紬「じゃあ、2人ともまた明日ね」

唯「うん!みんなまた明日~」

律「おー・・・じゃあなー」

澪「・・・あぁ・・・、また明日な、唯」

梓「・・・おつかれ・・・さまでした・・・唯先輩」チラッ

律「梓、俺に『お疲れさま』はないのか?」

梓「あるわけないです」

律「おい!?」

梓「じゃあ、おつかれっしたー」

唯「あずにゃん、また明日ねぇ~!」

梓「あ、はい・・・・また明日・・・です。では」

ばたんっ

唯「・・・」

律「・・・」

唯「よーし、みんな帰っちゃったー」

律「あぁ・・・だな。で、なんだよ、話って」

唯「まぁまぁ。とりあえず、立ち話しもなんだし、すわろっか」

律「・・・ん」


―――――

澪「今日はなんだか練習はかどったな」スタスタ

紬「そうねー」スタスタ

梓「・・・」トボトボ

澪「いつもあれくらい唯も練習がんばってくれたらいいんだけどなぁ~」ンー

紬「でも、今日はりっちゃんもがすっごい練習がんばってたわね」

梓(ゆ、唯先輩・・・律先輩に、何を話すんだろう・・・)

澪「あ、あぁ。・・・そうだったな・・・」ハハハ

梓(もしかして・・・、唯先輩・・・)

紬「・・・(澪ちゃん・・・やっぱりりっちゃんの話、避けてる?)」

梓(・・・律先輩のこと、好きなのかな・・・?)ザワッ

澪「・・・ところでさー、あずさー」クルッ

梓「・・・(え・・・でも、律先輩は秋山先輩と付き合ってるんだし、二股野郎だし・・・)」ボー

紬「?」

澪「あずさ?」

梓「・・・(別に唯先輩が律先輩好きでも俺には関係ないし・・・)」ボー

紬「梓くん?」

梓「・・・」

澪「おーい、梓ってばぁ」トントン

梓「へっ!?」

澪「あーやっと気づいたか」

梓「え?」

澪「何回か呼んだんだけど・・・ぼーっとしてた?」

梓「あ、す、すいません。気づきませんでしたっ」

紬「考え事でもしてた?」

梓「・・・あー・・・いや・・・っとー・・・」

梓(ど、どうしよう・・・)

紬澪「?」

梓(・・・意識しないでいようとすればするほど)

梓(ものすごく気になる――っ!!!)

