キンコンカーンコーン

憂「純ちゃ~ん一緒にかえろ」

純「あ・・・ごめん、憂。ちょっと用事があって・・・(今日は4人めずらしくそろえる日だから)」

憂「そっか・・・」

純「ごめん」

梓「おい、純、はやくしろよ!」タッタッタ

純「お、おう!じゃあ、また明日!」タッタッタ

憂「あ・・・」


キンコンカーンコーン

憂「純ちゃ~ん一緒にか」

純「ごめん、今日も(和先輩、いい加減音符の読み方覚えさせなきゃ・・・)」

憂「わかった・・・」


キンコンカーンコーン

憂「純ちゃ~ん・・・」

純「すまん、憂・・・今日も・・・ムリ・・・(今日は先輩たちが劇の練習してるから部室で梓と)」タハハ

憂「・・・」

梓「おい、純、はやくしろよ、時間なくなっちまう!!」

純「あ、わりぃ!ご、ごめんな、憂!!それじゃあ」ダッ

憂「・・・」

がしっ

女A「う~いちゃん!」

憂「ひゃ、ひゃあ!?」

女A「おわっ!?びっくりした!!」

憂「あ、ご、ごめんね・・・」

女A「ううん、いきなり抱きついた私も悪いし!てか、憂ちゃんやわらか~い」ムギュムギュ

憂「ちょ、ちょっと、女Aちゃん!?ど、どこさわってるのかなぁ?」アハハハハ

女A「このやわらかさは純くんのおかげかな~!?」

憂「・・・怒るよ?」

女A「えへへ。じょーだんじょーだん!」パッ

憂「もう・・・」

女A「それよかさ、ねぇ」

憂「ん?」

女A「最近、鈴木くんと梓くんって仲いいよね?」

憂「ん~、最近っていうより、もともと2人は仲いいと思うけどなぁ」

女A「なんていうかさ、男友達としての仲のよさはもともとあったんだけど、最近はそれにさらに磨きがかかってるっていうかっ!」

憂「そうかな・・・?」

女A「そうだよ。だって、鈴木くん、最近憂ちゃんとよりも梓くんと一緒にいることが多い気がするし」

憂「それは・・・」

女A「だよね?」

憂「・・・そうだけど」

女A「やっぱ噂通り、出来てるのかな?」

憂「ふぇ!?」

憂「で、出来てるって?な、なにが?というか、噂って?」

女A「え?憂ちゃん知らないの?」

憂「なにを?」

女A「いや、最近クラスの女の子たちが言ってるから憂ちゃんも知ってるものだとばかり・・・」

憂「え?どんな噂なの?」

女A「・・・聞きたい?」

憂「聞かないほうがいい噂?」

女A「どうだろ・・・世の中には知らないほうがいいこともあるし。今まで知らなかったんならきっと知らなくてもいいことなんじゃないかと私はこっそり入れ知恵しちゃうけど」

憂「たしかに。でも、そこまで言われたら・・・」

女A「言われたら?」

憂「・・・・知りたくなる」

女A「まぁ、別にたいした噂でもないんだけどね(・・・でも、憂ちゃんにだけ伝わってないってことはみんな空気読んでるのか?)」

憂「なら、教えてほしいなぁ~」

女A「(あれ?・・・それでみんな教えてないってことは・・・これ私、本人に言って大丈夫なの?私空気読める子でいたいんだけど)」

憂「ほしいなぁ~」

女A「うっ!?(憂ちゃん、女の私相手にその上目づかいは反則でしょーがっ!!)」

女A「(かわいすぎるんですけどっ!!)」

女A「え・・えとさ、・・・そのね、噂って言うのはね」

憂「うん!」

女A「鈴木くんと梓くんが付き合ってるんじゃないかって・・・噂」

憂「」

女A「(うわ―――――!!顔から表情が一瞬で消えた―――――!?)」

女A「・・・・あははははははは!そ、そんなわけないよね!!鈴木くん、彼女いるのにそっちの道に走るわけないってね!!!」バシバシバシバシ

憂「い、いたっ!?」

女A「もー!み、みんな何言ってるんだかっ!!私あとでしかっておくからー!!
   ほんと『お前閻魔大王の生まれ変わりか!?』ってくらいしかっておくからー!あはははは」バシバシバシバシ

