梓「はぁ…はぁ…」

律「ほらほら、休んでる暇なんてないぞ?ちゅっちゅ」

梓「うわあぁぁ!!…律先輩!だめです…イったばっかりなのに…!」

律「言っただろ?慣れる事だって、澪も通った道だ」ブブブ…!

梓「そんなトコに当てたらぁ…!うわぁぁ…変になるぅぅx…!」

律「まだまだこれからだ、今夜は寝かせないからな!」

梓「やめてぇぇぇぇぇ………!」

律「まだだ!まだ顔が汚いぞ!梓!」

梓「そんなぁ!…コントロールなんて…できないですよっ?!」

律「できる筈だ!お前はできる子だからなっ!」ペロペロペロ

梓「あっ!…はげしっ…!あぁぁぁぁああ…!!」ビクンビクン

律「!!」

梓「はぁはぁ…」

律「やったな梓」

梓「まさか…」

律「おめでとう、私にできる事はもう何もないよ」

梓「律先輩…ありがとうございます!」

律「もう戻って来るんじゃないぞ」




梓「唯先輩唯先輩」

唯「ん、なにかな?あずにゃん」

梓「もう以前の私はここにはいませんよ、今日私とえっちしましょう」

唯「ま、まさかあずにゃん…」

梓「ふふ…そのまさかですよ」



唯「はぁはぁ、あずにゃん…その顔かわいいよっ!」

梓「えへへ…唯せんぱぁい…あっ…」

唯「イキそうなの?イキそうなの?あずにゃん」

梓「あっ…はい…!い…イっちゃいます…!」

唯「いいよ…!イっちゃって!イっちゃえ!」ペロペロペロ

梓「あ…い…イクぅぅ…!!」

唯「………」ピチャピチャ

梓「………」

唯「…?」

梓「(い…イケない…?!)」

唯「…あれ?」

梓「(律先輩との激しい修行のせいで簡単にはイケなくなってる…!)」

唯「…どうしたの?あずにゃん」

梓「えっ?…いやー…あはは」

唯「………」ピチャピチャ

梓「………」

唯「………」

梓「………」

唯「ごめんねあずにゃん…私下手で…」

梓「(うわー…きまずい…)」




梓「ムギ先輩ムギ先輩!」

紬「あら、どうしたの梓ちゃん、血相変えて」

梓「律先輩が紹介してくれました!
  ムギ先輩なら不感症を直してくれるって!」

紬「あらあら、うふふ」

梓「お願いしますムギ先輩!私を…私の体を治療してください!」

紬「もう、困った梓ちゃんね、わかったわ♪」

梓「ありがとうございます!」



紬「じゃあまずこれ、一気に飲んでね」

梓「なんですか?この怪しげな飲み物は…」

紬「ほらほら、飲まない事には始められないわ」

梓「う…よしっ」グビッ

紬「いい飲みっぷりよ、梓ちゃん」

梓「…?!…な、なんか体が…?!あつく……?」

紬「うふふ」

梓「うわぁぁん…!唯先輩…!唯先輩とえっちしたいよお…!!」

紬「効果てきめんね」

梓「ムギ先輩…!なんか変です!!…すっごいえっちな気分に…!」

紬「これでよし」

梓「ムギ先輩?!…なんで私の手ぐるぐる巻きにするんですか?
  ドラえもんの手みたいになっちゃいましたよ?」

紬「これで一人で慰める事もできないわよ
  この状態で一週間私の監視の下、過ごしてもらいます」

梓「一週間このまま?!…無理です!…そんなの無理ですよー!ムギ先輩!」

紬「いい?梓ちゃん、病は気からよ
  唯ちゃんを思うなら唯ちゃんに会うまでの一週間不埒な行いは禁ずる事ね」

梓「そんな事言われましても…これは耐え難い仕打ちですよっ!」

紬「耐えた先に見える唯ちゃんとのひと時はきっととんでもないものになる筈よ
  きっと唯ちゃんに抱きつかれただけで、果ててしまうかもしれないわ」

梓「抱きつかれただけで…?!
  わ、わかりましたムギ先輩!私耐えて見せますよぉ!」

紬「ふふ、頑張ってね梓ちゃん」




梓「唯先輩!唯先輩!ゆいせんぱーい!!」

唯「呼びすぎだよあずにゃん、一週間ぶりだけど、どうしたの?」

梓「待たせましたね……はぁはぁ」

唯「なんか小刻みに震えてるけど…あずにゃん大丈夫?」

梓「今日…」ブルブル…

唯「うん」

梓「えっちしましょう!!」

唯「(なんか気合い入ってるなー…)」



梓「唯先輩…私もう…我慢できないです!」

唯「ふふ、あずにゃんはせっかちだなぁ」ちゅ

梓「ふわっ…!んん…」

唯「?」ちゅー

梓「(ヤバイ…ムギ先輩効果恐るべし…!キスでイキかけちゃったよ…!)」

唯「はぁ…あずにゃん…なんか感度が…」

梓「(ダメ…ここでは果てては…クライマックスまで耐えるんだからっ…!)」

唯「あずにゃん、今日は感じやすいんだね」クチュクチュ

梓「唯先輩が…上手なだけですよ…ああぁ!
  (…そんなかき回しちゃ…あぁ…!)」

唯「ほーら、これはどうかな?」グチュグチュ

梓「いやっ…!ああ!(も…もう無理だ耐えられないよぉ…!)」

唯「今日はイっちゃうのかな?イっちゃうのかなぁ??」ヌチャヌチャ

梓「あぁ…!イってもいいですか?…私もう…!
  (キタッ!…これだよっ!この感覚!!)」

唯「しょうがないなぁ…ほら…イっちゃえ♪」ビチャビチャ

梓「あっ!いやあぁぁぁぁぁあぁああ!!!」ビクンビクン

唯「………」

梓「…はぁ…はぁ…」

唯「………」

梓「………」

唯「汚いイキ顔だなぁ」

梓「?!」





終了


ちなみに俺は澪律厨な