梓「え……」



唯「私、軽音部しか居場所が無いの」

梓「え・・・」

唯「もっとギターの練習がんばるね」

梓「唯・・・先輩?」

唯「梓ちゃんみたいな優秀なギタリストが入ってきたから、お払い箱にならないようにがんばらないと!」

梓「あ、あの・・・」

唯「さ!練習練習」

梓「唯先輩・・・」



唯「~~♪」ジャカジャカジャンジャン

梓「歌、上手いですね」

唯「~~♪」ジャカジャカジャンジャン

梓「あ、聞こえてないや・・・スゴい集中力」

唯「~~♪」ジャカジャカジャンジャン

梓「じゅうぶん私なんかに負け無い実力があるのにな」

唯「~~♪」ジャカジャカジャンジャン

梓「・・・あまりコンを詰め過ぎないでくださいね」ガチャ、ばたん

唯「・・・。」




梓「はぁ・・・なんだか唯先輩の前では練習できなかったな」

梓「まぁ、私は家に練習室があるから」

梓「・・・これじゃあ、前といっしょだな」

梓「せっかく部活に入ったのに・・・」

梓「~~♪(ぼえー)」ジャカジャカジャンジャン


梓「・・・あれ?」



梓「あれ?ギターの感じがイマイチ・・・」ジャカジャカジャンジャン

梓「う~ん、歌はいつも通りなのにな」

梓「~~♪(ボエー)」ジャカジャカジャンジャン

梓「おかしいな、なんて言うか・・・ノレないや」ジャカジャン

梓「明日、明日またやろう」

梓「明日になれば調子も戻るよね?」





唯「ふぅ、家では夜に練習できないな」

唯(音楽聴いてよ)ipodピッ

唯(~~♪~~♪)

唯(~~♪~~♪)シャカシャカ



唯父「ただいまー」ガチャ

唯「!!」ビクッ

唯父「ただいま、憂、唯」

憂「お父さんおかえりなさい!」

唯「・・・おかえりなさい」

唯母「おかえりあなた」

唯父「はい、ただいま」

唯母「そうだ唯、あなた今日テスト返されたはずよね?」

唯「・・・・・・うん」

唯父「そうか、見せなさい」

唯「・・・・・・はい」


唯父「・・・。」

唯母「・・・。」

唯「・・・・・・。」

唯父「この成績はなんだ?唯」

唯「・・・すいません」

唯母「すいませんじゃないでしょ!」

唯「もういい?部屋に戻るから・・・」タッ

唯母「ちょっと、唯!」

唯父「まったく、あの子は・・・!」



唯「ハァハァ」(ipod)ピッ


父『まったく・・・憂、お前はテストどうだったんだ?』

憂『え?私は明日返される予定だよ』

母『まぁ、あなたはいつも成績良いから』


唯「うるさい、うるさい・・・」(音量up)ピッピッ


父『憂はきちんと勉強できてて偉いな』

憂『そ、そんな事ないよ・・・』

母『それに比べて唯ったら、お姉ちゃんなのに全然しっかりしないわねぇ』

憂『お、お姉ちゃんは・・・』

父『唯には困ったもんだ』


唯「うるさい!うるさい!うるさい!」(音量up)ピッピッピッピッ

(ipod)ジャガジャガジャンジャンジャガジャガジャージャー

唯(お父さんやお母さんは、普段は家にいなくて・・・憂と二人暮らしで・・・)ブツブツ


父『唯、ドアを開けなさい!きちんと話をしよう!』ドンドンドンドン


唯(憂といっしょにご飯を食べて・・・アイス食べて・・・)ブツブツ


父『唯!聞こえているんだろ!?』ドンドンドンドン


(ipod)ジャガジャガジャンジャンジャガジャガジャージャー

唯(お風呂に入ったら・・・ギターの練習もして・・・)ブツブツ


父『唯、開けるぞ!唯!』ガチャ!


唯(憂におやすみって言って・・・ゆっくり眠れて・・・)ブツブツ



唯「アハハ・・・うふ・・・あはっ・・・」ブツブツ

父「・・・唯、話をしよう」

唯「・・・・・・。」ピッ



2