……――

………―――


唯「…」

梓「…」

律「…」

澪「…」

唯「あのバンド、サイドギターうまかったね」

梓「あ…はい」

唯「どうして大振りして弦切っちゃうのかなー…」

梓「…! ご、ごめんなさいです…」

紬「^^」


唯「ねぇ、あずにゃん」

梓「は、はい…?」

唯「どうしていつもよりギターの位置低かったの?」

梓「あ…」

唯「言った筈だよね、変な気を起こして失敗することが多いって」

梓「はい…」


唯「ねぇ、澪ちゃん」

澪「!?…なんだ?」

唯「足元、何置いてた?」

澪「えっと……えーっと、うん…プリアンプ…?」

唯「前日までなかったエフェクターなんで持ってるの?」

澪「梓の知り合いの楽器屋にシールドのお礼をしたときに…その…折角のライブだし…」

唯「ふーん、それでBassAttackなんて買ったんだ、いや、買わされたんだ」

澪「買わされたって!!そんな事ない!」

唯「なんで?シールドタダで直してもらって断りにくかったんでしょ?」

澪「ち、違う!初心者にも使いやすいからって…!」

唯「初心者にも…かー…澪ちゃんこのSHAPEとかHARMONICS、どんな効果あるかわかるの?」

澪「えっ…いや、

唯「BRITEは? …これはまぁわかるか…澪ちゃんさぁ、鴨にされたんだよ」

紬「フォアグラやがーw」

澪「鴨って…そんな事ない!」

梓「…ぷっ」

澪「!?」

梓「ぷっはっはっはっは!!あーっはっはっはっ!!」

澪「梓!どうしたんだ!おい!梓!?」

唯「…」

梓「澪先輩っ! ぶふっ、今日そのエフェクター持ってきた時笑い堪えるの大変だったんですよ!あは!」

澪「…?」

梓「ひぃーひぃー…ふぅ…あのですね、あの楽器屋の私あの楽器屋でお手伝いしてるんです」

梓「そこでエフェクターが全く売れなくて困ってたところ…例のシールドの件ですね、澪先輩に買わせちゃおうって」

梓「歩合制ですし売った者勝ちなんですよ、まさか澪先輩がこんなにまんまと…あはは!」

澪「梓…嘘だろ…?」

紬「まーんこ」

紬「ちーんこ」



澪「おどりゃくそ猫許しがたいムスタングよこせ」

梓「ああっなにすうんですかー」


バッキーン


紬「ショートスケール(笑)」

梓「くっそこの根暗やったな庭に生えた木を使ったようなフェンジャパ安物ベースがァーッ!!!」


バッキーン


唯「あーらら」

律「よーし私もドラムセット破壊するぞーどっせーい!!」

紬「YOSHIKIー!!」




129:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/18(水) 14:06:35.52 ID:dyKaFgXa0



; ; ; ; : ; : , ::███████▀◢▓▌▓◣▌ ▉▋  ▌█▌ ◢▓▌▓◣ ▀█████ : ,ああ!
; ; ; : ; : , : ██████◤ ▓▌▓▌▓▌ ▊▌  ▍▼ ▓▌▓▌▓▍ █████, : ,私の!
; ; : ; : , : ,██████  ▓▌▓▓▌▓▌ ▊◥  ▎  ▓▌▓▓▌▓▌ █████: エリザベス!
; : ; : , : , ██████ ▓▌▓▌▓▌▓▌ ▋  ┃ ▓▌▓▌▓▌▓▌ █████. : , :
: ; : , : , ::██████ ▓▌▓◤◥▓▌▓▍ ▌     ▓▌▓◤◥▓▌▓▌ █████▎.:
; : , : , : ██████▎▓▌▓▓▅▓▌▓▍ ◥     ▓▌▓▆▓▓▌▓▍ █████▎. : ,
: , : , : .:██████▍▓▌▓▐▅▓▌▓▍        ▓▌▓▅▋▓▌▓▍ █████▌: . :
, : , : . :██████▌ ▓▌▓◣◢▓▌▓▌       ▓▌▓◣◢▓▌▓▌ ██████ : . 
: , : . : ██████▋ ▓▌▓▌▓▌▓▌         ▓▌▓▌▓▌▓▌ ██████▌.: :  
, : . : .:███████◣ ▓▌▓▓▌▓▌          ▓▌▓▓▌▓▌ ███████▎ . : .
: . : . :████████◣ ▓▌▓▌▓▍           ▓▌▓▌▓▍ ███████▊: . .
. : . : ████████▀◣ ◥▓▌▓◤    ▌ ▌    ◥▓▌▓◤ ◢▀███████  :
: .  ▀███████  ▐▓▅▂       ▋ ▋       ▂▅▓▌ █████▀ 
     ▀█████  ▐▀▓▓◣     ▂▃▂▃▂     ◢▓▓▀▌  ████▀
       ▀███   ▍ ◢▓▓◣   ◥◣◥▅▅◤◢◤   ◢▓▓◣ ▋  ██▀








