律「あwwwごめwwwまた変なとこいったwwwとってきて梓!!」スマンスマン

梓「…」タタタタ

梓「(あれ?もしかして…律先輩って)」アッタ…

梓「いきますよ~」

律「うっしゃー!!」

梓「うらっーー」ビュン

律「ほっ」バシュ

梓「(やっぱ捕るのはうまいんだけど)」

律「梓、お前球投げるのうまいなぁ~」

梓「いや、普通ですよ」

律「照れない照れない」

梓「照れてないっすよ」

律「いくぞ~」

梓「おぉー(今までのことから推測して律先輩は)」

律「今度はちゃんとなげるからな~」ブンブンブン

梓「(こんな素人が投げるのですら普通に見えるほど)」

律「ほれ!」ピョーン

梓「このノーカンやろぉぉぉおおおおおおお!!!!!!」

律「あ、ばれた!?」ケラケラ

梓「ばれた!?って自覚ありですか!!」

律「うん」

梓「いや、うんって!?キャッチボールできないのに誘わないでくださいよ!!」

律「久しぶりにしたらできるかな~って思ったんだけどなwww」

律「無理だったwww」

梓「なんですか!?それー!!」ウガー

律「そんな怒るなよwww」

律「あ、梓!!」

梓「え、なんですか?」

律「ボールとってきてwww」

梓「」

梓「うぜー!!!!!」タタタタ

律「www」

律梓「ヤイノヤイノ」




澪唯「……」


澪「何してんだ?あいつら」

唯「キャッチボール?」

澪「あ、キャッチボールか」

唯「りっちゃん全然ダメダメだね!」

澪「あぁ…あいつは…」

唯「?」

澪「中学生の時に体育の授業の練習がてら2人で練習してたからあいつは捕るのはうまいんだけどな」

澪「投げるの慣れてないんだよ」

唯「そーなんだ」

澪「うん」

唯「う~ん」

澪「?」

唯「じゃあ、澪ちゃんは投げるの上手いけど捕るのダメダメなんだね!」

澪「…いや」

澪「律の特訓むなしく、私は投げるのも捕るのもダメダメのままだ」

唯「なんと!?りっちゃん、不憫な子!!」

澪「まぁ、でも…」

唯「?」

澪「あいつら今、楽しそうだからよくない?」

唯「…」

律「うなれ!ナックルボール!!」ニョーラーン

梓「ちょ!?普通に投げることすらできないんだから、そういうのやめろ!!バカ!」

律「バカいうな、このバカ!」

梓「バカっていうほうがバカだろ!」ブン

律「うるせーよ!」バシッ


律「てか、言い出しっぺお前だからやっぱり梓がバカじゃんwww」ポーン

梓「だからどこなげてるんだって!?」

律「www」

律「つーか、お前ムキになって敬語とれてんだけど」
梓「あっ」

唯「……だね」ニコッ

澪「う、うん(かっこよく決めたかったのにびみょーに私がスベって
唯が空気よんだみたいな感じになった)」


14通りめ 律と梓 終わり



唯「あーめあーめふ~れふ~れあーずにゃーんが~」

唯「にゃ~のめーでお~むかえーうーれし~いな~」

唯「ぴーちぴーちちゃーぷちゃーぷ」

唯「にゃーんにゃーんにゃーん」

梓「……」

唯「えへへ~♪」

梓「なんですか?その歌は…」

唯「あずにゃんと相合い傘してる歌だよ~」ヘヘッ

梓「んなっ///」カァァ

唯「雨降ってて嬉しいなぁ~」チャプチャプ

梓「そ、そうですか…雨の日好きなんですか?」ピチャピチャ

唯「……ん~、じゃあ、そういうことにしとこうかな?」

梓「?」

唯「~♪」

梓「てか、今日雨の予報だったんですから傘忘れないでくださいよ…」

唯「たはは…ごめんごめん。
ギー太のレインコートの準備してたら自分の傘を多分玄関に忘れてしまいまして」

梓「ギー太が濡れなくても先輩が濡れたらもともこもないじゃないですか」

唯「ごもっともです」

梓「なんなら、雨の日くらいは部室に置いて帰っても」

唯「それはヤダっ!ギー太は私と一緒にいなきゃダメなんだよっ」

梓「………そうですか」ハァ

唯「うん。そうなんだよ」フンスッ

唯「♪~」

梓「……」

梓(まさかギターに嫉妬するなんてな…)

