和「唯?」

唯「あ、和ちゃん?あずにゃんがね、今日の下校アフターコースはいい、って」

和「そうなの?じゃあ、キャンセル待ちの生徒に付けるわね」

唯「うん、誰が居るのかな?」

和「全員にキャンセル待ちの生徒がいるわね、誰が来るかはお楽しみよ」

唯「はいはーい、校門のとこに行けばいい?」

和「ええ、待ってるわ」



唯「みんな生徒が付くって」

律「全員にか。夏休み直前だからかな」

紬「毎日大盛況ね~」

澪「この時期はしょうがないよ。さ、待たせちゃ悪い」

唯「うん、行こっか」




校門

和「あ、来たわね」

梓「みなさん!」

唯「あれー?あずにゃん?」

梓「はい、ちょっと和先輩とお話を」

澪「あ!例の予定か」

和「ええ、再来週の日曜午前が空いていたわ」

梓「澪先輩は半日コースしか予約できなくって・・・」

澪「そっか・・・それじゃあ短い時間でもたっぷり楽しまないとな!」

梓「はい♪」

唯「ううっ、あずにゃんが私の前で楽しそうに澪ちゃんとデートの予定を・・・」

紬「よしよし」

律「ホラホラ切り替えて、下校の生徒が待ってるよ」


姫子「唯~、おいでー♪」

唯「あー!姫子ちゃんだー!」ぎゅっ

梓(あぅ・・・)

唯「今日はバイトないの?」

姫子「ええ、今日はお休み。だから唯とのんびり下校デートができるよ~」なでなで

唯「もう///姫子ちゃんったら~」

姫子「ねえ唯、美味しい物食べに行こっか?」

唯「美味しい物!?」キラキラ

姫子「うん!バイトの給料が入ったから、ちょっと普段はいけないようなお店連れてってあげるね」

唯「わーい!姫子ちゃんすっごーい!」

姫子「ふふっ♪」なでなで


律「は~。向こうはリッチだなー。」

いちご「ほら、よそ見しない。帰るよ律」

律「お、私の相手はまーたいちごか」

いちご「なに?悪い?」

律「いいや~、毎度毎度あたしを指名してくれるなー、と思っただけで」ニヤニヤ

いちご「うるさいっ///余計なこと言ってないでいっしょに帰るよ!」ぷいっ

律「はいはい。エスコートさせていただきますよ」ぎゅっ

いちご「・・・っ!///」

律「どうしたいちご?どうせいっしょに帰るなら、手繋ごうよ」

いちご「・・・バカ律///」ぎゅっ・・・


澪(律のヤツはホントに女ったらしだなー)

純「み、澪先輩///」

澪「ん?君は・・・鈴木さん、だっけ?」

純「はい、純といいます///」

澪「梓たちの友達だっけか?」

純「そ、そうです!わぁ、覚えててくれた・・・///私、澪先輩のファンなんです!」

澪「そうなんだ、ありがと」ニコッ

純「はわわ///あ、あの・・・私、ずっと前から予約してて、今日ようやく順番が回ってきて・・・
って、なんでこんなこと行ってるんだろ私///すいません、緊張しちゃって・・・」

澪「ふふふ、そうなんだ。それならいっぱい思い出になるようにしないとね」

純「そそそ、そんな///澪先輩、私嬉しいですっ!」

澪「よしよし、時間ももったいないし・・・行こうか?」

純「はいっ!」



紬「あれ?和ちゃん、私のお相手は・・・?」

和「ああ、ムギはもうちょっとだけ待ってあげてね」

紬「??」

さわ「ごめーん!遅くなっちゃったわー!」

紬「さわちゃ~ん!」

さわ「ゴメンねムギちゃん、待たせちゃったかしら?」

紬「ううん、全然」フルフル

さわ「そう?いま車をまわしてくるわね、まってて」

紬「はーい♪」

さわ「今日は私がムギちゃんを送って行くから、よろしくね?」

紬「ふーん?家まで送るだけ?」

さわ「んー?まぁ、その前にちょーっとだけ私の家に寄って・・・」

紬「さわちゃんのおうちに?」

さわ「いっしょに晩ごはんを作って、食べたりとかはするかもしれないわ」

紬「ふふっ、ちょっとだけ寄り道ね♪」

さわ「そう、ちょっと寄り道するだけよ」



和「さて、全員帰ったわね」

梓「は~。みなさん人気者ですねー・・・今さらですが」

和「そうよ。特に澪なんてキャンセル待ちだけで何ヶ月待ちやら・・・」

梓「すご~・・・」

和「まあ、部員の梓ちゃんが最優先されるから安心して頂戴ね」

梓「最優先権かぁ・・・えへへ///私けいおん部でよかったです!」

和「そう、喜んでもらえてなによりだわ」ニコッ




その夜

梓「唯先輩・・・姫子さんと楽しそうだったな」

梓「あの後二人はどこに行ったのかな・・・」

梓「・・・。」

梓「唯先輩にメールしてみよ・・・!」


ピリリリリ!


梓「!!」

梓「電話が返ってきた!」

梓「・・・なんで私緊張してんだろ・・・」

ピッ

梓「もしもし?唯先輩・・・梓です」

唯「もしもしあずにゃーん!どうしたの?」

梓「え?ああ・・・っと、唯先輩が今何してるのかな~?って」

唯「いま?今おうちにいるよ~」

梓(ほっ・・・)

梓「そ、そうですか!私も家です!」

唯「どうしたの?あ、週末の打ち合わせかな?」

梓「ええっと、それもありますけど・・・明日の朝、同伴は空いてますか?」

唯「なーんだ!同伴登校のおさそいか~」

梓「えへへー、そ、そうなんですよー!」

梓(言えない・・・姫子さんの家にいるんじゃないか心配だったとは・・・)

唯「あずにゃん登校まで私といっしょにいたいだなんて、もう私にメロメロですな~」

梓「そ、そんなんじゃありません!もう・・・また朝に電話しますね?」

唯「はいはーい!和ちゃんにはあとで報告すればいいからね」

梓「はい、おやすみなさい」

唯「おやすみ、あずにゃん」



3