唯「あっずにゃ~ん!」だきっ

梓「ひゃあっ!?」

唯「あずにゃん一日ぶり~」スリスリ

梓「も、もう!唯先輩?急に抱きつかないでくださいよお!」///

律「へ~?梓は急にじゃなければ抱きついてもいいんだ~?」ニヤニヤ

紬「まあ♪」

梓「そそそ///そんなわけではっ・・・///」

唯「あずにゃん(キリッ 私は今から君をだくぜ!」

梓「もー!唯先輩までっ!断ってからでもダメですよ、こんな人前で!///」

澪「ひっ、人前じゃなければ・・・///」

梓「へ?いやいや、そうじゃなくって!///」

律(ニヤニヤw)

紬(ニコニコ)



唯「そう言えばさ、あずにゃん」なでなで

梓「はい?なんでしょうか?」

唯「明日は部費を納める日だけど大丈夫?」

梓「えっと・・・明日までには・・・無理そうです」

唯「そっかー。じゃあ明日はあずにゃんに抱きつけないのかー・・・」

梓「あっ、あの・・・」

唯「うー、残念だな・・・」

梓「唯先輩///その・・・私も残念です///」かぁぁぁぁ

律(ニヤニヤ)

紬(ニコニコ)

澪(///)

梓「って!みなさん何をみてるんですかーっ!」


翌日・・・




翌日

唯「中野さん今月の部費がまだ支払われていませんが?」

梓「あっ、あのっ、明日までには・・・」

紬「ひと月12万円、今週中に納めていただかないと延滞金が発生してしまうので」

澪「なるべくお急ぎ下さい」

梓「はい・・・頑張ります・・・」

律「また、未納のまま一ヶ月が経過してしまうと強制的に退部処分とさせて頂きます」

梓「そっ、それだけは!」

唯「申し訳ありません」

梓「・・・頑張ります」

律「お友達を紹介していただければ、部費が少しお安くなりますよ?」

梓「はい、いろいろ誘っているのですが・・・」

澪「中野様には大変お世話になっておりますので、このまま退部というのも我々としては心苦しいのです」

梓「はい、私も嫌です」

紬「今月はもうすぐ夏休みですので、プールやお祭りなどのイベントも企画しております」

梓「!!」

梓「・・・楽しみですね、水着と浴衣///」

唯「今月もぜひ、我がけいおん部をご贔屓に」

梓「はいっ!必ず!!」ふんす!



梓「すいません、今日のところは帰ります」

律「はい、ありがとうございました」

唯澪紬「ありがとうございました」

紬「階段までお送りいたします」

梓「どうも・・・」

ガチャ

憂「あ!梓ちゃん出てきた!」

梓「憂・・・」

紬「それでは、失礼いたします。中野様」ペコッ

梓「あ、はい。ありがとうございましたムギ先輩・・・」

紬「はい。中野様ならば、また来ていただけると確信しております。では・・・」スタスタ



梓「はぁ・・・」

憂「・・・やっぱり支払いは大変?」

梓「うん。月12万は・・・高校生には高いよね」

憂「純ちゃんもなかなか入部はしてくれないしねえ」

梓「そうなんだよね・・・お金がかかるとは言え、こんなに楽しいのに」

憂「そうだよねえ!美少女女子高生4人と密室でひと月イチャイチャ出来るのがたったの12万円だよ!?安いよ絶対!」

梓「そ、そうだよねー!」

憂「うんうん、今しかチャンスがないんだから、絶対に退部すべきじゃないよ!」

梓「うん、うん、お得なんだよね!?」

憂「だって、お姉ちゃんに抱きついてもらえるのはけいおん部だけだよ?」

梓「そうだよね・・・うん、そうだ!憂、私絶対にお金集めるね!」

憂「その意気だよ梓ちゃん!」




翌日

梓「どうにか集めましたよ!12万!」

唯「おめでとうございます中野さん」

律「澪、お会計を」

澪「中野様、改めさせていただきます」

梓「はいっ!」

澪「1,2,3,4・・・」

梓「えへへ///すいません、千円札もいっぱい混ざってて」

紬「かまいませんよ」ニコッ

澪「よしっ、確かに12万円お預かりいたしました」

律「こちらが領収書となります」

梓「はいっ!」キラキラ

唯「あっずにゃ~ん!」がばっ

梓「ゆ、唯先輩///」クンカクンカ

梓「も~、唯先輩ったら///さっそくですかぁ?///」

唯「えへへ~///だってあずにゃん分が足りなかったんだもーん!」

梓「昨日は補給できなかったですもんね///今日は、その・・・思う存分どうぞ///」

律「ヒューヒュー!」

澪「はわわ・・・///」

紬「まぁ!」●REC

唯「あ///あずにゃん///」ぎゅっ・・・

梓「ふぁ・・・///」



2