唯「なんだか盛り下がっちゃうよ」

梓「そんな事言われましても…」

唯「ちゃんとしたイキ顔ができるようになるまであずにゃんとエッチしないからね」

梓「そんなぁ…」

梓「唯先輩ひどすぎるよ!唯先輩にあんな事やこんな事されたら
  自分の顔に気なんてはらえないって」

梓「それにしてもちゃんとしたイキ顔ってどういう事だろう…」

梓「どういうのがちゃんとしてるのかもよくわからないし…」

梓「とりあえず、エッチな本見て参考にしてみよう」



梓「うーん、この人良い表情するなぁ、気持ちよさそう」

梓「それに艶美な雰囲気を感じるというか…はっ!」

梓「そ…それか!私に足りないものはこういう艶やかさか!!」

梓「……よし」


梓「…はぁはぁ、ゆいせんぱぁい…」クチュクチュ

梓「いい、この表情良い感じだよ私…はぁはぁ…」

梓「この顔のまま…」クチュクチュ

梓「イ…イッちゃう…!!」

梓「ああぁっ…!」

梓「………」

梓「………」

梓「汚いイキ顔だなぁ…」



梓「はぁ」

澪「どうしたんだ梓」

梓「いえ、最近唯先輩とうまくいってないんです…」

澪「なんで?いつも仲良さそうじゃないか」

梓「表面上はそう見えるかもしれませんけど…夜が…」

澪「へー、そうなんだ」

梓「どうすればいいのかなぁ…」

澪「梓、今日私の家に来ないか?ゆっくり相談に乗ってあげるよ」

梓「えっ、澪先輩いいんですか?」

澪「ああ、可愛い後輩の悩みを放ってはおけないからな」キリッ

梓「澪せんぱぁい…」



澪「あぁ…!梓…いいよっ」

梓「みおせんぱぁい…」

澪「そこ…だめっ!…あぁ!」

梓「はぁ…はぁ…!」

澪「い…イクっ……!」

梓「!!」

澪「ああぁぁぁ!!」ビクンビクン

梓「………」

澪「はぁ…はぁ…」

梓「(これ!澪先輩のこの表情だよっ!これがきれいなイキ顔だよ!!)」

梓「澪先輩!」

澪「はぁはぁ…な…に?」

梓「私を澪先輩の弟子にしてください!」

澪「えっ?どういう事?」

梓「私唯先輩の為にきれいなイキ顔を身につけたいんです!」

澪「……」

梓「どうかそのキレイなイキ顔をご教授ください!」

澪「……」

梓「……」

澪「甘くはないぞ?」

梓「はい!」




律「へー」

澪「あぁ、どうしてもきれいなイキ顔を会得したいらしんだ」

梓「お願いします!」

律「可愛い後輩のためだからな、しょうがないか」

澪「律ならそういってくれると思ったよ」

律「じゃあまず服を脱ぐんだ梓」

梓「…はい」ススス…



梓「はぁ…!りつせんぱぁい…」

律「ぺろぺろ」

梓「い…いきなりそんなところ…」

律「はぁはぁ…まずは梓のイキ顔がどのくらい汚いか見てみないとな」

梓「はぁ…ん…りつせんぱい…うまい…」

律「ぺろんぺろん」

梓「うわぁぁぁ…!イっちゃうよぉ!」

律「イっちゃえ!」

梓「ひぐっ!…っっ!!」ビクビク

律「………」

梓「………」

律「これは重症だな」

梓「やはりそうですか…」

律「でも大丈夫だ、私はお前を見捨てたりしないからな」

梓「律先輩…」

律「そうだな…まず…」

梓「へ…律先輩?…なんで私ベッドに括りつけられてるんですか?」

律「ふむ…」

梓「律先輩?…ってうわぁぁぁ…!」

律「ぺろぺろ」

梓「律せんぱぁい!…イったばっかりなのに…!!…だめです…!」

律「ちゅーちゅー」

律「いいか梓、お前の弱点はイク時に自分を抑えられなくなる事だ
  だからそんな変なイキ顔になるんだ」

梓「自分を抑えられなくなるからイクんじゃないんですか?」

律「それは違う、慣れれば自分でコントロールできる様になるんだよ」

梓「まさか…そんなことっ!」

律「まずはイク時に興奮してしまう事…これに慣れた方がいい
  イク時でも平常時の梓でいられる様にするんだ」

梓「そんな…サイヤ人じゃないんですから…無理ですよ」

律「つべこべ言うんじゃない…!ぺろぺろ!」

梓「うわぁぁぁん…!?」



2