梓「・・・」

梓「・・・あ、あのっ!」

澪「おう?どうした?」

梓「―っと、そ、その、ですね、」ゴクッ

紬「ん?」

梓「あ、あはは、俺、ちょ、ちょっと、教室に忘れ物しちゃったみたいで!!」ワタワタ

澪「そうなのか」

梓「は、はい!なんで、今から取りにいくんで、秋山先輩とムギ先輩は先に帰っててください!」

紬「待っててもいいよ?」

澪「うん。取りにいくなら待つぞ?」

梓「え!?・・・い、いえ、その、待ってもらうとか申し訳ないんで、帰っていいですから」ハハハ

梓「じ、じゃあ、失礼します!おつかれさまでしたっ!!」ダッ

澪「・・・あんなに急いで。そんなに大切な忘れ物なのか」

紬「梓くん・・・」

澪「・・・」

紬「戻った?」

澪「だろうな。明らかに不自然だろ、梓」マッタク

紬「梓くん、唯ちゃん好きなんだね」

澪「なんだ、ムギ。知らなかったのか?」

紬「ううん。2人ともわかりやすいもの」フフッ

澪「そっか。たしかに。梓、わかりやすいもんな」

紬「なんとなくそうなんだろうなぁって思ってはいたけど、こうはっきり確信は持ったことなかったから」

澪「まぁ、梓は隠せてるって思ってるんだろうけどな」

紬「バレバレよね」クスクス

澪「バレバレだよな」クスクス

紬「・・・澪ちゃんは行かなくてもいいの?」

澪「・・・」

紬「やっぱりっちゃんと何かあったんだ」

澪「・・・わかる?」

紬「澪ちゃん。私たち、どれだけ毎日一緒にいると思ってるの?」

澪「ですよね・・・」タハハ

紬「クラスのみんなには隠せてたかもしれないけど」

紬「私と唯ちゃんに隠せると思うほうが間違ってるわ」

澪「やっぱ、唯もそうなのか・・・、ずっと寝てばっかりだと思ってたのにな」

紬「むしろ、私よりも唯ちゃんのほうがそういうみんなの変化には敏感だと思うけど」

澪「あぁ、言われてみるとたしかに」

紬「でも、とりあえず今回は澪ちゃんが変わりすぎ」

澪「・・・そう?」

紬「そうよ。まず自覚がないってのはもうダメじゃない」

澪「・・・そ、そうかな・・・?」

紬「普段の澪ちゃんならあんな風に劇の主役なんか引き受けたりしない」

澪「・・・」

紬「それに、りっちゃんのことやたらに自然に接してる」

澪「・・・それって変か?」

紬「澪ちゃんが自然に接するからりっちゃんもいつも通りに接しようとしてるんだろうけど」

澪「あー・・・」

紬「りっちゃんは、ぎこちないわよね」

澪「・・・律は、嘘へただからなぁ・・・」

紬「嘘が下手なんじゃないでしょ。りっちゃんは戸惑ってるのよ」

澪「・・・」

紬「『自然』を装う澪ちゃんがりっちゃんにはあまりにも『不自然』だから」

澪「・・・んー、たしかに」

紬「・・・」

澪「そうかも・・・ムギの言うとおりかもしれない」

紬「・・・」

澪「でも、私だって・・・譲れないことがあるんだよ・・・ムギ」

紬「りっちゃん、澪ちゃんになにかした?」

澪「したといえば・・・したけど」

紬「姫子ちゃんのこと?」

澪「・・・」

澪「知ってるのか」

紬「なんとなくね」

澪「そっか。でも、それは時間が経つにつれて私がわがままなだけな気もしてきてる・・・」

紬「・・・」

澪「でも、ちょっと離れたほうがいいと思ったんだ。お互いのために・・・」

紬「離れる?」

澪「あのー・・・そのだな、なんというか・・・・」

澪「隠しててもしかたないから言うよ、あのさ、ムギ」

紬「うん」

澪「・・・わかれた」

紬「え?」

澪「・・・」

紬「・・・え?誰と?」

澪「誰って・・・」

澪「・・・律と」

紬「・・・」

紬「・・・え?」


―――――

律「おいー、唯さっさと言えよー」

唯「えー、なに?なにか用事でもあるの?」

律「いや、別に用事はないけどさ・・・(こっちはまだ練習が残ってんだよ!)」

唯「あのね」

律「おう」

唯「りっちゃんさ」

律「なんだよ」

唯「ずばり!」

律「ずばり?」

唯「澪ちゃんにフラれたでしょ」

律「」

―――――

梓(なんだとー!?)ゼェハーゼェハー


23通りめ  続く



どさっ

律「おいムギ、なんだ?これ」

紬「台本出来たからみんなの分刷って持ってきちゃった!」

澪「みんなの分って・・・」

姫子「てか、ムギ、一人でこれ運んだの?」

紬「そうよ~」ニッコリ

