和「うぃ~す」ガチャッ

律「……」

紬「……」

澪「……」

梓「……」

唯「の、和ちゃん……?」ビクビク

和「ご、」

唯「ご?」

和「ごゆっくりいいいっ!」バタンッ

唯「え……」

澪「な、なんだったんだ……」

律「えと、今のは和……だよな?」



音楽室前

和「……」

和「ふっ、ふふふ……」

和「今のは我ながらなかなかのインパクトだったわね……」

和「よし、この調子でガンガン行くわよ!」



……

教室!

唯(昨日の和ちゃん変だったなあ……一体どうしたんだろ?)

唯(もしかして、何か悩み事があるのかも…)

唯「和ちゃん……」

唯(ううん、ダメダメ!暗くならないで、いつも通り和ちゃんに接しなきゃ!)


ガラッ

さわ子「みんなお早う。ホームルームを始めるわね」

唯「とと、さわちゃん来ちゃったよ」

さわ子「それじゃあ号令を……あら?真鍋さんはまだ来てないの?」

唯「えっ!?」

唯(本当だ、和ちゃんまだ来てない……)

さわ子「変ねえ、休みの連絡は来てないけど……」



律「おい、唯」コソコソ

唯「なに、りっちゃん?」

律「和は遅刻か?珍しいな」

唯「うん……」

唯(珍しいなんてもんじゃないよ!
  和ちゃんは幼稚園の頃から一度も遅刻なんてしたことない、
  真面目が服着て歩いてるような子だったのに!)

さわ子「え~と、それじゃあ……」


ガラッ

和「……」

律「おっ、来た」

さわ子「あっ、真鍋さん。あなたが遅刻なんて珍しいわね。何かあったの?」

和「ういーす、すいません遅れましたー」

さわ子「!?」

唯(の、和ちゃんまた……!)

和「いや~、実は通学中に商店街で女の子とぶつかっちゃって~。
  そしたらその子がいきなり私の手を掴んで走り出しまして……」」

和「で、話を聞くとどうやらタイ焼きを盗んだので逃げてるらしいんですが、
  何で私まで巻き込まれなきゃ思ったんですけど、
  しょうがないからタイ焼き屋から逃れるために喫茶店に」

さわ子「わ、分かったからもういいわ……。席について頂戴……」

和「わっかりました~」

唯(和ちゃん……)ホロホロ

和「それじゃ、きり~つ。れ~、ちゃくせ~き」

さわ子「え、ええっと……まずは今日の連絡事項から」


ザワザワ…

真鍋さんどうしたのかしら…

変なんてレベルじゃないわよね…


和「ふんふん、わ和wa~♪」

さわ子「みんな静かに~!……真鍋さんも、ホームルーム中は歌わないで」

和「うぃ~す」


律「和……一体どうしてしまったんだ……」

澪「うう、私たちの最後の良心だったのに……」ホロホロ

紬「昨日を超える奇天烈さね……」

唯「和ちゃん……。よし、私が話してみるよ!」

律「うん、唯が適任だろうな」

澪「和を、和を救ってやってくれ」

紬「頑張って、唯ちゃん!」

唯(私が何とかしないと!)フンス!



……

さわ子「じゃあみんな、さようなら。気をつけて帰るのよ?」

唯「……」

唯(は、話しかけるタイミングを窺ってたら、放課後になっちゃった……)

律「おい、唯。和と話すんじゃなかったのか?」

唯「う、うんやっぱり話しかけ辛くて……」

澪「おいおい、しっかりしてくれよ……。唯、お前が最後の砦なんだぞ?」

唯「分かった、今から……」

和「お~い、唯~」

唯「っ!?」ビクッ

紬「グッドタイミング、ね♪」

律「ああ、任せたぞ唯!」

唯「うう……」

和「どうしたの唯、返事してよ」

唯「ご、ごめんね和ちゃん!えっと、それでどうしたの?」

和「今日暇でしょ?ナンパしに行こうナンパ!」

唯「……What?」

澪「お、おい待て和!唯はこれから部活が」

紬「ダメよ和ちゃん!ナンパなんて不潔よ!知らない男に声をかけるなんてそんな……」

和「は?何言ってんの、ナンパって言えばガールズハントに決まってるでしょ?」

紬「ああ、それならいいわ♪」

律「ムギ……違うだろ……」

和「よっしゃー、可愛い子ゲットするわよ~!」

唯「ちょ、ちょっと待って!和ちゃん、生徒会は?」

和「せいとかい?ふっ、そんなものでは私のこの熱いハートの邪魔をすることは出来ない、ZE☆」キラッ

澪(どうしよう、この和もうダメかもしれない)

律(手遅れ、か……)


和「よっし、行くわよ!」ガシッ

唯「うわあっ!?まだ行くとは言ってないよ~!」

和「青春は!待ってはくれないのよ!」ダダダッ

唯「うわ~~~ん!」

律「唯……後は任せたぞ」

澪「……部室行くか」

紬「ええ♪」



2