澪「あ」

紬「ちーんこ」

梓「先輩、EですよE」

律「あっれーもしかして澪、E知らないn

澪「ああっEだったのか!E!聞いてなかった、ごめん!」

唯「…」


唯「ふぅ…ところであずにゃん、ME-30なんて使ってるんだ 古いの使ってるんだね」

梓「あ、これお父さんに譲ってもらったんです もう使わないからーって」

唯「へー、お父さんもギター弾いてたの?」

紬「手水どこw」

梓「そうなんです 私よりもずっと上手でしたし、音作りも参考にしましたし」

唯「ME-30ねー、これ初心者向けとしてはいいからね、初心者向けとしては」

梓「…どんな機材でも使い手によります!事実お父さんは凄く上手でしたし…」

唯「そんなのわかってるけどね 初心者向きの機材だしね、ME-30かー、へー」

梓「…」


ジジッ…ジッ…ピーッ!

澪「…!」ガチャ!

ジッ…ジッ…、…

唯「ノイズひどいね」

澪「あ、ああ…もう古いシールドだししょうがないさ」

唯「ベースのジャックがいかれてるんじゃないの?」

澪「いや…ジャッ…?いや、え、多分シールドだと思う…多分…」

唯「ふーん、ちょっと見せて」


……

唯「シールド断線しかかってるじゃん、気づかなかったの?」

紬「手水ーw」

澪「本当だ…いやー、やっぱりそうだと思ってだんだけどな」

梓「…直してきましょうか?知り合いの楽器屋に頼んでおきますし…部品代かからないなら無料でしてもらえると思います」

澪「ああ、悪いな梓、それじゃ頼んだ」

梓「カールコード」ボソッ

澪「…ッ!」

唯「…シールドで音も変わってくるし、お金は惜しまない方がいいよ」

唯「VOX()で揃えてるみたいだし、拘りがあるなら別にいいけど」

紬「w」

澪「あ、ああ…ベルデン…?あたりで揃えようかと思ってたところなんだ」

唯「ふーん」

紬「w」




――文化祭ライブ当日

澪「肩痛い…ライブ前日に張り切りすぎるもんじゃないな…」

律「肩いてー…ちきしょう、無茶するもんじゃねーなー…」



――ガチャ…

梓「あ、おはよーございます先輩」

律「おっはよー」

澪「遂に今日か…久方振りだと緊張するな…」

唯「もうすぐリハだから早めに体育館に機材持っていこっか」

紬「はいw」



体育館

梓「んしょ…っと」

律「ふぅーつっかれたー」

生徒会「リハ準備お願いしま~す」

澪「え、はや…」

唯「早く準備するよ」

澪「ああ…」


カチャカチャ…

澪(え、何このアンプでか…あれ?スイッチが…あれあれ…?)

唯「裏にあるから」

澪「ッ!あ、ああ…」

ボォーン…

澪(よかった…え、DRIVE…?なにこれ、知らないのがいっぱい…)

澪(…全部真ん中でいいや)

澪(皆まだ準備してるし…こないだ練習したスラップで)

スパンスパンパンパンスッパーン

澪(どうだ…?)チラッ

梓「澪先輩」

澪「な、なんだ梓?」

梓「リハは練習の時間じゃありませんから(キリッ)」

澪(こいつ…!)「ああ、ごめん」

紬「こわw」

唯「ふぅ…ほんじゃまず一発音あわせよっか、Eね」

澪「…!」


澪「Eか、わかったぞ」

唯「…」

澪(えーっと、一弦からGDAEで、4弦だから…)

カッカッカッ、

ジャーン

澪(よしっ)

唯「澪ちゃん、音もうちょっと上げて」

澪「あ?あ、ああ」

唯「ライブとか慣れてない人だと音が小さくなりがちだから、気をつけてね」

紬「まーんこ」

唯「でかすぎるのも問題だけど」

澪「わかったぞ、参考にする」




本番

唯「こんにちはー!放課後ティータイムです!それではまず一曲目!」

ワン、ツー、

澪(あ、ちょっと待ってくれ!ストラップが!)

律「…」

ワン、ツ、スリー……


 唯「君を見てると~いつもハートドキドキ~♪


澪(おかしい…いつもと弾き心地が全く違うぞ!?…この安物ベース!)


 唯「揺れる思いはマシュマロみたいにふ~わふわっ♪


澪(まずい…!コーラスなのに足が動かない…!)


 唯「い~つもがん~ば~る~♪


澪(ああもういいや…フレットがん見でもいいや)


唯(…)



5