唯「─って思わない??」

『……』

唯「ちょっと、聞いてる~?和ちゃーん?」モシモーシ

和『あぁ、ちゃんと聞こえてるから耳元で大声出すなよ、唯』

唯「ならちゃんと返事してよね~!」モウ

和『んなこと言ったって…』

唯「だからさー、そんなわけで私とムギちゃんは
ちょっとこのままじゃヤバいんじゃないかなぁと思うわけですよ!」

和『あぁ…まぁな…』

唯「澪ちゃん、ああ見えて豆腐メンタルだし」

和『豆腐メンタルだかどうかは知らないけど、まぁ…たしかに。
律と立花さんのことはクラスの男の間でもたまに話にでるけど…』

唯「え?そうなの!?なになに?どんな話してるの?」

和『いや、別に…。唯と紬みたいに真剣に話してるわけじゃないし…』

唯「聞きました?奥さん!!紬ですって!」

和『』

唯「やっぱ和ちゃん、ムギちゃんのこと『紬』って呼んでるんだ~」ニヤニヤ

和『(しくじった…)』

唯「なんでみんなの前で琴吹さん、なんて呼んでるの?」

和『……いいだろ別に……俺の勝手だし…』

唯「どうせ和ちゃんのことだから『みんなの前で恥ずかしい』とか思ってるんでしょ」

和『……』

唯「その沈黙はズバリ図星でしょう!」

和『……うるさいよ』

唯「唯さんにはなんでもお見通しですぜ。真鍋くんよぉ」クフフ

和『……てか、俺のことはどうでもいいだろ。今は律と立花さんの話』

唯「あ、そ~でした。男子はなに話してるの?」

和『なにって言われてもなぁ…』

唯「うんうん」

和『……なんというか』

唯「なになに」

和『律と立花さんが最近仲いいから今なら秋山さん横取りできるんじゃね?』

唯「……」

和『……みたいな』ハハハ

唯「下衆いよ、和ちゃん!?」

和『いや、俺はクラスのやつの意見を述べただけであって、俺が言ったわけじゃないからね?』

唯「あさましいよ、和ちゃん!?ムギちゃんいるのになに言ってるの!?」

和『いやいやいや!?お前がなに言ってんだよ?だから、俺が言ったんじゃないってば!!佐々木とか佐々木とか佐々木とかだって』

唯「あ、ごめんキャッチ入った―電話切るね、愚かな和ちゃん」

和『おい、ちょっと!?お前ちゃんとわかったのか?本当に俺が言ったんじゃないから!!』

唯「はいはい。ムギちゃんに伝えとくから」バイバーイ

和『伝えんなよ!?』

ツーツー

和「……電話切れてるし」

和「自分からかけてきといて、自分から切るとか…たく」ハァ

和(唯はやっぱ唯だな…)