瀧「すごいムギちゃん!!コーラ飲む?」

紬「コーラは・・・いらないわ」タハハ

佐々木「さすが琴吹さん・・・やることが財閥・・・」ザワ・・・ザワ・・・

紬「とりあえず、いる人は台本もらってね~!はい、りっちゃん、澪ちゃん、唯ちゃん」スッ

律「あぁ・・・あんがと」

唯「ありがとうムギちゃん!」ウワーイ

澪「ありがとう、ムギ」

紬「和くんも」スッ

和「あぁ、ありがとう。でも、こういう経費はクラスに割り当てられてる予算で出すからよかったのに」

紬「いいのよ!これくらい!!その分、劇の小物とかにお金を使ったほうがいいでしょ?」

三花「ムギちゃんは、しっかりしてるねぇ~」ジーン

和「まぁ・・・たしかに・・・でも、お前が1人ですることでもないだろ?」

紬「大丈夫!!菫ちゃんに手伝ってもらったから!!」

和「でも・・・」

紬「私、締め切りに追われた漫画家みたく切羽詰って作業するのが夢だったの~」

和「あぁ・・・そうなんだ。というか、切羽詰まったんだ・・・菫ちゃんも?」

紬「うん!!」ニッコリ

和「(・・・紬の思いつきに付き合わされて大変だったろうにな。いつか菫ちゃんにはお礼をしよう)」ウンウン

佐々木「おい、真鍋!お前らなにいちゃついてんだよ」

和「いちゃついてないから」

瀧「佐々木!自分にいちゃつく人いないからって人にいちゃもんつけるのやめなってば!」

佐々木「ま~たお前は横から口を挟む。てか、かんけーねーだろ!黙ってコーラでも飲んどけよ」

瀧「なんだと~!コーラなめんなよぉ!?」シャカシャカシャカ

佐々木「お、おい!?なに振ってんだよ!?・・・まさか・・・!?」

瀧「そのまさかだ!!くらえ佐々木ぃ!!コーラの怒り!!」ぶしゃー

佐々木「ぎゃ―――!?こっちむけんなっ!?てか、教室でコーラ人にぶっかけんな!このばかっ!?」

瀧「あっはっはっは!!」

和「お前ら、教室でなにやってんだよ!?」

信代「ふくもの拭くもの!!だれかティッシュもってないの!?」

いちご「私・・・もってる」スッ

信代「あ、ありがと・・・って、ポケットティッシュじゃなくて箱!?」

いちご「私、慢性鼻炎だから」ズズッ

信代「あ、そ、そうなんだ」ヘー

佐々木「いいからはやくティッシュくれぇ~・・・びしょびしょだよ、どっかのバカのせいで」ビシャビシャ

瀧「バカはよけい。でも、ベトベトはしてないでしょ?」

佐々木「え?・・・・あ、ほんとだ。なんで?」

瀧「これ、ゼロコーラだから。砂糖入ってないんだ」

律「なにやってんだ、あいつら・・・ばかか」

澪「だな・・・」

律「へ?(み、澪が返してくれた!?)」ビクッ

澪「あっ(しまった、つい返してしまった)」

澪「あ、あー・・・っと、えっと、だ、台本よまないと!!」パラパラパラ

律「・・・」

澪「へー・・・なんだかすごいなぁー・・・(私、これ、本当に主役なんて出来るのかな?)」パラパラパラ

律「・・・あのさ、澪」

澪「・・・」パラパラ

律「・・・」

澪「・・・」パラパラ・・・

澪「・・・なんだよ」ボソッ

律「あのさ、・・・その・・・なんというか、言い訳にしか聴こえないかもしれないし、言うことすら無駄なのかもしれないことなんだけど」

律「知っといてほしいから言う」ポリポリ

澪「なんだよ」

律「あの日から・・・その、な。立花さん、送って帰ってないんだ」

澪「・・・」


唯「ふむふむ・・・なかなか出番が多いね、木(G)」

姫子「あ、ほんとだ。唯がんばってねぇ~」

唯「うん!がんばるよー!!」

姫子「ふふっ。・・・あ」

唯「というか、ロミオとジュリエットってどんな話なんだろう。私知らないや」

姫子(田井中くんと、秋山さん2人で何か話ししてる・・・)

唯「う~ん・・・シンデレラとどう違うんだろう。ね、姫子ちゃん」

姫子(なに話してるのか聞こえないけど・・・)

唯「姫子ちゃん?」オーイ

姫子(・・・やっぱ、2人は2人でいるのがお似合いだなぁ)

唯「姫子ちゃんってばぁ!!」ヒョイ

姫子「わぁ!?唯、顔ちかいって!」

唯「だって、姫子ちゃんが話し聞いてないから悪いんだよぉ~」

姫子「あぁ、ごめん、ごめん。ちょっと考え事してて」

唯「ん、もう!ちゃんと話きいててよね!!」

姫子「たはは・・・ごめんってば、ゆい」

唯「っていうか、これってどういうこと?」

姫子「へ?どれ?」


21