梓(……情けない)

唯「にゃーんにゃーんにゃーん♪」


ザ――………


梓「……」ピチャピチャ

唯「……」チャプチャプ

梓(あ……)

梓(唯先輩…右肩が…濡れて)

唯「ん?どうしたの?こっちばっか見てるけど」

梓「えっ!?あ、いや、な、なんでもないです!?」ワタワタ

唯「」ジー

唯「あー!」

梓「へ、な、なんですか!?」ビクッ

唯「あずにゃん、左肩濡れちゃってる!?」

梓「え、……あ、ほんとだ。でも、それを言うなら平沢先輩だって…」

唯「ん?あ、ほんとだ!!気づかなかったやー」ウワー

唯「お互い結構かたっぽだけ濡れちゃってるね」

梓「ですねぇ」

唯「肩だけに」

梓「……」

唯「んもう!黙らないでよ」

梓「いまのにどんな反応すればいいんですか…」

唯「笑えばいいと思うよ?」

梓「笑っていいなら笑いますけど」

唯「なんか私とあずにゃんの言ってる『笑い』の種類が違う気がするからやっぱ、笑うのはやめようか」

梓「はぁ……」


ザ――………


梓「……あの」

唯「ん?どうしたの?」

梓「いや、そのっ…」

唯「?」

梓「このビニール傘ちょっと2人だと小さいんで、もう少し寄りませんか?」

唯「……」

梓(あ、やばっ。ヒカレタ!?)

梓「あっ!?いや、なんというか、平沢先輩に風邪ひかれても困るっていうか、平沢さんに申し訳ないっていうかですね!?」

スッ


梓「あ」

唯「へへ。これくらい近づいたら濡れないかな?」

梓「……」

唯「……あずにゃん?」

梓「あ…、あ、は、はい!多分濡れないと思います」

唯「ん!じゃあ、雨が強くならないうちに帰ろ~」

梓「……はい」


ザ――………


唯「あーめあーめふ~れふ~れあーずにゃーんが~」

梓(……左肩が歩く度に当たるなぁ)

唯「にゃ~のめーでお~むかえーうーれし~いな~」

梓(先輩は気にしないのかな…そういうの……)

唯「ぴーちぴーちちゃーぷちゃーぷ」

梓(……端から見たらどんな風に見えてるんだろ)

唯「にゃーんにゃーんにゃーん」

梓(……なぁ、ギー太、どんな風に見えてるのかな)

唯「ぴーちぴーちちゃーぷちゃーぷ」

梓(………まぁ、いっか)チラッ

唯「にゃーんにゃーんにゃーん」

梓(なんか今、物凄く幸せだから)

