……

和「ヘイそこのお嬢さん、良かったらお茶しない?」

姫子「何やってんの真鍋さん……」

和「ははっ、恥ずかしがり屋さんだなあ。私と一緒に……」

姫子「ご、ごめん!急いでるからまたね!」タタッ

和「あっ!あ~あ」


唯「……」

唯(どこへ行くのかと思えば、まさか校内でナンパなんて……。うう、恥ずかしいよぅ……)

和「これで三人目の失敗か。チッ、私の魅力に気付かないなんて大したことない子たちばっかりね~!」

唯(和ちゃん……何でいきなり変わっちゃったんだろう)

唯(一昨日までは普通だったのに……)

和「あっ、ねえねえそこの癖っ毛の可愛い子!」

純「えっ?私ですか?」

和「そうそう、君だよ」

純「えと、あ……生徒会長の真鍋先輩ですか?」

和「おお、君みたいな可愛い子に名前を覚えてもらってるなんて光栄だね!
  どう、よかったらこれから私と……」

純(えっ、これってナンパ!?)

純「ごめんなさい、これから部活なんで!」ピュー



和「あらら……四人目」

唯「……」

和「何か今日は調子よくないなあ」


唯「ねえ、和ちゃん……」

和「ん?どうしたの、唯」

唯「……どうしてそんなに無理してるの?」

和「!?」ドキッ

唯「ずっと無理してそのキャラを作ってるよね?」

和「な、何言ってんの。私はそんなこと……」

唯「隠さないで!」

和「……」

唯「私は和ちゃんの一番の友達だよ!?和ちゃんのことは、誰よりも知ってるつもり……!」

和「唯……」

唯「教えて和ちゃん。どうしてそんなことしてるの……?」

和「……」

唯「……」

和「……のよ」ボソッ

唯「え?」

和「羨ましかったのよ、唯たちのことが……」

唯「羨ましい……?」

和「ええ、あなたたちは出番が多いことはもちろん、人気もものすごく高い……」

唯「……」

和「それだけじゃないわ。
  みんな二次創作でも引っ張りだこ……それも百合を中心にあらゆるジャンルで、ね」

唯「そんなこと……」

和「あるわよ。とくに二期に入ってからはひどいわ。
  百合妄想を掻き立てるような描写を多く盛り込んでいるのにも関わらず、
  私は……私だけは……!」

唯「……」

和「出番も少なければ、他のみんなとの絡みも少ない。SSでの百合展開にもほぼ登場出来ない……」

唯「……」

和「あまつさえ、たまにアニメで出番をもらえて目立とうと努力したら叩かれる始末……」

唯「……」

和「イチゴ食べたくらいでなんであんなに言われないといけないの!?
  軽い冗談のつもりだったのに……!」

唯「和ちゃん……」

和「私はただ、出番が欲しかった!目立ちたかった!
  SSの中だけでもいいから、唯たちとチュッチュウフフしたかった!」

唯「和、ちゃん……」

和「でも、それも無理だと悟っちゃったら、もう……」

唯「……」

和「もう、ネタキャラになるくらいしか道は残されていないじゃない!」

唯「……」


和「だから、だから私は……!」

唯「……もういいよ、和ちゃん」ギュッ

和「えっ……?」

唯「……」ギュウッ

和「唯……」

唯「ごめんね、和ちゃん。私、和ちゃんがそんなに悩んでるなんて知らなかった……」

和「……」

唯「和ちゃんの一番の友達だ、なんて言っておいて……情けないよ、ね……」ポロポロ

和「唯、あなた……」

唯「気付いてあげられなくてごめんね、ごめんね和ちゃん……!」

和「……」

唯「ごめん、なさい……」ポロポロ



和「いいえ、あなたのせいじゃないわ!」ギュッ

唯「和、ちゃん……?」

和「私、甘えてたのかもしれない……。
  それに、ああすればみんなに私のことを見てもらえるのかもしれないって思って……」

唯「……」

和「でもダメよね。自分の大切な人を泣かせてまで、やることじゃないわね……」ギュウッ

唯「の、和ちゃん……それって……」ドキドキ

和「唯……もしやり直せるなら、私と……」

唯「のどか、ちゃん……」

和「ゆい……」

唯「……ん」

和「……」


和(つ、ついに来た……私の時代が……!」



トタトタ

梓「あっ、唯先輩!こんなとこで何やってるんですか?」

唯「あ!あずにゃんはっけ~ん♪」ダキッ

梓「にゃっ!?だ、抱きついて来ないで下さい!///」

唯「よいではないか~、よいではないか~♪」スリスリ

梓「はふう……///」

唯「あずにゃん可愛い……♪」



和「……」

唯「はっ!?し、しまった、つい……」

和「ふふ、そう。そういうこと、ね……」

唯「ち、違うんだよ和ちゃん!これはえ~と、条件反射ってやつで……」

和「いいのよ、気にしないで。しょせん私はミジンコ以下の存在だから」

梓「……?」

和「邪魔して悪かったわね。どうぞ……ごゆっくりいいいいっ!」ダッ

唯「ああっ!待ってよ和ちゃ~ん!」ダッ

和「ちくしょ~!グレてやる~~~!」

唯「誤解だってば~!和ちゃ~ん!」



梓「……」

梓「何だったの、一体……」


終わり!