だったの~」

律「悪ノリで台本をかいてくんなっ!」ポコッ

紬「あたっ!」

姫子「っていう話なんだよ、ロミオとジュリエットは」

唯「はいはいはい!!姫子ちゃん!質問です!!」

姫子「はい、なんでしょうか、唯ちゃん」

唯「ということは、りっちゃんは女の子の役をやるんですか!?」

律「って、お前はまだ役の把握もできてないんかいっ!?」パコーン

唯「あいたっ!?」

律「ったく!!・・・コーラ教室でぶちまけるやつがいるやら、悪ノリで台本書いてくるやつやら、話は飽くしてないやつやら・・・」

律「だいじょうぶかよ、この劇は!!」

澪「話を把握してなかったのはお前もだろ。いばるなよ」がつ

律「いたっ!?おまっ!!今台本の角でぶったろ!?」

澪「なんのことだか~♪」

佐々木「あらぶる秋山さんも素敵だわ・・・胸がキュンキュンする」

佐々木「俺も台本の角っこで頭叩かれたい」キリッ

瀧「佐々木、コーラ買ってきて。なくなっちゃった」

佐々木「あ、今秋山さん見て目の保養してるからそれ無理。てか、だれがお前のためにコーラ買いに行くかっての!!」

瀧「なんだとぉ~!?」がつ

佐々木「いって!?おめー今台本の角でぶったろ!?」

瀧「だって、叩かれたいってさっき言ってたジャン」

佐々木「おめーにじゃねーよっ!?」

唯「りっちゃん、女の子の格好するんだ~おっかし~」ケラケラケラ

律「だから、お前はワンテンポ話題が遅いっての!!」

姫子「いや、そのツッコミはなにかおかしいと思う・・・」

和「・・・・いや、みんなちゃんとやれよ・・・練習の初日からなんだよ、このカオスは・・・」ふきふき

いちご「まだコーラふいてたんだ」

和「・・・あぁ、意外と飛ぶんだな、コーラって。新発見だ」ふきふき

いちご「・・・」

いちご「・・・手伝う」ふきふき

和「あ、ありがと」ふきふき


24通りめ ティッシュとコーラ 終わり



梓「やっべー・・・掃除当番で遅くなっちゃったよ。早く部活部活」タタタタタ

梓「くそ・・・廊下めっちゃ暑いな・・・」タタタタタ

ふっ

梓「ん・・・?」

梓「今のって・・・」

梓「・・・間違いないよな?」

梓「・・・でも、どうして・・・今の時間にあっちの方向に?」

梓「どうせもう部活には遅れてるんだし、ちょっとくらいいいよな・・・・」スタタタタ

―――――

梓「・・・うわ・・・人気がない校舎の墨側とか・・・」スタスタ・・・

『~~~~~』

梓「あ。・・・話声が聴こえる・・・」ピタッ

梓「というか、このシチュ・・・もしかして・・・」そぉっ・・・

『あ、あの!!いきなり呼び出してすいませんっ!!』

唯『あはは~~。たしかにいきなりだったけど・・・その、用事ってなにかな?』

梓「・・・・・・」

『え、!?あ、っ・・・そ、そのっ・・・!!!』

唯『うん?』

梓「ま、まじかよ・・・あれって、たしか4組のやつだよな?」

梓「噂では聞いてたけど、男のおれから見てもかっこいいとか・・・どんだけイケメンだよ・・・」

梓「つーか、そんなイケメンから呼び出しくらう平沢先輩って・・・」

梓「・・・・・・」

『あの、俺!1年4組の男っていいます!!』

唯『うんうん。そうなんだ~。それで男くんが私になにか用なのかな?』

『え!?っと・・・その・・・ですね・・・』

梓「うわ・・・この空気で・・・平沢先輩ってひょっとして鈍感なのか・・・?男のやつあれ・・・フラれるだろ」

梓(つーか、俺はなんで覗き見しちゃってるんだ・・・見ていいもんじゃないよな、人のこういうのって)

梓(でも・・・もしかしたら、未来の俺の姿かもしれないしな。そうかんがえると・・・目が離せない・・・)

『あ、あの!!俺・・・!!あなたのことが好きでそれで・・・!!』

梓(あ・・・)

唯『えーっと、ごめんなさい』ペコッ

『え・・・?』

梓(え・・・?)

