梓「うぅ……」

澪「だ、大丈夫なんだろうな……」

紬「……」

律「しゃぁぁ!!」

唯「どうもー」

「いたぞ!!!向こうだ!!」

レヴィ「やべえ!!」

エダ「あいつら……何がしたいんだ?」

バラライカ「……動いた!!」

張「ふん……餌が見えればすぐに食い付くか……どこまでも素人だな」ドォン

「ぐわぁ?!」

バラライカ「……」ドドドド

「ぐひぃ!?」

梓「きゃぁぁ!!!」

律「すっげえ……いっぱい死んでる……」

「くそがぁぁ!!!」ダダダッ

澪「こっちにきた?!」

唯「危ない!!」

紬「あ……」

ロック「まずい!!」

エダ「レヴィ!!」

レヴィ「わかってるって!!」ドォン

レヴィ「―――外れた」

「うおぉぉ!!シネェェ!!」ギラッ

紬「ナイフ……?!」

唯「りっちゃん!!!」

律「アンプ、ボリューム最大!!!」

梓「これ、どうぞ!」

「な、なんだ!?アンプ?」パシッ

唯「プラグを抜いて……衝撃波!!!」ブチィ

ボン!!!

「はぎゃぁ!?!」

唯「いえーい!」

律「大成功!!」

レヴィ「……」

エダ「あはっはははは!!!面白いねえ!!!気に入った!!!」

バラライカ「まだまだ敵にはいる。油断はするな」

「くそ!!撃て!!撃ちまくれ!!!」ドドドドドド

澪「ぎ……!?!」

唯「わぁぁぁ!!!」

律「澪!!」

ロック「こっちだ!!早く!!」

澪「な、なんで……わたしばっかり……」

張「奴らの陣形が乱れた。叩くなら今だな」

エダ「よし……退路を潰すか……!!」

「どこだ……?」

「こっちに逃げてきたはずだ……」

唯「……これがロック!!」バキィ

「がぁ!?」

「てめえ……ギターで……!?」

ロック「ロック魂だ、このやろう」ガン

「ひぐ!?」

唯「ふぅー」

ロック「よし……あとは怖い人たちに任せよう」

唯「よかった」

澪「わたしは全然よくない……」

律「まあまあ。腕と足を撃たれただけだろ?」

澪「おい!!―――いたたた」

梓「無理はしないでください」

紬「これで終わればいいんだけど……」

―――

ベニー『ダッチ、聞こえる?』

ダッチ「ああ、感度良好だ。耳糞は塵ほどもないらしい」

ベニー『それはよかった。朗報だよ』

ダッチ「なんだ?」

ベニー『交渉成立。条件は娘の即時帰国だってさ』

ダッチ「オーライ」

バラライカ「終わったみたいね」

張「よし……」

エダ「くそ……なんてこった……」

レヴィ「いいじゃねーかよ。マシンガンを持った姉御に尻を追いかけられずに済むんだからよ」

エダ「貴重な収入源だったんだぞ……?」

バラライカ「ダッチ、それじゃあ五人のエスコート、お願いできる?」

ダッチ「貰えるものがもらえればな」

バラライカ「そういうところ、好きよ?」

ダッチ「よせよ。鳥肌がたつ」


船内

唯「うおー。すごーい」

ベニー「あー、勝手に触らないでね」

梓「これはなんですか?」

ベニー「それはジャミング用の機械で」

唯「ジャスミン?」

紬「ありがとうございます」

ダッチ「仕事だ。遂行してから礼はもらう」

澪「やっと……病院に……」

律「よかったな」

ベニー「……ダッチ。後方から変な船が五隻だ」

ダッチ「パーティーに遅れてくるとはいい度胸じゃねえか。0時の鐘はもう鳴り終わってるぜ」

ロック「残党が……」

ダッチ「いや……海に逃げるのは待ってた感じだ。レヴィ」

レヴィ「あいよ。様子みてくる」

ベニー「うまいな……陣形が乱れない」

ダッチ「本物が乗ってやがるな」

澪「え……なに……?またトラブル?」

ロック「そうみたい」

律「はぁ……」

梓「海の上ですよ?逃げ場が……!!」

唯「……」ジーッ

ダッチ「くそ……振り切れないな」

ベニー「どうする?」

ダッチ「このままじゃあ、いつかミサイルが脳天に降って来るな」

レヴィ『ダッチ、どうする?やるか?』

ダッチ「少し待て。考えてる」

唯「……」

ベニー「あ、こら、それに触れないでってば」

唯「……アンプは?」

ロック「あるよ。借り物だから返さないといけないし」

唯「ギターも?」

ロック「もちろん」

唯「これ……相手の船と通信できます?」

ロック「えっと……ベニー、これで相手の船と通信は?」

ベニー「もちろんできるけど」

唯「衝撃波も聞こえる?」

ベニー「なに……?」

ロック「まさかあのアンプで……?」

唯「きっと動揺はすると思う」

梓「いい考えですね」

ダッチ「それで操縦桿を折ってくれれば儲けもんだ。ベニボーイ、準備だ」

ベニー「わかった」

唯「私も手伝う」

澪「はやく……病院に……」

ベニー「ちょっと待ってよ……今、周波数を……」

澪「それは間近だから通用するものじゃないのか?」

唯「まあまあ、とりあえずやってみようよ」

レヴィ『ダッチ、まだかぁ?』

ダッチ「まだ辛抱だ」

レヴィ『体が鈍りそうだ』

ベニー「よし……いいよ」

唯「……えい」ブチィ

ぼん!!!!