憂「ちょ、ちょっと背中叩かないでぇ!!」

女A「あ、ご、ごめんっ!?」

憂「う、うん。いいよ・・・噂も教えてくれたし」

女A「・・・」

憂「・・・」

女A「まぁさ、噂はあくまで噂だし、みんな面白がって言ってるだけだと思うからさ、気にしないほうがいいと思うよ」

憂「う、うん・・・。女Aちゃん、ありがとうね」ニコッ

女A「ううん。別にこれくらい・・・」

女A(憂ちゃんにしちゃったことの罪滅ぼしとしては全然うすっぺらいよ・・・)

「女A-!今日部活行かないのー?」

女A「あーいくいくー!!ちょっと待ってって!!」

女A「じゃあ、ちょっと部活行くけどさ、本当に気にしないでね!!鈴木くんは憂ちゃん一筋だよ!!!」

女A「本当にいろんな意味で!!」ドーン

憂「ははは・・・う、うん。ありがとう。部活がんばってね」

女A「うん!!じゃあ、また明日!!!」タッタッタ

憂「また明日~」

憂「・・・」

憂「・・・純ちゃん」

憂「本当に梓くんが好きなのかな?」

憂「・・・・・・」

憂「・・・よし!」


23通りめ  続く



キンコンカーンコーン

憂「純ちゃん、一緒にk」

純「あ、ご、ごめん憂・・・今日も・・・ムリだな・・・(今日はスタジオ練習だから遅れられない)」

憂「・・・」

純「じゃ、じゃあ、また明日・・・」スタスタ

ぎゅ

純「へ・・・?うい?」

憂「やだ」

純「え・・・いや、いやだといわれましても・・・というか、制服の後ろ掴まれると行けないんだけど・・・」

憂「・・・やだ」

純「えぇ・・・」

憂「純ちゃん、一緒にかえろうよぉ」

純(・・・あ)

純(この憂の顔は・・・経験上とてもまずい・・・!!!)

憂「ねぇってばぁ」ぎゅ

純「うへぇ・・・あ、あの、憂・・・こ、ここ学校だからちょっと抱きつかれるのは・・・///」カァ

スタスタスタ

純「ひっ!?う、憂!?ひ、人きてる!!人来てるってば!?」

憂「ん~~!」ぎゅうう

純(だー!?こんなときに憂がわがままモードはいっったぁあああ!?)

「鈴木くんって・・・」ヒソヒソ

純(ぎゃー!!今あっちからあきらかに『すずき』ってキコエタァー!?)

「・・・じゃないのかな?」ヒソヒソ

「え・・・ということは憂と三角カンケイ・・・」ヒソヒソ

純(憂と三角・・・よく聴こえなかった?なんの話だ・・・三角って?)

純「って!?う、憂!?人くる!?人来るから離れて!?」

憂「一緒に帰ってくれる?」

純「え?い、いや、それとこれとは別問題っていうか!俺、今日も用事あるんだって!!」

憂「一緒に帰ってくれないなら離せない」ぎゅ

純「」

純(え、どどどどどどうしよう。この抱きつかれ方はちょっと見られたら恥ずかしいぞぅ!?)

純「~~~エライコッチャ~~~」脳みそフル回転中

純(う、うん!よ、よし!!脳内シュミレーションしたところによると。な、なんとか間に合う!!一緒に帰っても間にあわせる・・・・)

純「・・・・」

すたすたすたすた

純「あ、足音近づいてきたぁ!?」ギャア

純「あ、・・・・・後で遅れるって電話すればいいのか」ピーン

純「今日は梓もいるしな、うん、そうだ!そうしよう!!」

憂(え・・・今純ちゃん、・・・『梓』って言った・・・?)

憂(やっぱり・・・噂どおり、純ちゃんと梓くん・・・)

純「憂、よしわかった!!今日は一緒に帰ろう!!」

憂「ほ、ほんと!?」ぱっ

純(おぉ!?離してくれた!?)

「あ、・・・憂と鈴木くんじゃん!」

純(だぁーーー!!ききいっぱつぅうううう!!!)

「あ、ほんとだー。こんなとこで2人どうしたの?」

「てか、あいかわらず仲いいですなぁ~」ニヤニヤ

「いま帰るとこ?」

純「あはは~~、ですよね~~(うちのクラスの女子のこのノリはどうも苦手だ・・・)」

憂「うん。いまから帰るんだ~」

純(憂が復活してる!!ヨカタ!!!)