唯『・・・・』

梓(・・・平沢先輩?てか、断るのはやいな。あれはちょっと自分がやられたらかなりきついぞ・・・)

『え・・・フラれました?』

唯『うん。フリます。だからごめんなさい』ペコッ

『・・・えっと、理由を聞いてもいいですか・・・?』

梓(なかなかくいさがるな、男。俺ならもうテンパって走って逃げてそうだ・・・)

唯『私、好きな人いるんだ』

梓(・・・)

梓(・・・なんだ、そうなんだ。好きな人いるのか・・・平沢先輩)

梓(あれ?・・・なんで俺、こんなにがっかりしてるんだ・・・?)

『それって・・・先輩の好きな人って誰ですか?』

梓(いや、男、そこまで聞かなくても!?というか、俺もすっげぇ知りたいけどさぁ!!)

唯『う~ん。それはたぶん、男くんが知らなくてもいいことだと思うんだけどな』

『それはそうかもしれないですけど、でも・・・!!先輩が誰がすきなのか・・・気になるんです』

唯『・・・』

梓(うん。気になる・・・誰がすきなんだろう・・・やっぱ、同じ学年の人なのかな?)

唯『あのね。たとえば私が今ここで男くんに私の好きな人の名前教えても何も変わらないと思うんだ』

『なにも・・・かわらない?』

梓「・・・・・・」

唯『うん。というか、変わらないって言い切れるよ。だって、私、その人のこと、本当に好きなんだもん』

『・・・・・・』

梓(・・・・そんなに好きな人がいるんだ、先輩)

梓(ってか・・・あんな風に人に自分の意見を言える人なんだな・・・・)

梓(ちょっと・・・意外だな。いや、意外ってなにがどう意外なのか自分でもよくわからないけど)

『そうですか・・・』

唯『うん。だからごめんね。』

梓(っと、そろそろ・・・行かないとはちあわせはやばいよな、さすがに・・・)ヨイショッ

タタタタタ――



唯『じゃあ、私、部活だから。そろそろ行くね』

『あ、あの―っ!!』

唯『ん?なにかな?』

『そ、その。往生際が悪いんですけど、その先輩の好きな人って・・・同じ学年ですか?』

唯『・・・えー。言わなきゃだめ?』

『やっぱり、そうなんですかね?』

唯『うーん。・・・まぁ、私よりは精神的に年上なんじゃない・・・かな?』

『・・・てことは、年下なんですか?』

唯『あはは~。詮索はなしってことで!!じゃあ、ばいばい!!』スタタタ


―――――
がちゃっ

梓「こんにちはー」

紬「あら。梓くん、こんにちは」

律「梓おせーぞー!!」

梓「すいません。掃除当番だったので・・・って律先輩と琴吹先輩だけですか?」

律「あぁ・・・澪はなんか用事で」

梓「ってことはまた秋山先輩は呼び出しですか?」

律「・・・そうだよ、バーカ」

梓「ばかって・・・俺に当たってもしょうがないでしょ?」

紬「りっちゃん、だめよ、人に当たっちゃ」

律「っち・・・はいはい。わかったわかった」

紬「唯ちゃんはちょっと用事があって遅くなるって。お茶いま用意するから座っててね」

梓「あ、あぁ・・・そうなんですか。あ、どもです」

律「・・・」ボケー

梓「・・・」ボケー

梓(なんか・・・聴くんじゃなかったな・・・やっぱり・・・そっか。先輩すきな人いるのか。そっか)

梓(こんな日に限って空がきれいだな・・・)