梓「う……」

律「強烈……」

紬「どうですか?!」

ダッチ「ベニー」

ベニー「だめだ……効果ないよ」

唯「だめか……」

ダッチ「真っ向勝負は自殺行為……逃げることもできねえ……」

ロック「万事休すか」

唯「―――きみをみてるといつもはーとどきどき!!」

梓「!?」

ベニー「ちょ……それはマイクじゃないんだけど……」

唯「ゆれるおもいはましゅまろみたいにふーわふわ!!!」

ロック「な、なにを……」

唯「いつもがんばるきみのよこがお!!」

律「唯?」

紬「あのぉ……」

唯「ずっとみててもきづかないよね!!!」

ダッチ「……?」

ベニー「あれ……?」

唯「ゆめのなかならふたりのきょりちぢめられるのにな!!!!」

レヴィ『ダッチ!!なんか五隻の足並みが乱れてきたぞ!?』

唯「ほらほら、みんな歌おうよ!!」

律「あ、ああ」

梓「わ、わかりました」

紬「う、うん」

澪「えぇ……」

ベニー「……わかった。彼ら、適時連絡を取り合って陣形を保ってたんだ」

ダッチ「なるほど。今、スピーカーから聞こえてくるのは妙なJPOPだから混乱してんのか」

ベニー「今がチャンスだ。別の通信手段に変えられる前に叩こう」

ダッチ「レヴィ!!」

レヴィ『待ちくたびれたぜ!!!』

ダッチ「時間はあまりない、一気にやれ!!」

レヴィ『あいよ!!!』

唯「あぁかみさまおねがい!!!!」

レヴィ『ショータイムの始まりだ!!』

唯「ふたりだけのどりーむたいむください!!!!!」

レヴィ「おらぁぁ!!!」ドォォォォン

「ぐわぁ!?」

唯『おきにいりのうさちゃんだいて!!!』

レヴィ「おらよ!!」バァァン

「がっ!?」

レヴィ「そっちもか?!」バァァァン

「ぎぃ!?」

唯『こんやもおやすみ!!!!』

レヴィ「はっはー!!!」ドンドンドン

唯『ふわふわたーいむ!!!』

レヴィ「しね、おらぁぁ!!!」ドォォン

「ぎゃぁぁぁ!!!」

唯『ふわふわたぁーいむ!!!』

レヴィ「―――アディオス」ドォォン

唯『ふわふわたぁーいむ!!!』


翌日 空港

ロック「それじゃあ、色々あったけど……」

梓「ありすぎです……」

紬「ごめんね……」

澪「はやく……入院でもなんでもいいから……」

律「よしよし」ナデナデ

唯「それじゃあ、お世話になりましたぁー」

レヴィ「もうくんな」

ダッチ「それがいい」

ベニー「さよなら」

唯「はい!!」

梓「なんで生きてるか不思議……」

唯「ねえねえ、お土産どうしよっか?」

ロック「……」

レヴィ「もう帰ろうぜ……今回はいろんな意味で疲れた」


日本 平沢家

唯「ただいまぁー」

憂「お姉ちゃん!?大丈夫だった?!怪我してない?!」

唯「うん!」

憂「よかった……」

唯「はいこれ、ロアナプラのお土産」

憂「仏像……?」

唯「うん」

憂「ありがとう!!大事にするね!!」

唯「うんうん。あ、そうそう。向こうでいろんなことがあったんだぁー」

憂「聞かせてほしいな」

唯「それがね。澪ちゃんが腕を撃たれて―――」

テレビ『次のニュースです。今、タイのロアナプラではとある日本の歌が流行っています』

テレビ『―――この曲を聴くとすっげー、元気になるんだ。誰が歌ってるかはしらねえけど』

テレビ『では、その曲をお聞きください。タイトルは『ふわふわタイム』です。どうぞ』


ラグーン商会

ラジオ『いつもはーとどきどき!!』

レヴィ「どのチャンネルもこれかよ」

ロック「ムーブメントになりつつあるな」

レヴィ「耳が腐る。消してくれ」

ロック「はいはい」

レヴィ「さてと……仕事にいくか」

ロック「そうか……もうそんな時間か」

レヴィ「……ふわふわたぁーいむ……」

ロック「くく……」

レヴィ「……なんだよ?」

ロック「口ずさんでたけど……?」

レヴィ「ちっ……耳に残るんだよ……これ……。全く……きにいらねえ」

ロック「それだけの曲ってことだろ?さ、仕事仕事」

レヴィ「なんかあいつらがずっと傍にいるようで、マジで気持ち悪いぜ……」
                                                END