「そっか!じゃあ、また明日ねー」

「ばいばーい」

すたすたすたすた

純「あはは・・・」

憂「ばいば~い」

純「・・・」

憂「・・・」

純「・・・じゃあ、帰ろうか」

憂「ほんとに?私・・・わがまま言っちゃったよね・・・?」

純「あー・・・まーね」

憂「こんなとこで抱きついちゃったし」

純「それは、・・・できれば今度からやめようね。鈴木くんから平沢さんに心からのお願い」

憂「うん。・・・ごめんね?」

純「・・・あ、うん」

純(でも、経験上、憂がわがまま言うときは俺がなにかしら無理とか我慢させちゃってるときなのよね)

純「・・・」

憂「・・・」

純「じゃ、帰ろうか」

憂「うん!」


―――――

憂「♪~」

純「・・・」

純「ねぇ、憂」

憂「ん?なに純ちゃん」

純「そんなに俺と帰るの、うれしい?」

憂「え?なんで?」

純「え?・・・だって、・・・」

憂「?」

純「あー、やっぱなんでもないっ!」

憂「そっか!」

純(機嫌いいときに鼻歌唄う癖・・・気づいてないんだもんなぁ~)

憂「♪~」

純(なんかこっちが恥ずかしくなってくる)

純(憂が今日わがままになった理由って・・・)

純(・・・)

純(うはっ!)

純(うわー、今なに考えたんだ!?ばかみてー・・・自意識過剰ですかっての!!)

純(いくら憂でも俺とずっと帰れなかったからストレスためたわけじゃないっつーの!!)

憂「あー・・・」

純「ん?」

憂「でもねぇー、一緒に帰りたかったのは本当だよ」

純「・・・」

純「そうなんだ」

憂「うん。だって、ずっと純ちゃんと一緒に帰れてなかったんだもん」

純「・・・」

純「・・・そっか」

憂「うん!」ニコッ

純「・・・」

純「あの・・・ちょっと、ごめん」

憂「ん?なにかわすれもの?」

純「いや・・・ちょっと、電話してもいいかな?」

憂「うん・・・いいけど」

純「すぐ終わるから!!」ガサガサ

憂(誰に電話するんだろう・・・?)

ピピピピピ

純「・・・あ、梓?」

憂(なんと!?)

純「あ、う、あぁ・・・うん、ですよね。わかります、はい。
  もう集まってるよな・・・あー・・・今?今まだ・・・学校っていうか・・・たぶん、今日ちょっと練習間に合えそうになくてさ」

憂(・・・練習?)

純「うぐっ!?声でかいって!!・・・えーっと・・・なんていうか、その・・・」

純「・・・あ、律先輩?」

憂(・・・・まさかの田井中さん!!?)

純「えぇーーっと、その、ちょっとその・・・ゴニョゴニョゴニョ」

憂(なになんなの・・・?もしかして・・・・田井中さんと、梓くんと・・・純ちゃんの・・・)

憂(ラブトライアングル・・・なの!?)

純「・・・っていうことで、今日は行けないんですけど」

憂(・・・でも)

純「はい、自分で練習はしっかりするんで。はい、すいません。ありがとうございます」

憂(一番純ちゃん好きなのは私だもんっ!)グッ

純「ではまたー」

ピッ

純「ふぅ・・・」

憂「純ちゃん!!」

純「あぁ、憂、今日はこれで心おきなく一緒に帰れるぞー!!」ニカッ

憂「手つなごう、手!」ハイッ

純「あぁ?・・・うん、いいけど・・・」ハイッ

ぎゅ

憂「うん・・・!」

純(ぐは、相変わらずやわらけ。ベースの弦とは大違いっす)

憂「これでよしだよっ!!」

純「?」

憂「純ちゃーん」エヘヘ

純「なんだかよくわからないけど・・・、ま、いっか!」

憂「今日は一緒にご飯も食べられる?」

純「おう!久しぶりに憂のご飯食べたいなぁ~」

憂「じゃー、今日はたくさん純ちゃんの好きなもの作るよ!」

純「おぉ~うれしいねぇ。ありがとな、うい」

憂「えへへ~」

憂「♪~」

純「・・・」

憂「♪~」

純「・・・」

憂「ん?どうしたの?ずっとこっちみて」

純「え、いや、なんでもないよ・・・うん」

憂「そっか!」

憂「♪~」

純(俺ってば、幸せもの)

純(・・・練習、がんばらないと!!)

憂「♪~」


23通りめ 憂と純 終わり



20