唯「ねぇ、うい」

憂「なぁに、お姉ちゃん」

唯「憂はさ、純ちゃんのことすっごい好きだよね」

憂「えっ、な、なに?いきなり…///」

唯「照れない照れない」

憂「あ、う、うん。というか、お姉ちゃんも『純ちゃん』って言うようにしたんだね」

唯「あ、こないだからね。純ちゃんが遊びに来たときに聞いたら、そう呼んでもいいっていってくれたから」

憂「そうなんだ。純ちゃん優しいね~」フフッ

唯「え、あ、う、うん!そ、そうだね!中々男の子で『ちゃん』付けで呼ばれるの許してくれる子っていないよね!」タハハ

憂「えへへ。そういうとこが純ちゃんのいいところなんだよ~」

唯(……我が妹ながらその感性、ちょっとよくわかりません)


唯「純ちゃんがいい子だってのは私もよく知ってるんだけどさ」

憂「うん」

唯「どうして憂は純ちゃんのこと好きになったのか、教えて欲しいなぁって思ってるんだけど」

憂「私がどうして純ちゃんのこと好きになったか?」

唯「うん。きっかけみたいなやつ?」

憂「きっかけ…」

唯「やっぱり、誰かしら他人を好きになる時って、何かときっかけとかさ、あるじゃよね?メンクイでもない限り、さ」

憂「うん。そうだね。私はメンクイじゃないけどね」

唯「そっかぁ」

憂「きっかけかぁ…」ウーン

唯「なにかありましたら教えては下さらぬか」

憂「あー…、えっとねぇ、じゃあ…。お姉ちゃんには、話してみようかな」

唯(やっぱりきっかけ、あるんだ)

唯(ただ漠然と好きになったわけじゃないんだなぁ)

憂「えっと」コホン

唯「なになに!」

憂「私たちの中学校って、お昼ごはんはお弁当持参なくせに、なぜか牛乳は配られてたじゃない?」

唯「えーっと、………たしかそうだったね。私も牛乳の配達係りしたことあるよ」

憂「うん。でね、前に言ったように2年生の時に私、クラスの人から……その」

唯「あぁー、うん。言いたくなかったら言わなくていいよ、憂。わかってるから」

憂「……ありがとう。大丈夫だから」

唯「そか」

憂「うん。でね、その、牛乳係りの人がお昼ごはんの時間にクラスの人の机に1人1つずつパックの牛乳を置いてってくれるんだけど」

唯「うん」

憂「ちょうど1学期の配達係りの子が女Aちゃんと仲の良かった子で」

憂「その子がね、私の牛乳だけいつも配ってくれてなかったの」

唯「……」

憂「はじめはね、『配り忘れたのかな』って思ってたんだけど。ほら、クラス全員分を1人で配るって大変だし」

憂「でも、さすがに1週間のうちに何回も続いたら、……ねぇ」

憂「わざとなんだなって嫌でも気づいちゃうよね」ハハハッ

唯「……そうだったんだ」

憂「うん。そうだったの。たかが牛乳だけどね、自分の分が配られないってだけで結構精神的にくるものがあって…」

憂「ホント…たかが牛乳なのに」

唯「……」

憂「でもね、私の牛乳が配られなかったときはいつも」

唯「……いつも?」

憂「隣の席の人が、トンって、自分の分として配られた牛乳を私の机に置いてくれてたの」

憂「それで、その後いつも私にあげた代わりに牛乳係りの人のところに『俺の分の牛乳また配り忘れてたぞ、しっかりしてくれよ』とかって、笑いながら自分の分の牛乳もらいにいってね…」

唯「……」

憂「無言だったから…私、いつも、ありがとうも言えなくて…」

憂「クラスのみんなが私を無視していたなかで、ただ1人だけ…」

憂「純ちゃんだけが私にいつも優しくしてくれたの」

憂「本当に…あの行為にどれだけ救われたかわからない」

唯「………」


憂「いつの間にか、好きになってたけど、でもそんなかっこいいことされたら好きになっちゃうよね」ヘヘッ

唯(あぁ…たしかにそんなことされちゃったら好きになるよね)ウンウン

憂「だから、純ちゃんにまで無視されたときは本当に悲しかったんだけど」

憂「それがなかったら、きっと……」

唯「きっと?」

憂「お姉ちゃんが純ちゃんを怒りに教室に怒鳴り込みにいくこともなかっただろうし」クスクス

唯「そ、それはお恥ずかしい若気の至りですぜ」ヘヘヘッ

憂「きっと純ちゃんともこんな風に付き合うようになんてならなかったと思うの」

憂「辛いこともあったけど、もうそれもいい思い出」

憂「私には純ちゃんがいるから」エヘヘッ

唯「……」

唯「そうだったんだね」

憂「うん、そうなの」

唯「純ちゃんは憂の救いのヒーローだったんだね。他の誰よりもずっと、ずっと」

憂「純ちゃんに言ったら否定されちゃうんだけどね」エヘヘ

憂「…うん。純ちゃんは私のヒーローなんだ。今も昔も」

憂「大好き、純ちゃん」


11通りめ 唯と憂 終わり



翌週

律「でさ、そっからの◯◯の追い上げがさぁ~」

姫子「たははっ、そうだったそうだった。でさ、それから□の人が交代で~」

律姫子「ヤイノヤイノ」

澪「……」

唯「ム、ムギちゃん」ヒソヒソ

紬「えぇ…わかっているわ…。でも、まだ様子をみましょう」ヒソヒソ

唯「そうだね…。姫子ちゃんもただりっちゃんとテレビの話してるだけだろうし」ヒソヒソ

紬(このままなにごともないといいんだけどね)