―――――

唯「もしも~し」カメヨーカメサンヨー

『あ、も、もしもし…唯か…?』

唯「あはは…やだなぁ、もう。家の電話じゃなくて私のケータイなんだから、80割くらいは私が出るよ~澪ちゃん」

澪『あ、そ、そうか。……たしかにそうだな。なんかすまん(……80割?)』

唯「いいよ~。で、どうしたの?この時間に澪ちゃんから電話なんてめずらしいよね」

澪『あぁ…たしかにめずらしいな…。
その…なんというかさ…』

唯「うん」

澪『いや、唯とムギも気づいてるかもしれないけどさ、
最近…律と私、なんだか上手くいってない気がして…』

唯「上手くいってない…」

澪『あ、いや、その……別に律とは話も普通にするし、ケンカしてるわけでもないんだけど…』

唯「うん」

澪『なんか、こう…ちょっと、話しをするのとか減ってきてて…どうしたものかなって思って……』

唯「……そうなんだ」

澪『う、うん』

唯「なんかさ、最近」

澪『うん』

唯「りっちゃんって、姫子ちゃんとよく話してるよね」

澪『………うん』

唯「さすがにそれは気づいてるよね、澪ちゃん」

澪『うん、気づいてるよ…てか、唯たちも見てるよな…クラスおんなじなんだし』

唯「最初はただ番組のこと話してるだけなのかなぁ~って思ってたんだけど」

澪『うん…』

唯「なんか段々ふつーに仲良くなってきてるよね、あの2人…」

澪『やっぱ…そうだよな…』

唯「うん……。あのさ、澪ちゃん」

澪『なんだ?』

唯「大丈夫?」

澪『……』

澪『……』

澪『……ちょっとダメかも』

唯「……そっかぁ」

澪『立花さんがいい人ってのはさ、わかるんだけど…』

澪『律と楽しそうに話をするのを見るのはちょっと………ヤダ』

唯「うん」

澪『……でも、立花さんのことそんな風に思っちゃう私が一番、ヤダ』

唯「……」

澪『別に律のこと、束縛したいわけじゃないのに…。
ただ、律は律で話の合う人と話をして楽しんでるだけなのに……』

澪『どうして2人が一緒に居るのを見ると…居場所がなくなったみたいに感じちゃうんだろう…』

澪『私の律への思いって、不安定でうすっぺらくて…』

澪『やっぱ、ヤダ』ハハハ…

唯「そうなの?」

澪『かもしれない』

唯「誰かに『そんなことないよ』って言ってほしい?」

澪『……かもしれない』

唯「私が言ってもいいけど、それで澪ちゃんの憂鬱が消えるわけでもないよね」

澪『そうだな……』ハァ

唯「りっちゃんって、優しいから澪ちゃんも大変だね」

澪『……そうなのかな?』

唯「そうだよ」

澪『そうなんだ…』

唯「でも、澪ちゃんモテモテだからりっちゃんって大変なんだよ」

澪『それはないだろ』

唯「そうかな?」

澪『そうだよ』

唯「……そっかぁ」

澪『うん』

唯(むう…自覚がないとはどうしましよう、澪ちゃん……)

トントントン

唯「あ、ちょっとごめんね」

澪『あ、うん』

唯「はーい。どうぞー」

ガチャ

純「あ、ご飯の準備出来たんで食べましょー」

唯「はーい」

純「って、まだ制服のまんまですか!?シワシワになったら憂がまた怒りますよ?」

唯「これはこれはすいませぬ」ヌッフェフェ

純「着替えてから降りてきてくださいね!
今日は春巻きですよ~」

唯「わかったよ~ありがと純ちゃん。すぐいく~」

純「は~い!」ジャッ

バタン

唯「春巻きかぁ~♪もしもし」

澪『おう。てか、もう唯ん家は夕御飯なんだな。そろそろ切るよ。話聞いてくれてありがとうな』

唯「うん。なんか時間なくてあんまり話聞けなくてごめんね?また明日でもいつでも相談とか、のるから!」

澪『……ありがとう。じゃ、また明日!』

唯「ほいほーい。また明日!」

澪『……あ!唯!あと1ついいかな?』

唯「ん?なにかな?」

澪『律から楽譜ってか、歌詞もらってると思うんだけどどうだった?』

唯「え?」

澪『ん?どした?あの歌詞ダメかな?』

唯「いや、ダメもなにも、私りっちゃんから歌詞の紙もらってないけど…」

澪『……え?律に渡したんだけどな』

唯「それっていつの話?」

澪『先先先先週くらいかな…?』

唯(りっちゃん……絶対忘れてる)

澪『唯?』

唯「あ、う、うん。ごめん、ちょっと最近忙しかったからまだ見てないんだ~」

澪『そうか…。なら、見たら感想よろしくな』

唯「あ、う、うん!もちろんだよ!!じゃあ、そろそろ下に行かなきゃ!」

澪『ん。じゃあ、また明日なー』

唯「はーい」ピッ

ツーツー

唯「りっちゃん……歌詞……無くしてないよね?」


―――――

ツーツー

澪「……」

澪「あ、メールきてる…」

澪「……律か」

澪「……」

澪(なんか返す気おきないな…)

澪(…あとでまた送ることにしよう)


13通りめ 唯と澪 終わり



11