…――二週間後

梓「その…皆さんお騒がせしましたっ!」ぺこり

律「梓…」

唯「…」

澪「…」

梓「澪先輩…ごめんなさい!謝って許して貰える事じゃないのはわかってますが…」

澪「いい、いいんだよ、梓」

梓「先…輩…?」

澪「もういいんだ、梓 私はあの事が切欠で凄く大切な事を知らされたんだ…」

梓「大切な…事ですか…?」

澪「ああ、これを見てくれ…」

そういって澪がソフトケースから取り出した物――それは…


梓の眼に映ったもの、それは

梓「新しい…ベース…ですか…?」

涙で霞が掛かった視界、飛び込んでくるのは「Killer」というロゴ


澪「Killer-KB-IMPULSS…偶然立ち寄った楽器屋で見かけたときにさ、見つけたんだ」

そう言って微笑み窓際でベースを愛おしそうに掲げる澪を、梓は生涯忘れないだろう


梓「先輩、実は…」


澪の眼に映ったもの、それは

澪「新しい…ギター…なのか…?」

逆光で霞が掛かった視界、飛び込んでくるのは「Killer」というロゴ


梓「Killer-KG-PRIME…偶然立ち寄った楽器屋で見かけたんです」

そう言って愛くるしい笑顔で楽器を抱き寄せる梓を、澪は生涯忘れないだろう


律「二人とも、実は…」


後ろを見てくれ――その言葉に振り向いた二人の先には

梓「新しい…ドラムセット…ですね…?」

見慣れたドラムセットが在った空間に眼を向けると、脳裏に半裸の男が浮かび上がってきた


律「TAMAのクリスタルドラムセット…偶然ムギの家に立ち寄った時に見つけて、思わず、失敬してな…」

そう言って太陽の様な笑顔でスローンに腰掛ける律を傍目に、唖然とした顔をする紬を澪と梓は生涯忘れないだろう



澪「ああ、そうだ、これはただのインパルスじゃないんだ…」

梓「どういう事ですか?」

澪「お前のギターを振り上げた時に…ショートスケールの魅力に気づいてしまったんだ…」

澪「なんというネックの細さ、なんというフレットの狭さ…これが私の追い求めていたものだと…」

澪「ショートスケールにして損なわれる音などどうでもいい、演奏性、フィンガリングが見た目が全て…」

澪「なにせ上手く見られる! あの刹那にそう思ったんだ…これはお前のお陰だよ、梓」

梓「先輩…!」

紬「カスw」


梓「先輩…私も先輩の振り上げたベースを見て気づいた事があるんです…」

澪「なんだ?」

梓「なんてダサいシェイプなんだと、そう思いました」

澪「そう…か…」

梓「こんな楽器使って例え上手いとしても、格好悪いじゃないですか…」

梓「見た目で魅せてミュージシャン、音やフレーズなんざパンピーは聴いてないんです」

梓「そしてムスタング…今思い返すとなんであんなギターを使っていたのかわかりません」

梓「そしてそして、これも全て…澪先輩の…お陰です」

澪「梓…!」

紬「ださw」



6