唯「ぴーちぴーちちゃーぷちゃーぷ」

梓「って、何回繰り返してんですか!?」

唯「ん?……だって嬉しいんだもん」

梓「そんなに雨好きなんですね…知りませんでしたよ」

唯「えへへ~……」

梓「明日も雨ならいいですね」

唯「だね!……にゃーんにゃーんにゃーん♪」


15通りめ 唯と梓 終わり



「じゃーなー!!」

「おうっ!!」

律「ん~…今日もたくさん遊んだなぁー。暗くならないうちに早く帰らなきゃ!!」スタタタタ

律「早くしないとまたおかーさんにおこられちゃう」タタタタ

律「ほっほっほっ…ん…?」タタタタ

律「…あれって…同じクラスの…」ピタッ

「うううぅ~~やだよぉ~~」グスグス

律「どうしたの?」ヒョイ

「ひっ!?」ビクッ

律「おわ!?びっくりした!?」

「えっ…え!?あ、あの……う、うぅうう!!」グスッ

律「え!?なんで泣くの!?な、なかないでよ!?」ワタワタワタ

「うわーん」ポロポロ

律(あれ?僕が泣かしたみたいになってる!?)ガビーン

「ひっ…えぐっ…あの…、い、いきなり泣いて…ごめんね…ひっく…ちょっとびっくりして」

律「いーよ。いきなり声かけちゃったし。それよりどうして泣いてたの?みおちゃん」

澪「…みおちゃん?」

律「え?あ、いやだった?でも、せんせいが『友達の名前にはちゃんと"ちゃん″をつけてあげましょー』って言ってたよ?」

澪「ともだち…?」

律「うん!友達!!…って言っても、みおちゃんとはあんまり話したことないけどさ、
同じクラスだし…きっともう『友達』だよ」キシシ

澪「じゃあ…たいなかくんは…りっちゃん?」

律「へ?…んと、僕は男だから…もし呼んでくれるなら『りつくん』がいいな」

澪「…りっちゃん」

律「りつくん」

澪「りっちゃん」

律「りつくん」

澪「…りっちゃんがいい」

律「え~~。男が、ちゃん付けとか…おかしーし」

澪「りっちゃん」

律「りつくん!!」

澪「…りっちゃん」ウッ

律「あ!な、泣かないで!?いいよ!!いいから!うん。
あ、どうしてかな?いきなりみおちゃんに『りっちゃん』って呼ばれたくなってきたなー」ハハハ

澪「…本当?」ピタ

律「う、う~ん…。本当はいやだけど、みおちゃんだけ、特別だからね!!」

澪「えへへ…りっちゃん」ニコッ

律「…!!」ドキッ

澪「?…どうしたの?」

律「あ?ううん!な、なんでもないよ!?」

澪「?」

律(なんだろう、今、みおちゃんみたら胸がドキっとした…)

律(うーん…)

律(よくわかんない!)シャキーン

律「ねぇねぇ、みおちゃん」

澪「ん?なに?りっちゃん」

律「さっきはなんで泣いてたの?」

澪「あ…」

律「?」

澪「お話…聞いてくれる?」

律「うん!いいよっ!!みおちゃんの話、聞くからおしえてー!!」

澪「あ…」ドキッ

律「どうしたの?」

澪「う、ううん。なんでもない…」

澪「…あのね」



―――――



律「へ~~!!すごいね!!みおちゃんいっつも本読んでるもんね!!」

律「1人で!!」

澪「あぐっ!?」

律「うん?どうしたの?」

澪「ううん…な、なんでもない…」ズキズキ

律「でも、どうして作文読みたくないの?」

澪「だって…恥ずかしいもん…」

律「え~!?恥ずかしくなんかないよ!賞とっちゃうなんてすごいことじゃん!!」

律「僕ならみんなに自慢しちゃうけどな~~。おかーさんだってきっとほめてくれるだろうし~~」ヘッヘー

澪「だったら、りっちゃんが読めばいいじゃん!!みんなの前で読むのなんてやだよぉ!!」

律「」

澪「あ、ご、ごめ…んなさい」シュン

律(ちょっといま、おかーさんにしかられてるみたいだった。み、みおちゃんって…なんかすごい…)ドキドキドキ

律「…ねぇ」

澪「…ん?」

律「なんでみんなの前で読むのいやなの?」

澪「…だって、怖いんだもん…」

律「怖い?なにが?」

澪「私の作文のことで…もしもみんなに笑われたらって思ったら…怖い」

律「そんなぁ~。誰も笑わないよぉ!!」

澪「…笑うもん」

律「え~笑わないと思うけどなぁ~~」

澪「笑われたら…みんなに嫌われたら…やだ…グスッ」ジワッ

律「わわわわ!?だから泣かないで!?ね?ね?」ワタワタ

澪「う~~…グスッ…グスッ…」

律(あわわわわわ!?ど、どうしよう!?どうしよう!?)

律「…」

律「…」

律「…!」ピーン

律「そうだ!ねぇ、みおちゃん!!ちょっと家に来て!!」

澪「へ?え?な、なんで…?」グスッ

律「いいからいいから!!もう僕ん家すぐ近くだからさ!!」グイグイッ

澪「わっ…りっちゃ…ひっぱらないで…」

律「あ…ごめんごめん!!じゃあ、手をつなごっか!」ニコッ

ギュッ

澪「…あ」

律「じゃあ、いこいこー♪」タタタタ

澪「あ…う、うん…」タタタタ


13