紬「2人してぼけーっとしちゃってどうしたの?はい、これ梓くんのお茶」コトン

梓「あ、ありがとうございます・・・」

梓「」ズズッ

紬「どうかしら?」

梓「・・・おいしいです。さすが琴吹先輩」ニコッ

紬「ふふっと、ありがとう」

トントントントン

律「・・・お!」

梓「誰かきたんですかね?」

がちゃ

唯「こんちゃーっす!」

律「・・・なんだ、唯かよ」

唯「唯かよっていきなりひどいよりっちゃん!!」ガーン

紬「用事はもう終わったの?」

唯「うん!!遅くちゃってごめんね~」スタタタタ

梓「・・・」

がたん すとん

唯「ふぅ・・・やっぱりこの席はおちつくなぁ~~」ノビー

梓「・・・なにか落ち着かないことでもあったんですか?」

唯「んー・・・そういうわけじゃないんだけどね」エヘヘ

梓「そうなんですか・・・」

紬「はい、唯ちゃん、お茶よ~」

唯「うわ~い!!ありがとう!!ムギちゃん!!」

紬「ふふ。そういう風に唯ちゃんに喜んでもらえると嬉しいわ」

唯「あれ?そういえば、澪ちゃんは」ゴクッ

律「・・・用事だよ」ボソッ

唯「用事って・・・あれ?」

紬「うん。そう」ズズッ

唯「へー、澪ちゃんもてもてだねぇ~」

梓(あなたがそれをいいますか・・・)ゴクッ

唯「あー!だからさっき私が入ってきたとき、りっちゃん、
  まるでスーパーの前につながれて飼い主さんを待つ犬みたいな反応したんだねー」

律「どういう意味だよ」

唯「だって、私じゃなくてみ―フグッ」

律「っだーーー!?みなまで言うな!?そういうことはわかってても心の中にしまって鍵をかけておくもんなんだぞ!?」

唯「うわっぷ、ちょ、ちっちょっと!?りっちゃん、わかったから手で口押さえないで、く、苦しいっ!?」

紬「あらあら♪」

梓(この2人に男と女という遠慮は互いにないのだろうか・・・平沢先輩も嫌がってないみたいだし)

梓(・・・嫌がってない・・・・もしかして)

梓(・・・先輩の好きな人って、律先輩なのかな・・・・?)

唯「ふぅ・・・・苦しかった・・・」ケホケホ

律「でもさっきのは唯、お前が悪いっ!!」

唯「澪ちゃんのこととなるとすぐこれなんだから・・・まったく」

律「あー?なにかな、唯、もしかして遠まわしに口ふさぎリクエスト?」ニッコリ

唯「あ、それよりさ、みんな!!」

律「それよりってなんだよ、おい」

梓「なんですか?」

唯「今度うちの近所で夏祭りあるんだよ~」

梓「へーそうなんですか」

紬「夏祭り・・・!!!」

律「そっちの方面のってたしか花火あがるんだったっけ?」

唯「うん、だから、みんなで行きたいなって思って!和ちゃんとか、憂とか純ちゃんとかも誘ってさ!」

律「いいなー!いいぜーみんなで行こう!!」

紬「花火ってなんだか夏らしくていいわね!!」

梓(花火かぁー。花火ってあんまり見たことないなぁ)

唯「だよねー!!だからみんなで行きたくってさ!あずにゃんも行くよね?」

梓「え?あ、」

唯「行くよね・・・?」

梓「・・・はい。みなさんが行く、のなら・・・」アハハ

唯「よかった~~。これで楽しみが増えたねぇ~~」ニコッ

梓(・・・楽しみが増えたのか・・・なら、よかった)ハハハ

律「っと、もうこんな時間じゃねーか。帰らないと」

紬「あら、ほんと・・・澪ちゃんは今日はもう来られなかったわね」

律「まぁ、しかたないさ・・・用事なんだし」

唯「今日は私も遅れちゃったしごめんね?」

律「んー、今日は梓も遅かったし、タイミングが悪い日だったんだろうな」

唯「あれ?あずにゃんも来るのおそかったの?」

梓「あぁ・・・まぁ・・・掃除当番だったもんで」

唯「そうなんだ」

梓「あはは・・・」

律「俺は澪待っとくから、いつもみたくみんな先に帰っててくれや」

紬「うん、わかった」

唯「じゃあ、また明日ね~りっちゃん!!あ、花火のこと澪ちゃんに話しといて!!」

律「へいへい。じゃあ、今日つけて帰れや」

梓「はい。おつかれさまでしたー」

紬「じゃあ、また明日ね、りっちゃん」

律「おう」

スタスタスタスタ

律「・・・さてと。今日はどれくらい待つのかね」

律「あんだけきれいだった空ももう雲がたくさんでてきてるな・・・明日は雨でも振るのか?」

律「それにしても、夕焼けはきれいなオレンジだな」

律「こんなに夕焼けがきれいだと・・・・」

律「腹がへる」グー

律「帰りは牛丼の気分だな、こりゃ」

律「遅いなぁ・・・もしかしてOKとかしてたりとか・・・?」

律「まさかね?」グー

律「・・・」

律「こんな気分のときにも腹はなるのか」

律「・・・」

律「あー、早く来いよぉ!!みおのバカやろー!!」ウガー


25通りめ 続く



22