ある日の放課後。私と梓は部室で二人きり。
せっかくの二人きりなのに、言葉が出ない。
空気が重い・・・。私はやっとの思いで言葉を切りだした。


澪「どうしてだよ・・・梓・・・。」

梓「ごめんなさい!」


梓は、目にためた涙をこらえきれずに流しながら頭を下げた。
泣かないでくれよ、梓。
今私には、梓を抱きしめてやることはできないよ・・・。


―別れてほしい。これが放課後、二人きりになって梓に呼び出された用件だった。





唯「澪ちゃんって、なんでこんなかわいい詩が書けるのー?」


あれは、梓と付き合う前、放課後、練習(?)前のティータイム。梓を待つ間、唯が突然聞いてきた。

澪「なんでって・・・う、浮かんでくるんだ。」

私は、突然の質問にたじろいだ。なんでと聞かれても、明確な理由はない。
ふっと頭に浮かんでくる。本当に、それだけなんだ。

律「かわいいというか、ファンシーというか身体がかゆくなるというか・・・。」

澪「どーゆう意味だ!」

紬「でも、ほんとかわいいわぁ。私の恋はホッチキスなんて、恋心をうまく歌ってると思うの!」キラキラ

唯「私もそう思うよ!」キラキラ

澪「そ、そんなことないよ。」

私は突然その歌のことを言われて動揺した。あの詩は、好きな人を思って書いた詩だ。
手紙で伝えようと思った気持ち。結局渡せずに、自分の部屋の引き出しにしまってある。
いつか、渡せたら良いな。


唯「ところで、ムギちゃん・・・。今日のおやつはなぁに?」ジュルリ

澪「結局お前はおやつか!」ガタッ

紬「ウフフ。今日はドーナツを持ってきたの!」ジャーン

唯「わーい!」モグモグ

律「唯!早すぎるぞ!」

紬「いっぱい持ってきたら大丈夫よ!」

澪「ったく、梓が来たら、練習するからな!」

唯「えー!あずにゃんにもドーナッツ食べさせてあげなきゃかわいそうだよー!」ブー

律「そうだぞ、澪!梓が食べてひと段落したらな!」モグモグ

澪「じ、じゃあ、梓も食べ終わったらすぐ練習だぞ!」

唯・律「はーい」モグモグ

澪「食うか、返事するか、どっちかにしろ!」

紬「まあまあ。ほら、澪ちゃんも食べて?これがおいしの。」

澪「あ、ありがとう。」

私がムギからドーナッツを受け取って頬張った時、ドアが開いた。私の胸の鼓動が少し高なって、ドーナッツを落としそうになる。
いつからだろう。梓―君を見るとドキドキしてしまうのは・・・。



梓「遅れてすいません。」

唯「あ!来た来た!あーずにゃん♪」ギュ

梓「にゃっ!き、来ていきなりなんですか?!」

唯「今日のあずにゃん分補給だよ~」スリスリ

梓「も、も~!離れてください!」

うらやましい・・・。わ、私も!・・・なんて言えない・・・。
私もあの華奢で小さな身体をした梓を抱きしめたい・・・。
なんて、想像をしていたら、顔が熱くなってきた。


律「ん~?澪、顔が赤いぞ?熱でもあるのか?」

澪「え?!だ、大丈夫だ!」フンス

律「そ、そうかぁ?ま、大丈夫ならいいんだけどなー。」

唯「あ!あずにゃん、今日はドーナッツが待ってるよ!た~んとお食べ!」

紬「はい、梓ちゃん。紅茶よ。」

梓「ありがとうございます。ムギ先輩。」



他愛のない話をして、みんなで過ごすティータイム。楽しいと感じるのはみんなと居るだけじゃない。梓がいるからより一層、私はこの時間が好きになる。

澪「さ、梓も食べ終わったし、そろそろ練習するぞ!」

唯「えー!まだ早いよー!」

律「まだ、梓が食休みをしてないだろー。それからでもいいじゃん!」

澪「あ・・・。そ、そうだったな。」

いけない、いけない。好きな人への気遣いもできないのか、私は。

梓「私なら大丈夫です。練習しましょう!」

律「梓ー、遠慮すんなって!」

梓「してません!それに、唯先輩と律先輩は練習したくないだけじゃないですか!」

律・唯「ぎくっ」

紬「梓ちゃん、紅茶をもう一杯飲んでからでも良いでしょう?」

梓「え?あ・・・はい。」

澪「こ、こんどこそ、梓が飲み終わったら、練習するぞ!」

律・唯・紬「はーい」




結局、私たちは少しの練習をしただけで、
下校時刻のチャイムが鳴り始めてしまった。
もうちょっと梓と居たかったな。よし・・・。

澪「な、なぁ。梓」

梓「はい?なんですか、澪先輩。」

澪「きょ、今日帰り、買い物でもしないか?」

梓「え?良いですけど・・・二人でですか?」

澪「だ、だめかな?」

梓「ぜ、全然大丈夫です!むしろ、二人が良いです!」

澪「え・・・?」

梓「あっ・・・。」モジモジ

赤面する梓・・・もしかして、梓も私のこと!
ま、まさかな、そんなことないよな。
で、でもこの反応・・・。



唯「りっちゃん隊員!あの二人の雰囲気があやしいです!」

律「うむ!唯隊員!実にあやしい!」

紬「尾行しましょう!」

律「うお!いつになく元気だな・・・ムギ・・・。」

紬「元気じゃなくちゃいられないわ!」

唯「すごい気合いだね・・・。」

律「よし!尾行作戦開始だ!」グッ

唯・紬「おー!」グッ



2