紬(でも、心のどこかで「なにかあればいいのに」とも思っちゃってる)

紬「……」

紬(私ってば罪な子♪)エヘッ

唯「あのね、ムギちゃん」ヒソヒソ

紬「なぁに、唯ちゃん?」ヒソヒソ

唯「2人が楽しそうにしてるから声を大にしては言わないんだけどね」ヒソヒソ

紬「うんうん」ヒソヒソ

唯「正直、2人が見てる番組、めっちゃつまんないと私ずっと思ってたんだ」ヒソヒソ

紬「」

唯「あの2人、笑いのセンスないよ」ブヒャヒャ

紬「……」

紬「そうなんだ」ヘー

唯「え、あ、うん。まぁ、だいたいそんな感じ」

紬「そっか」

唯「うん」

紬「……」

唯「……」

唯(あれ?ムギちゃんなんか怒ってる?もしかしてムギちゃんもあの番組見てるのかも…)アワワワワ

唯(……)

唯(あ、思い出した)

唯(あの番組、和ちゃんが好きなんだー)ガビーン

唯(1分前の私のばかぁぁあああ)ギャー

律「来週が楽しみだな」

姫子「◎もでるみたいだし!」

澪「……律」

―――――

純「うい~、昨日のあれ見たか?」

憂「え、あれって?いつも言ってるあの番組?」

純「そうそう。昨日もかなり面白くて」

憂「……そうなんだ」

純「うん。◯◯の追い上げたあとの□の後ろで△がサラダ油まみれでさ」グハハッ

憂「純ちゃん」

純「ん?なに憂、思い出したらまた笑えてきた」クフヒャ

憂「サラダ油とか、料理に使うもので遊ぶような笑いを好きになったらダメだよ」

純「へ?でもサラダ油だって。別にそれくらいよくないか?昨日のすんごい面白かったし」

憂「めっ!!」

純「」

憂「次、その番組見たら私純ちゃんと口聞かないから」

純「そんな~」

憂「返事は」

純「……」

純「……わかった」ショボン

憂「えへへ。素直なとこ、好きだよ」

純「くはっ!!いきなりなんだよ、憂」

憂「今日家来る?純ちゃんの好きなもの作るよ」

純「行く。光の速さで行く。むしろ未来で待ってる」

憂「なにそれ」クスクス

純(今の昨日やってたギャグってのは黙っとこ!)

憂「じゃあ、スーパー寄っていこうか」

純「へーい」


―――――

唯「じゃあ、また明日ね!りっちゃん、澪ちゃーん」バイバーイ

梓「お疲れ様でした、秋山先輩」

澪「あぁ、梓も唯も気を付けてな」

律「おい、中野。1人忘れてるだろーが」

梓「あー、おつかれっしたー」スタタタタ

律「おい!こら、お前、明日覚えとけよォ!?」

テクテク

律「あー今日も部活疲れたなぁ~」スタスタ

澪「あぁ…そうだな」

律「でもまぁ、こういう疲れはなかなか悪くないな」

澪「……」

澪「……なぁ、律」

律「ん?なんだよ」

澪「最近さ、立花さんとよく喋ってるな」

律「あぁ…、まぁ、そうだな。話してみたらあの番組以外に結構色々話が合ってさ」ポリポリ

澪「へー、……そうなのか…」

律「あぁ、うん。……そうなんだよ」タハハッ

澪「……」

律「……」

律(なんか気不味いんだけど…)

テクテク

律「……あー、あのさ」

澪「……うん?」

律「コンビニ寄りたいんだけど、よっていいか?」

澪「……いつもこんなとこでコンビニなんて寄らないじゃん」

律「なんか腹減っちゃって…すぐ買ってくるからさ」

澪「……いや、私はいいや。律、行きたいなら1人で行って。ちょっと今日は先に帰る」

律「へっ?澪?」

澪「じゃあ、また明日な、律」スタタタタ

律「……」ポツーン

律「……オイオイ、なんなのあいつ…ホントに1人で帰っちまったよ…」

律「あーあ、ありゃまた機嫌悪くしちまったな。何回目だよ、まったく」ハァ

律「……嫌なら嫌っていやーいいのに」ボソッ

律「とりあえず…コンビニ入るか」トボトボ

律「どうしたもんかねぇ~」ヨイショ

姫子「いらっしゃいませー」

律「あれ、……立花ァ…?」

姫子「あれ?……田井中くん」


10通りめ 姫子と律 続く



9